【ダービースタリオン3】効率的に調教する方法について詳しく解説

ダビスタ3で、馬の調教を効率的に行う方法について書いていきます。

スタミナ調教

ダートで50回追う

馬を入厩させてまずやることは、馬の素質の上限までスタミナを付けることです。

その理由は、スタミナはすぐにでも上限まで付けられるからです。

スピードの上限値は、全盛期になるにつれて徐々に上がっていきますからね。

入厩させて、すぐに上限まで付けるのは不可能です。

なので、スタミナから行きます。

鍛えられるものからガンガン鍛えていきましょう。

具体的に何をやるかというと、次のように調教します。

  • 「ダート・単走・強め」を50回

これは、当時のダビスタ四天王の誰かが紹介していた調教方法です。

個人的に「なるほど」と思ったので実践しています。

入厩した週から、ひたすら「ダート・単走・強め」を毎週2回繰り返します。

1週間に2回しか調教できませんので、50回やるには25週かかります。

4月1週に入厩した馬でも10月1週までかかる計算です。

スタミナ調教は、デビュー前に終わらせてしまうことを推奨します。

理想体重はキープ

毎週2回調教することが理想ですが、理想体重はキープしておきましょう。

ガリガリになってまでやる必要はありません。

逆にスタミナを失ってしまいます(笑)

理想体重は、調教師のコメントから判断できます。

毛づやがいい状態での、調教師のコメントは下記になります。

  • だいぶ重い ⇒ 理想体重+20kg以上
  • ちょっと太い ⇒ 理想体重+10~18kg
  • 毛づやがいい ⇒ 理想体重+0kg~+8kg
  • カイ食いが良くなってきた ⇒ 理想体重-2kg以下

カイ食いのコメントが出たら、理想体重を切ったということです。

調子回復は最優先

入厩させて「ダート・単走・強め」を繰り返していると、馬の調子が悪くなってくる時もあります。

馬の調子の流れは、次の通りです。

  1. 少しずつ調子が上がってきた
  2. 毛づやがいい or カイ食いも良くなってきた(理想体重より軽い時)
  3. 調子が上がってきた or 順調にきています(前走が1着の時)
  4. 絶好調
  5. 相変わらず元気
  6. 特に良くも悪くもない
  7. 調子がハッキリ落ちています
  8. このところずっと調子が悪い or カイ食いも落ちてきた(理想体重より軽い時)

8の次は、1に戻ります。

この中で、7、8の状態になった時は馬体重がなかなか回復しません。

なので、できるだけ早く1の状態に戻す必要があります。

その方法として手っ取り早いのは、併せ馬で調子を変えることです。

7になったら1に戻るまで「ダート・併せ馬・馬なり」をひたすら繰り返してください。

その時は、理想体重を割ってもかまいません。

調子を戻すことが最優先です。

スピード・勝負根性調教

スタミナ調教が終わったら、次はスピードと勝負根性を鍛えていきます。

具体的に何をやるかというと、次のような調教を実施します。

  • スピード調教:「芝・単走・強め」
  • 勝負根性調教:「ダート・併せ馬・馬なり」

この2種類の調教を使い分けながら、レースを使っていきます。

どう使い分けをするのかというと、馬の調子で使い分けます。

  1. 少しずつ調子が上がってきた
  2. 毛づやがいい or カイ食いも良くなってきた(理想体重より軽い時)
  3. 調子が上がってきた or 順調にきています(前走が1着の時)
  4. 絶好調
  5. 相変わらず元気
  6. 特に良くも悪くもない
  7. 調子がハッキリ落ちています
  8. このところずっと調子が悪い or カイ食いも落ちてきた(理想体重より軽い時)

調子が2~5の時

レースに出走させるのは、調子が2~5の状態です。

その状態の時は、好調をキープさせたいので併せ馬はしません。

ということで、調子が2~5の時は「芝・単走・強め」を実施します。

レースに使った後は4~8kgほど体重が減りますので、その時は理想体重に戻るまで休みにします。

ただ、レースを使う週は必ず調教してください。

体重がギリギリの場合は、「ダート・単走・馬なり」を1回だけしておきましょう。

  • 調子が2~5の時は「芝・単走・強め」を実施

それ以外の時

それ以外の調子の時は、一刻も早く2の状態に戻すことを考えます。

調子を変えるには、何と言っても併せ馬が有効です。

2の状態に戻るまで、ひたすら「ダート・併せ馬・馬なり」を繰り返しましょう。

先ほども書きましたが、調子回復は最優先事項です。

この時だけは、理想体重を切っても繰り返します。

  • それ以外の調子の時は「ダート・併せ馬・馬なり」を実施

その他

調整は臨機応変に

基本的には上記のような調教方法でいいと思います。

しかしどうしても勝ちたいレースがある場合は、そのレースにピークが来るように調整してください。

その方法は、併せ馬で調子を1回転させる、併せ馬をせず調子が上がるのを待つ、などです。

ただ、馬の調子をコントロールするのは大変です。

そこでピタリとピークを合わせるのが、調教師(プレイヤー)の腕の見せ所です。

馬が太った時

調子が3~5の状態の時は、次の週に体重が6kg回復することもあります。

なので、調教師から「ちょっと太い」と言われることがあります。

そういう時は水曜日に「芝・併せ馬・強め」をして、体重を4kg減らしましょう。

スピードと勝負根性の両方を鍛えられます。

ハコウやソエが出た時

ダビスタ3では、ハコウやソエが出ても普通に調教できます。

しかも調子は1で固定されますので、いくら併せ馬をしても調子が上がりません。

なので、ここぞとばかりに「ダート・併せ馬・馬なり」を連発しましょう。

このゲームは勝負根性が命です。

気性はレースで鍛える

馬の気性は、レースを使えば少しずつ良くなってきます。

なので、わざわざ調教で鍛える必要はありません。

そもそも気性の良すぎる馬は、レースで折り合いが付きすぎます。

道中ピタリと止まって微動だにしなくなりますので、引っ掛かった馬に抜かされてしまいます。

そうなると最後の直線で少し苦しいので、道中は少し掛かるくらいでちょうど良いのです。

どうしても気性を鍛えたければ「一杯」で追えば良いのですが、すぐに故障してしまいそうです…。

ということで、今回は終わりにします。