昔遊んだ電子ゲームの思い出(学研インベーダーなど)

電子ゲームは1980年頃に流行りました。

まだファミコンが発売される前ですね。

ゲーム&ウオッチも同時期でしたかね?

それはよく覚えていませんが、どちらも当時はめちゃくちゃ流行っていました。

自分も親にいくつか買ってもらいました。

ということで、今回は「昔遊んだ電子ゲームの思い出(学研インベーダーなど)」を書いていきます。

学研インベーダー

学研インベーダーは、1980年頃に発売されました。

値段は当時で8000円くらいしたようです。

めちゃくちゃ高いですね。

買ってくれた親に、今更ながら感謝です。

ゲーム内容は、単純なインベーダーゲームです。

まあ、それなりに面白かったです。

ただ、残念な点は200点でゲームオーバーになってしまうことでした。

3分くらいで終わってしまいますからね。

プレイ動画は「ないだろう」と思っていましたが、探したら見つかりました。

学研インベーダー:YouTube

懐かしすぎて涙が出ますね(笑)

学研インベーダー1000

学研インベーダー1000は、先ほどの学研インベーダーのバージョンアップ版です。

時期的には、学研インベーダーより半年~1年くらい遅れての発売でした。

色は、前作の白から黄色に変わっています。

このゲームは、従兄弟が持っていたのでたまに遊ばせてもらっていました。

ゲーム内容は前作とほぼ同じです。

ただ、ゲームオーバーになる点数が200→1000点へと一気に増えました。

なので、間違いなくこちらの方が面白いです。

学研インベーダー1000:YouTube

インベーダー2000もあった

余談ですが、学研はこのあと「学研インベーダー2000」も発売したようです。

自分は知りませんでしたが。

筐体は、何かめちゃくちゃ尖っていますね。

色はオレンジ色です。

学研インベーダー2000:YouTube

名前から「2000点でゲームオーバーかな?」と思っていたら、1万点まで遊べるようです。

1000までとは、ややゲーム内容が違いますね。

FLクレイジークライミング

FLクレイジークライミングは、1980年頃にバンダイから発売されました。

FLとは蛍光表示管(FL管)のことで、色彩豊かな表示と見やすい画面が特徴とのことです。

確かに眩しかったような…。

ゲーム内容は、クレイジークライマーです。

約40階建てのビルをひたすら登っていきます。

さすがにゴリラは登場しませんでしたが。

ただ、ゲームの面白さとしてはイマイチでしたね。

面が進むと、窓がなかなか開かなくなります。

なので、全然登れずストレスMAXです。

FLクレイジークライミング:YouTube

今見ても、あまり面白さが感じられませんね。

FLパックリモンスター

FLパックリモンスターは、1981年頃にバンダイから発売されました。

ゲーム内容は、名前の通りパックマンです。

本家と同様、コーヒーブレイクもあります。

このゲームは、パックマン系の電子ゲームの中では間違いなく1番面白かったです。

スピード感が他とは違いました。

クリアするコツは、ワープゾーンに隠れることです。

ワープゾーンに入った時にレバーを下方向に入れると、ワープゾーンに滞在できます。

FLパックリモンスター:YouTube

1981年でこのクオリティはスゴイと思います。

学研ベースボールV

学研ベースボールVは、発売日がよく分かりません。

おそらく1982年頃だと思います。

ゲーム内容は、名前の通り野球です。

当時にしてはかなり本格的な作りで、ヒットエンドランや盗塁などもできました。

なかなか面白かったです。

学研ベースボールV:YouTube

懐かしい…。

学研ベースボールⅢもあった

そう言えば、この前のバージョンで学研ベースボールⅢもありました。

こちらの方が、筐体が豪華です。

こちらの方は、ジャスコのおもちゃ屋さんにサンプルが置いてありました。

なので、よくタダで遊んでいました(笑)

ゲーム内容は、Ⅴと全く同じです。

ただ、Ⅳをいくら探しても見つからないのですが…。

発売されていないんでしょうか?

その他

その他のゲームについて、簡単に書いていきます。

フロッガー

子供の頃に、面白そうに見えたゲームです。

カエルを操作して、向こう岸に渡らせます。

途中、車を避けながら道路を渡って丸太で川を渡り切る必要があります。

ほとんどやったことがないので、本当に面白いかどうかは不明です。

フロッガー:YouTube

見た感じはけっこう面白そうですね。

パックマン

トミーから出たパックマンです。

黄色で丸い筐体が特徴です。

ただ、ゲームの面白さはパックリモンスターには遠く及びませんね。

パックマンの口が左にあるので、右からじゃないとエサを食えないのがダメダメです。

画面は見やすいですが。

パックマン:YouTube

パックモンスター

こちらは学研から出たパックマンです。

トミーよりは良い出来ですが、パックリモンスターには負けますね。

名前が紛らわしい…。

マップが小さい割にパワーエサが4つあるので、慣れれば楽勝かもしれません。

パックモンスター:YouTube

電子ゲームを買うなら

電子ゲームは「Amazon」などで買えます。

ただ、新品を探すのは難しいと思いますが…。

だいぶ昔のゲームですからね。

楽天市場」と「Yahoo!ショッピング」は、ポイントサイトを経由して購入するのもアリです。

おススメは「モッピー」と「ハピタス」です。

どちらもトップレベルのポイント還元率です。

あとは「メルカリ」でも出品されています。

メルカリにまだ登録していない人は、招待コード「GAFAET」を入力すると500ポイントもらえます。

この機会に是非登録してください。

まとめ

今回は「昔遊んだ電子ゲームの思い出(学研インベーダーなど)」を書きました。

ざっくりまとめると次のようになります。

  • 学研インベーダー
    それなりに面白かった。
    残念な点は200点でゲームオーバーになってしまうこと。
  • 学研インベーダー1000
    学研インベーダーのバージョンアップ版。
    ゲームオーバーになる点数が200→1000点へと一気に増えました。
    インベーダー2000もあった:1万点まで遊べるようです。
  • FLクレイジークライミング
    ゲームの面白さとしてはイマイチ。
    面が進むと、窓がなかなか開かなくなります。
  • FLパックリモンスター
    パックマン系の電子ゲームの中では間違いなく1番面白かった。
    クリアするコツは、ワープゾーンに隠れること。
  • 学研ベースボールV
    当時にしてはかなり本格的な作り。
    なかなか面白かった。
    学研ベースボールⅢもあった:筐体が豪華。
    ゲーム内容は、Ⅴと全く同じ。
  • その他
    フロッガー:子供の頃に、面白そうに見えたゲーム。
    ほとんどやったことがないので、本当に面白いかどうかは不明。
    パックマン:トミーから出たパックマン。
    右からじゃないとエサを食えないのがダメダメ。
    パックモンスター:学研から出たパックマン。
    トミーよりは良い出来。
  • 電子ゲームを買うなら
    上記参照

ということで、今回は終わりにします。