ダービースタリオン3の攻略⑤(調教方法)

ダービースタリオン3は、1995年1月20日にアスキーから発売されました。

言わずと知れた、超有名な競馬ゲームです。

発売された時は、めちゃくちゃハマりました。

何日も徹夜して最強馬作りに励んだものです。

ダビスタ3では、配合と並んで調教が重要です。

適当に調教していても、馬は強くなりません。

ということで、今回は「ダービースタリオン3の攻略⑤(調教方法)」を書いていきます。

調教メニュー

調教は馬を入厩させた週から始められ、週2回(水曜日と木曜日)できます。

選べる調教の種類は、下記の5つです。(地方滞在中は、ダートと芝しか選べません)

  • ダート
    強め以上でスタミナアップ。

  • 強め以上でスピードアップ。
  • ウッド
    強め以上でスタミナアップ。脚元の負担は少ないが、疲労が溜まる。
  • 坂路
    スピードアップ。脚元の負担なし。体重2~4kg減。
  • プール
    スタミナアップ。脚元の負担なし。体重2~4kg減。

ダートまたは芝を選んだ場合は、次のどちらかを選びます。

  • 単走
    体重減無し。
  • 併せ馬
    勝負根性アップ。調子を変える効果もある。体重2kg減。

ダート、芝またはウッドを選んだ場合は、調教の強さを選びます。

  • 一杯
    気性アップ。体重4kg減。
  • 強め
    通常の調教。体重2kg減。
  • 馬なり
    調整用。体重減無し。

効率的な調教方法

馬は成長のピークが近づくにつれて、スピードの限界値が上がっていきます。

なので、最初からスピードの調教をしても非効率的です。

というわけで、最初はスタミナを付けます。

スタミナの付け方としては、「ダート・単走・強め」を50回繰り返します。

これで終わりです。

半年ほどかかりますが、できればデビュー前に終わらせます。

その後は、レースを使いながら鍛えていきます。

鍛えるのは、スピードと勝負根性です。

基本は「芝・単走・強め」、調子を変える時は「ダート・併せ馬・馬なり」をします。

これで、スピードと勝負根性がバランス良く鍛えられます。

気性については、レースを使うことで徐々に成長していきます。

なので、調教では鍛えません。(一杯の調教はしない)

放牧は不要

放牧をさせると、馬の疲れが完全に取れます。

しかし、一度放牧に出すと最低4週間は入厩させられません。

しかもスタミナが少し落ちてしまうので、調教でスタミナを回復させなければいけません。

その時間がもったいないので、基本的に放牧はしません。

放牧をしなくても、調教を休ませたり軽くすることで疲労は回復します。

それで故障するかどうかは、運次第ですね。

放牧しなくても全く故障しない馬もいれば、何回放牧させても故障する馬もいます。

ベスト体重

ダビスタ3では、個々の馬についてベスト体重があります。

ベスト体重は、調教後のコメントから割り出せます。

最初に入厩した時は「だいぶ重い」状態です。

そこから調教で体重を減らしていくと「ちょっと太い」というコメントに変わります。

その「ちょっと太い」に切り変わった体重から18kgを引いた体重がベスト体重です。

ベスト体重付近でレースに使う方が、当然能力を発揮できます。

なので、ベスト体重はメモっておきましょう。

馬の調子

馬の調子は、徐々に変化していきます。

調子の流れは、下記のようになります。

  1. 少しずつ調子が上がってきた 
  2. 毛づやがいい or カイ食いも良くなってきた(ベスト体重より減った時)
  3. 調子が上がってきた or 順調にきています(前走が1着の時)
  4. いい状態
  5. 相変わらず元気
  6. 特に良くも悪くもない
  7. 調子がハッキリ落ちています
  8. このところずっと調子が悪い or カイ食いも落ちてきた(ベスト体重より減った時)

8の次は1に戻ります。

1つの調子が持続する期間は、その時によって違います。

1週間で変わる時もあれば、1ヶ月以上同じ調子が持続する場合もあります。

強制的に調子を変えたい場合は、併せ馬が有効です。

上手くいけば、調教中に調子が変わります。

馬の故障

競馬に馬の故障は付き物です。

ダビスタ3でも、当然故障はあります。

馬の故障の種類は、次の4種類です。

  • ハコウ
    痛いだけで問題なし。調教可能。レースにも使える。
  • ソエ
    痛いだけで問題なし。調教可能。レースにも使える。
  • 屈腱炎
    完治しない。かなりの頻度で再発する。
  • 骨折
    完治する。屈腱炎のように再発はしない。

ハコウとソエは痛がっているだけなので、いつも通り調教できます。

調子は上がりませんが、レースにも使えます。

骨折は長期休養になりますが、完治すればまた活躍できます。

なので、成長のピークになる前なら引退させなくても良いと思います。

厄介なのは屈腱炎です。

一度発症してしまうと完治はせず、すぐに再発してしまいます。

なので、あきらめて引退させた方が良いと思います。

ダービースタリオン3の購入方法

ダービースタリオン3は、下記で購入できます。

楽天市場とYahoo!ショッピングは、ポイントサイトを経由するとお得です。

また、メルカリの新規登録もポイントサイトを経由するとお得です。

おススメのポイントサイトは下記の2つです。

その時々でポイント還元率の高い方を使います。

ということで、今回は終わりにします。