新NISAのつみたて投資枠と成長投資枠をどう使うか

2024年から新NISAが始まりました。

これは、なかなか素晴らしい制度だと思います。

1800万円まで投資できる上に、利益に対して税金がかかりません。

しかも、非課税保有期間も無期限になりました。

小金持ちになりたいのなら、これを使わない手はないでしょう。

ただ、投資枠が2つに分かれているのでこれをどう使うか考えなければいけません。

ということで、今回は「新NISAのつみたて投資枠と成長投資枠をどう使うか」を書いていきます。

つみたて投資枠と成長投資枠

新NISAは、2つの投資枠に分かれています。

新しいNISA : 金融庁

  • つみたて投資枠
    年間投資枠:120万円
    非課税保有期間:無期限化
    非課税保有限度額:1800万円
    口座開設期間:恒久化
    投資対象商品:長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託
    対象年齢:18歳以上
  • 成長投資枠
    年間投資枠:240万円
    非課税保有期間:無期限化
    非課税保有限度額:1200万円(内数)/1800万円
    口座開設期間:恒久化
    投資対象商品:上場株式・投資信託等
    対象年齢:18歳以上

イメージ的には、つみたてNISAと一般NISAを合体させたようなものですね。

つみたて投資枠がつみたてNISA、成長投資枠が一般NISAです。

相変わらずややこしいですが、問題はこの2つをどう使っていくかです。

つみたて投資枠は使いにくい

つみたて投資枠は、自分にとって非常に使いにくいですね。

まず投資商品ですが、投資したい商品が一部しかありません。

自分のポートフォリオは、下記の8ファンドを組み合わせています。

  • 国内株式:eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
  • 先進国株式:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • 新興国株式:eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • 国内債券:eMAXIS Slim 国内債券インデックス
  • 先進国債券:eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
  • 新興国債券:iFree 新興国債券インデックス
  • 国内リート:eMAXIS Slim 国内リートインデックス
  • 先進国リート:eMAXIS Slim 先進国リートインデックス

しかし、つみたて投資枠で投資できるのは次の3つだけです。

  • 国内株式:eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
  • 先進国株式:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • 新興国株式:eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

さらに、つみたて投資枠は積立設定しなければ買えません。

自分は当日の基準価格を見ながら購入金額の調整をしたいのですが、それができないということです。

つみたてNISAも同じだったようですが、けっこう不便ですね。

自分は一般NISAを使っていたので知りませんでした。

成長投資枠は使いやすい

つみたて投資枠に比べると、成長投資枠は非常に使いやすいです。

先ほどポートフォリオのところで書いたファンドは全て購入できます。

しかも、積立設定する必要もなく当日に金額調整しながら購入可能です。

なので、全て成長投資枠で使いたいというのが本音です。

しかし、成長投資枠の非課税保有限度額は1200万円(内数)となっています。

要は、1800万円のうち1200万円までしか投資できないということです。

ということは、最低でも600万円はつみたて投資枠を使わなければいけません。

その使い方をどうするかが重要です。

株式はつみたて投資枠優先で買う

結論から言うと、株式の投資信託はつみたて投資枠優先で買っていきます。

成長投資枠がなくなってしまうと、債券に投資したくてもできなくなってしまいます。

なので、邪魔なつみたて投資枠に早く600万円投資したいというのがあります。

そうなると、株式の投資信託はつみたて投資枠優先で買うしかありません。

問題は購入金額の調整ができないことですが、無難な範囲で設定するしかありませんね。

今のところ、アセットアロケーション的に株式の購入金額はつみたて投資枠では足が出る予定です。

なので、足が出た分を成長投資枠の方で金額調整しながら買うしかないですね。

なお、つみたて投資枠では当然ながら「オルカン」や「S&P500」も買えます。

それ一辺倒の人もいると思いますが、一応つみたて投資枠を優先で使った方がいいと思います。

あとで債券にも投資したくなるかもしれないので。(ないかな?)

つみたて投資枠はクレカを使う

SBI証券では、積立でクレジットカードも使えます。

ただ、つみたて投資枠が毎月10万円あるのに5万円しか使えないのがイマイチですが…。

まあそれでもポイントが貯まるので使いますけどね。

おススメのクレジットカードは「三井住友カード(NL)」です。

ポイント付与率は0.5%ですが、年会費無料なので持っていても損はないでしょう。

ポイント付与率を上げるために、わざわざ有料のクレカを持つ必要はありません。

5万円の積立で250ポイント貯まれば御の字です。

残りの5万円は現金積立するしかありませんね。

NISA口座はSBI証券がおススメ

NISA口座を作るなら、個人的に良いと思うのはSBI証券です。

投信マイレージサービスがありますからね。

投信マイレージサービス

投信マイレージとは、簡単に言うと投資信託を持っているだけで毎月ポイントが貯まるサービスです。

貯まるポイントは微々たるものですが、もらえないよりはマシですからね。

どうせ新NISAを買うなら、ポイントが貯まる証券会社を選んだ方が得だという考えです。

お得な口座開設方法

新NISA口座を開設するなら、ポイントサイト経由がお得です。

経由するだけで、数千円相当のポイントが貯まりますからね。

個人的に良いと思うポイントサイトは、下記の2つです。

どちらのサイトも、ポイントサイトではトップレベルのポイント還元率です。

両方登録して、その時々でお得な方を選びましょう。

ということで、今回は終わりにします。