【退職代行】会社を辞めたいけど言い出しづらいなら使うのは全然アリだと思う

会社を辞めたいと思ってもなかなか言い出せないんですよね…。

会社を辞めたくありませんか?

皆さんは何のために会社に行っていますか?

そう聞くと、大多数の人が「お金を稼ぐため」と答えるのではないかと思います。

ということはお金さえあれば会社を辞めたいわけで、好きで行っている人は少ないということですよね。

会社を辞めたいと思っている理由は、次のような感じでしょうか。

人間関係

会社に行っていると、好む好まないにかかわらず人と接する機会が多いですよね。

そうなると、どうしても合う人と合わない人が出てきます。

人間誰しも好き嫌いがありますからね、それはもう仕方がありません。

好きな人と接している時はいいのですが、嫌いな人と接するのはどう考えてもストレスでしかありません。

できれば避けて通りたいところです。

しかし会社に行っていると、そういうわけにもいきません。

嫌いな人でも必要なら話をしなければ仕事も進みませんし、自分から頼みごとをしなければいけないならイヤでも話さなければいけません。

自分も嫌いな人はたくさんいましたが、そういう人に用事があっても常に後回しにしていました。

できれば後回しにしているうちに、うやむやにしてやろうとまで思っていましたね。

そもそも嫌いな人と接しなければいけないと分かった段階で、もうストレス満載です。

最大の問題は、会社にいる以上嫌いだからと言って話をしないわけにはいかないということです。

上司と合わない

これも先ほど書いたのとほぼ重複しますが、もう最悪ですよね。

最悪ですけど頻繁にあります。

と言うか、むしろ好きな上司に当たる方が珍しいのではないでしょうか?

自分の経験上、8割以上の上司と合いませんでした。

運がよっぽど悪かったのかもしれませんが、周囲を見渡してもこの人の部下になりたいと思う人はいませんでしたね。

自分の会社のレベルが低かったと言われればそれまでですけど。

そういう上司の下で仕事をしていると、やる気も損なわれるので評価も下げられ、さらに嫌いになるという悪循環もあります。

最大の問題は、自分で上司を選べないということです。

仕事がつまらない

そもそも入社する時に、どんな仕事内容なのかを理解できる人はそうそういません。

入社前に会社の募集要項を見たり説明を受けたりしても、ハッキリ言ってよく分かりませんからね。

なのでどんな仕事でも実際にやりながら覚えるしかありませんが、覚えてくると多少マシにはなってきます。

しかしそれでも好きになってくるかというとそういうわけでもなく、まあ「好きでも嫌いでもない」という方が多いのではないでしょうか?

自分の場合は、どうしても受け入れられない部署に回された時もありましたけどね。

速攻で理由を付けて、半年後に無理やり異動させましたけど(笑)

しかしこれは上記2つほど決定的ではなく、会社を辞めたいと思う原因としてはやはり「人間関係」が大きいのではないかと思います。

会社を辞める前の準備

自分はイヤなら会社など辞めればいいという考えですが、その前にやはり準備はしておきたいところです。

それは何かというと、ズバリ「お金」です。

思ったより出費がある

すぐに次の就職先に行けるのならいいのですが、見つからない、あるいはしばらく休もうと思っているならある程度の貯金がないとやはり不安です。

失業保険をもらうにしても、自分から辞めた場合は3ヶ月ほどは待機期間として間が空きます。

自分の感覚では最低100万円、できれば200万円ほど貯金してから辞めればある程度安心ですかね。

退職金をけっこうもらえるなら別ですけど、最近はそんなにもらえませんからね。

会社を辞める前に確認しておいた方がいいことは、次のようなことですね。

  • 退職金の額
  • 健康保険料
  • 住民税

自分は無計画に辞めましたので確認しませんでしたが、特に健康保険料と住民税はけっこう高くて驚きます。

このことは下記の記事にも記載していますので、参考にしてください。

退職代行を使おう

しかし自分では会社を辞めると決めたとしても、他にもいろいろな障害があります。

家族には事後報告

まず家族、特に両親に相談するとほぼ100%反対されるでしょう。

会社を辞めようとしていることをいくら説明しても、「我慢しなさい」「今だけだ」「次どうするの?」など言われケンカになるだけです。

しかし家族は本当に心配してくれているので、そんなことでケンカするのはバカバカしい話です。

自分の場合はそうなることが予想できましたので、先に上司に辞めると伝えてから事後報告しました。

それなら両親もさすがに「上司に謝れ」「撤回しろ」などとは言いづらいですからね。

これは思った通り上手くいきました。

言いづらくて当然

会社を辞めることを上司に言おうと思っても、なかなか踏ん切りが付かないものです。

窓際族ならともかく、それなりに仕事しているならいきなり抜けられると上司が困るので慰留されることは目に見えています。

それに一緒に仕事をしている同僚にも迷惑がかかります。

しかし会社をホントに辞めたいなら、そんなことは既にどうでも良くなっているはずです。

あとは早く会社に退職することを伝えれば良いのですが、それすらイヤになっているなら退職代行を使うという手があります。

退職代行サービス

退職代行というのは、文字通り自分の代わりに退職の手続きをしてくれるサービスです。

退職代行サービスを使うと、もう自分でしなければいけないことはほぼありません。

せいぜい会社に返却するものをまとめるくらいでしょうか。

退職代行サービスには、次のような会社があります。

各社それぞれ特徴がありますので、じっくり選んでいけばいいと思います。

今の時代、終身雇用も怪しく退職金もどんどん下がってきていますのでひとつの会社にこだわる必要は全くありません。

今の会社がイヤなら、退職代行を使ってスパッと辞めてみてはどうでしょうか?

グッドラック!

タイトルとURLをコピーしました