楽天銀行の便利でお得な使い方

楽天銀行は、ネット銀行口座数No.1の銀行です。

※2023年12月 楽天銀行調べ

口座の数は、1500万口座を突破したそうです。

普通預金の金利が高く、取引によって楽天ポイントも貯まります。

個人的にも、楽天銀行が1番便利だと思っています。

ということで、今回は「楽天銀行の便利でお得な使い方」を書いていきます。

楽天証券と口座連携させる

楽天銀行をお得に使うには、楽天証券との口座連携(マネーブリッジ)が必須です。

その理由は、金利がアップするからです。

楽天銀行の普通預金金利は通常0.02%ですが、マネーブリッジすることにより金利がアップします。

2024年4月現在では、下記の金利になっています。

普通預金金利(マネーブリッジ利用者) 普通預金残高 普通預金残高
1円~300万円 300万円を超えた分
0.10% 0.04%

マネーブリッジを利用するには、楽天証券の口座開設が必要です。

ただ、楽天証券での取引(株式や投資信託などの購入)はしなくても特に問題ありません。

残高100万円は常にキープする

楽天銀行を使う時は、残高が常に100万円以上をキープするようにします。

残高とは、円預金(普通・定期含む)/満期特約定期預金/為替特約定期預金/外貨預金(普通・定期含む)の合計です。

その理由は、ハッピープログラムの会員ステージを上げるためです。

毎月25日終了時点の残高が100万円以上であれば、会員ステージがVIP以上になります。

取引回数が20回以上でもVIPになりますが、残高を100万円以上にする方がずっと楽です。

各ステージの特典は、下記になります。

ATM手数料
(無料回数)
他行振込手数料
(無料回数)
楽天ポイント
獲得倍率
振込手数料の
楽天ポイント払い
スーパーVIP 7回/月 3回/月 3倍 支払可能
VIP 5回/月 3回/月 3倍
プレミアム 2回/月 2回/月 2倍
アドバンスト 1回/月 1回/月 1倍
ベーシック 1倍

VIPになると、スーパーVIPと比較してATM手数料の無料回数が2回減ります。

それでも月5回ATM手数料が無料になるので、何の問題もないと思います。

楽天カードの引落口座にする

楽天市場で買い物するのであれば、楽天カードの引落口座を楽天銀行にします。

その理由は、獲得ポイントが増えるからです。

SPU(スーパーポイントアップ)により、楽天市場での獲得ポイントが+0.3倍されます。

さらに、楽天銀行で給与・賞与・年金を受け取ると獲得ポイントが+0.2倍されます。

ただし、月間獲得上限ポイント数は1000ポイントです。

楽天カードの口座振替(自動引落)は、ハッピープログラムの対象サービスにもなっています。

なので、VIPなら引落で楽天ポイントが9ポイントもらえます。

その他の振込・入金・支払いもお得

楽天銀行では、その他の振込・入金・支払いもハッピープログラムの対象サービスになっています。

なので、楽天銀行で取引をすればするほど楽天ポイントが貯まります。

給与・賞与の受取、年金(国庫金)の受取でも、楽天ポイントが貯まります。

なので、振込・入金・支払いはできるだけ楽天銀行にまとめた方がお得です。

マネーフォワードMEに登録する

楽天銀行は、マネーフォワードMEに登録できます。

マネーフォワードMEとは、無料のオンライン家計簿、資産管理ツールです。

マネーフォワード MEとは、どのようなサービスですか

無料で4つまでの金融機関が登録できます。

楽天銀行を登録しておくと、入出金明細が取り込まれて日々の収入・支出管理ができて非常に便利です。

現金プレゼントサービスを使う

楽天銀行では、現金プレゼントサービスを毎月実施しています。

これは、対象の広告をクリックするだけで1円もらえるサービスです。

月の最終日23:59までにクリックしておけば、翌月2日に口座に入金されます。

毎月だいたい10円以上はゲットできるので、忘れずに月末までにクリックするようにします。

定期預金のキャンペーンを使う

楽天銀行では、たびたび定期預金のキャンペーンが実施されます。

キャンペーン時に預入れをすると、金利が0.1%より高くなります。

満期までの期間は、だいたい6ヶ月と1年です。

通常の金利よりもお得になるので、使う予定のない普通預金はキャンペーン時に定期預金に預入れします。

資金お引越し定期もある

楽天銀行では、資産お引越し定期も実施しています。

これは、自分名義の他行口座からの振込した場合に預入れできます。

1ヶ月で満期になるため使いやすいのが特徴です。

不定期で「抽選で5555名さまに最大3000円プレゼント」のキャンペーンを実施することもあります。

ただ、20万円以上の預入れが条件になることがほとんどです。

公営競技の山分けキャンペーンを使う

楽天銀行では、不定期で「公営競技のスペシャル山分けキャンペーン」を実施しています。

このキャンペーンでは、楽天銀行経由でJRA(即PAT)、楽天競馬、楽天Kドリームス(デルカ)、テレボートのいずれかに入金するだけで現金が山分けされます。

複数に入金した場合は、サービス利用数分の山分け配当を受けることができます。

入金するだけで使う必要はないので、楽に配当を得られます。

JRA(即PAT)、楽天競馬、テレボートについては、入金した当日に精算もできます。

一方で、楽天Kドリームスは現金ではなくデルカのチャージになるため精算ができません。

なので、車券を購入しないならチャージしない方が良いと思います。

銀行関係のお役立ちサイト

銀行関係のお役立ちサイトは下記です。

ということで、今回は終わりにします。