【ジョン・レノン】ビートルズ初期の曲について好き放題語ってみる

ジョンレノンがいなかったら、ビートルズはこんなに有名になっていなかったかもしれませんね。

Please Please Me

「Please Please Me」は、1963年3月に発売された記念すべきビートルズのデビューアルバムです。

ジョンは1940年10月生まれなので、まだ22歳の時ですね。

このアルバムでジョンの作曲した曲としては「Misery」「Ask Me Why」などがありますが、初期にしてはなかなか良い出来だと思います。

アルバムのタイトルとなった「Please Please Me」は、ジョンのハーモニカが印象的な曲で2枚目のシングルとして発売されました。

昔「ひらけ!ポンキッキ」でイントロが流れていたような記憶があり、物心ついてから聴いた時もイントロだけ覚えていました。

まあしかし初期のアルバムはそれほど好きではありませんのであまり聴きませんけどね。

With the Beatles

ビートルズ2作目のアルバムで1963年11月に発売されましたので、ジョンが23歳の時ですね。

このアルバムもそれほど好きではありませんので普段ほとんど聴きませんけどね、昔はそこそこ聴いていました。

このアルバムでのジョンは、最初の2曲がいい感じです。

アルバムのオープニングを飾る「It Won’t Be Long」は、シングルカットしても十分ヒットしたと思います。

それくらいカッコいい曲です。

「All I’ve Got To Do」の方はロックという感じではありませんが、これもまあまあいい曲です。

あとはそこそこと言った感じで、この辺ではあまり書くことがありませんね。

A Hard Day’s Night

ビートルズ3枚目のアルバムで、1964年7月に発売されました。

同タイトルの映画は、日本ではなぜか「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」という少し恥ずかしいタイトルになっています。

さて、このアルバムでのジョンの活躍は凄まじいと言うしかありません。

ほとんど全ての曲を1人で作っており、かつまたその出来が素晴らしいのです。

ある意味このアルバムが1番の全盛期だったかもしれません。

まずタイトル曲の「A Hard Day’s Night」は、聴いた瞬間に和音が鳴って「はい、1位間違いなし」という感じです。

これはビートルズ初期の作品の中でも相当好きな曲ですね。

他にも「Any Time At All」「When I Get Home」「You Can’t Do That」などは、いい感じにロックしています。

そうかと思えば「If I Fell」「I’ll Cry Instead」「I’ll Be Back」など少しバラードっぽい曲なんかも書いていたりして、この頃は歩いてもいい曲ができたのでは?と言うくらいです。

この辺のビートルズは完全にジョン主導ですね。

Beatles for Sale

ビートルズ4作目のアルバムで、1964年12月に発売されました。

前作はジョン全開のロックンロールアルバムでしたが、今作はジョンも控えめでビートルズとしてはわりと地味な印象です。

なんかジャケットの雰囲気も暗いですしね。

ジョンの曲もなんとなく暗くなっていますが1曲目の「No Reply」はいいですね。

これはシングルになっていてもおかしくない曲だと思います。

その次の「I’m A Loser」はそれに及ばないまでも、いい曲の部類には入るのではないでしょうか。

あとはボチボチと言った感じですね、このアルバムでは他に書くことはありません。

Help!

ビートルズ5作目のアルバムで、1965年8月に発売されました。

このアルバムでのジョンの働きは前作よりだいぶ素晴らしいですね。

24歳にして、早くも少し円熟味が出てきたような気がします。

作った作品で言うと「Help!」「You’ve Got To Hide Your Love Away」「Ticket To Ride」くらいですが、どれも間違いなくいい曲です。

「Help!」は聞いた瞬間に「はい、また1位ですね」となったでしょうし、「You’ve Got To Hide Your Love Away」も聞いた瞬間に「はい、OKです」となったことでしょう。

問題はもう1曲の「Ticket To Ride」ですが、こちらの方は噛めば噛むほど味が出る系ですね。

どちらかと言うとシングル向きではないような気もしますが、まあこの頃は何を出しても1位を取れたのでしょうね。

Rubber Soul

ビートルズ6作目のアルバムで、1965年12月に発売されました。

自分が思うジョンの全盛期アルバムであり、素晴らしい曲をいくつか発表しております。

特に「Girl」「In My Life」についてはビートルズの名曲のひとつ(2曲ありますが)と言ってもいいでしょう。

もちろんどちらもシングルカットしても余裕で1位を取っていたでしょうし、両A面でも良かったくらいです。

そんなこと言うとポールファンが怒るかもしれませんけど。

「In My Life」はジョンとポールにしては珍しく、どちらがメインで作ったかの見解が分かれているようですね。

しかし自分はジョンがメインで作ったと思います。

どこがと問われると困りますがメロディはジョンっぽいですし、この頃はほとんど全て作曲者が歌っており、この曲だけポール作曲でジョンが歌うというのも不自然です。

まあ真相は知りませんけどね、ぶっちゃけどちらでもいいですけど。

もちろんその他にも「Norwegian Wood」「Run For Your Life」などもいい曲だと思います。

タイトルとURLをコピーしました