【ジョン・レノン】ビートルズ中期の曲について好き放題語ってみる

前回からの続きです。

Revolver

ビートルズ7作目のアルバムで、1966年8月に発売されました。

このアルバムは、ジョンの曲がどうとか言う以前に素晴らしいアルバムですね。

まだ聴いていないという人がいたら、ビートルズの中でも特に聞いてほしいアルバムのひとつです。

とまずアルバムの紹介から入りましたが、ジョンについては少し「これまでと同じような曲作りに飽きてきたかな?」という印象です。

なので「これは素晴らしい!」と言う作品は特にありません。

まず「And Your Bird Can Sing」「Doctor Robert」については、これまで散々書いてきたロック系の作品ですが、出来は全く普通ですね。

「Tomorrow Never Knows」はマニアの中では人気があるようですが、個人的にはそんなにいいとは思いませんね。

まあ曲の感想をひとことで言うなら「曲が始まってから終わるまでずっとカモメが鳴いているお経」という感じです。

この曲を知らない人には「なんのこっちゃ?」でしょうが、実際に聴いてみると分かります。

その中で、一番面白いのが「She Said She Said」です。

曲自体はドロドロした感じで大したことありませんが、転調がものすごくカラオケで歌うとめちゃくちゃ難しいと思います。

ジョンは簡単そうに歌っていますが、なかなか真似できません。

まあこの曲をカラオケで歌おうという人はあまりいないと思いますが…。

Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

ビートルズ8作目のアルバムで、1967年6月に発売されました。

このアルバムは、ポールの独壇場と言っても過言ではありません。

全13曲のほとんどがポールの曲で埋め尽くされている、と言っても良いくらいの印象を受けます。(実際は違いますけど)

このアルバムでのジョンは、ハッキリ言ってまだ曲の準備ができていないまま突入してしまった感じです。

だからと言ってダメダメかと言うと、全くそんなことはありません。

まず取り立てて言うこともない「Lucy In The Sky With Diamonds」を序盤に一発かましておいて、その後しばらく沈黙します。

そしてA面の最後(レコードなら)に「Being For The Benefit Of Mr. Kite!」と言う、わけの分からない曲をガツンと持ってきます。

そしてその後ジョージハリスンの長ったらしい曲を挟んだ後に、再び「Good Morning Good Morning」という似たような曲を持ってきています。

この両曲のどこが似ているかと言うと、ひとことで言ってメロディアスではないのです。

おそらく両曲とも歌詞が先にあったところに、その後メロディを付けて完成させたのではないでしょうか?

何となくそういう楽曲であるような気がします、根拠はありませんけどね。

しかしだからと言って決して出来が悪いというわけではなく、他のポールの曲と比べても全く遜色ありません。(むしろいい方)

そしてこのアルバムのフィナーレとして「A Day In The Life」が来るわけですが、この曲はポールとの共作です。

この曲ではメインのフレーズをジョン、繋ぎの部分をポールが作曲していますが、ハッキリ言ってジョンが作ったところの方が数段いい出来です。

しかし名曲なのかと問われると「うーん」と言った感じで、聴きどころは曲の途中と最後でわけの分からない盛り上がり方をするところくらいしかないような気もします。

まあこのアルバムはなぜか世界的に評価が高いですが全体的にポップな感じと言う印象で、個人的には大して好みではありません。

もしコメントが冷めていると思ったとしたら、そのせいかもしれませんね。

Magical Mystery Tour

「Magical Mystery Tour」はテレビ番組のサウンドトラックですが、米国版ではアルバムみたいな形になっています。

テレビ番組は見たことありますが、わけが分からないけど面白かったですよ。

この頃になるとジョンの意識はいい曲を作るのではなく、やりたいようにやるというふうに変わっていますね。

まず「I Am The Walrus」は、自分がジョンの曲の中でもっとも好きな曲のひとつです。

それほどメロディアスなわけではなく歌詞もほとんど意味不明ですが、アレンジとコーラスが凝っていて何回聴いても全然飽きません。

ジョンはこの曲を100年楽しめると言ったようですが、おそらく100年以上楽しまれる曲になることは間違いないでしょう。

この曲は1967年に出たのでもう50年以上経っていますが、確かに自分は今でも楽しんでいます。

「Strawberry Fields Forever」もよく名作と言われますが、自分はそこまでとは思いません。

確かに独特な雰囲気を持っておりいきなり演奏が切り替わるアレンジも面白いですが、個人的にはポールの作った「Penny Lane」の方がいい曲だと思います。

まあシングルは両A面で出ましたが、連続1位記録が止まってしまいましたけどね。

「All You Need Is Love」はエンジニアのジェフ・エメリックによると世界初の衛星放送のために渋々作られた曲のようで、元々それほど気合が入っていなかったようです。

個人的にはそこそこ好きな曲なんですけどね。

しかしジェフ・エメリックの本を読んでいると、ポールも衛星放送にほとんど興味を示していなかったとのことですがホントですかね?

何となくそういう時に張り切りそうなイメージがあるのですが…。

まあどうでもいいですけど。

タイトルとURLをコピーしました