【機動戦士Ζガンダム】シャア(クワトロ大尉)の主な戦闘シーン後半

前回からの続きです。

第36話 永遠のフォウ

キリマンジャロでフォウの乗るサイコガンダムとの戦闘。

サイコガンダムのメガ粒子砲を避けたりしていますが、シャアとフォウの絡みはあまりありません。

ジャミトフが基地から脱出しようとしているのを見つけた百式が阻止しようと近づいた時に、そこを守っていたフォウに「来るな!」と一喝され、「なんだ、フォウという強化人間のプレッシャーか?」と言いながら汗だくになっているのが笑えます。

大気圏に落ちそうになった時と言い、ジャミトフに閉じ込められた時と言い、この頃のシャアは汗だくになることが多いですね…。

まあこの回はフォウが死ぬ物語なので、戦闘シーンはほどほどです。

第38話 レコアの気配

地球を脱出して、アーガマと合流する時の戦闘。

アーガマにメガ・バズーカ・ランチャーを要求して、敵艦を堕とそうと試みます。

敵のガディ艦長は気づいていませんでしたが、ティターンズに寝返ったレコアには感じ取られ、艦を後退させていたため命中させられず。

外れた後は「なぜ外れた、なぜ?」「じゃまをする気配があったのか?」などとのたまっており、レコアの存在には一切気づいていないようでした。

ニュータイプとしてはイマイチなのでは?

第39話 湖畔

13バンチコロニーで無法していたハイザック2機との戦闘。

シャアは偵察中に「あのコロニーにアムロがいる感じがある」などと一応ニュータイプらしい発言をしています。

戦闘は主にコロニーの中で行われ、シャアはしきりにコロニーの損傷を気にしていますが、あまり上手に戦闘はできておりません。

ハイザック2機とガザC1機を撃墜して戻った時に、カミーユからハマーンとミネバがいたことを教えられ、「その気配だったか、私も感じた」「それで迷ってな、敵に引き込まれてしまった」などと言い訳をしています…。

まあシャアならこのくらいは当たり前にやるでしょう。

第41話 目覚め

カミーユのZガンダムを助けようと、勝手にネモに乗って出撃したロザミアを追って出撃。

戻れと言っても戻らないロザミアをライフルで撃つも簡単に避けられ、「あの動きは、強化人間でなければフォローできない!」と驚いております。

その後、21バンチに毒ガスを注入した後のレコアのメッサーラと遭遇し、「今さらなぜかとは聞かん」「せめて私の手でその業を払わせてもらう」などとカッコいいことを言って戦闘に入ります。

しかしライフルを外しまくって「また外れた」「なぜ堕とせん!」「私にためらいがあるのか?」など言い訳を連発し、さらにレコアから「私があなたを倒すのだよ、シャア」と生意気なことまで言われています。

結局ティターンズの撤退命令でレコアは堕とせず、戦闘が終わった後落ち込むシャアの姿が映っています…。

第42話 さよならロザミィ

ティターンズに戻ったロザミアとゲーツの乗るバウンド・ドック2機と戦闘。

カミーユは相手がロザミアだと、いつも通り「行っちゃダメだ」「撃てません」というだけで使い物になりません。

自分はこういうのはあんまり好きじゃないんですよね。

百式はゲーツ機にはライフルで貫通させる(撃墜はなぜかしない)が、ロザミア機にはいくらライフルを当てていても全く効かないという謎現象が起こっています。

百式のビームは全く効かない、カミーユは戦う気なし、という状況の中でそのまま撤退。

それにしても、なぜ百式のビームは効かないんですかね?

第46話 シロッコ立つ

シロッコとジャミトフが、ハマーンとの会談のためにグワダンに行った後の戦闘。

前段階でハマーンとシロッコが戦ったり、カツがサラを殺してしまったりといろいろありますが、シャアの出番は最後の最後です。

百式が遠くから撃ったビームライフルがシロッコの乗ったジ・Oをかすめると、シロッコは「なに!」と驚愕し、「百式?シャアめ、生きていたか!」とビビります。

あんなに効かない百式のビームライフルでも、恐れてくれる敵がいてくれて良かったですね。

シロッコはその後すぐに「レコア、帰艦するぞ!」と言って退却してしまいます。

さすがと言いたいところですが、ハマーン様に「勝手に潰し合ってくれそうだな」と笑われているのが少し気になるところではあります…。

第49話 生命(いのち)散って

さて、Zガンダム最後の決戦になります。

我らがシャア・アズナブルは、最初はメガ・バズーカ・ランチャーでガサCを数え切れないくらい撃破してみせます。

それを見て、今にも戦おうとしていたシロッコとハマーンも「シャアか」「来たな」と戦いを止め、散開します。

百式はメガ・バズーカ・ランチャーで第2射を試みようとしますが、キュベレイのファンネルの集中砲火によってメガ・バズーカ・ランチャーは破壊されてしまいます。

それと同時に今度はジ・Oが目の前に現れますが、シロッコから「そんなモビルスーツでこのジ・Oと対等に戦えると思っているのか、シャア!」と百式をバカにされてしまいます。

しかし考えようによっては、もっといいモビルスーツなら対等の相手だと思っているということでしょうか?

さすがシロッコ。

この回はここまで。

最終話 宇宙(そら)を駆ける

前回からの続き。

コロニーレーザーを潰そうとコロニーレーザー内部に向かうジ・Oを、百式とキュベレイが追いかけます。

コロニーレーザー内部

中心部の破壊を始めたジ・Oを探す百式に対し、シロッコは「死にに来たか、シャア!」と百式を突き飛ばし、ライフルで足先を破壊。

すかさずキュベレイが百式に斬りかかるとさすがにシャアも意外だったようで、「ハマーン!」と叫んでいます。

しかし、上手く避けながらもライフルごと右手を切断されてしまいます。

切断された後にライフルからビームが放出されており、一応シャアが反応していたことが分かるのが粋なところです。

そのまま後方のレーザー砲の一部に当たって倒れ込む百式に対し、「ぬかったな、シャア!」「こんなところで朽ち果てる己の身を呪うがいい」とマウントを取るシロッコとハマーン。

シャアは「そうかな?」と言いながら百式を上昇させますが、依然ジ・Oとキュベレイに挟まれたまま、シロッコに「貴様のようなニュータイプのなり損ないは粛清される運命なのだ!」とあの有名なセリフを吐かれてしまいます。

そしてジ・Oのライフルで右足を破壊されますが、そのまま居住区に移動して劇場の中でのやり取り。

その後、一旦火を入れたコロニーレーザーからみんな揃って脱出。

ハマーンとの戦い

ジ・OはZガンダムとの最後の戦い、百式はキュベレイとの戦いに挑みますがビームライフルが痛恨のエネルギー切れ。

ハマーンに「うかつだな」と笑われサーベルで斬りつけられるも、軽々と避けるあたりはさすがです。

その後ファンネルを放出されるも、「来た!」と言って漂流している戦艦を盾に避けます。

さすがシャア、ファンネルにはやられません、とここまでは思っていましたが…。

戦艦の中に入る振りをしながらキュベレイの背後を取り、「これであの武器は使えまい、ハマーン!」と迫りますが、「甘いな、シャア」と背後から簡単にファンネルで左手左足を撃たれ、百式はとうとうダルマに。

完全にシャアのマウントを取り、ハマーンは「これで終わりにするか?続けるか?シャア!」と問いかけますが、シャアはここで「そんな決定権がお前にあるのか?」と謎の質問返しをしています。

普通に読めば、ハマーンはシャアに決定権を委ねているんですけどね…。

質問する決定権のことを言っているんでしょうか?

逆上したハマーンにそのままやられるかと思いきや、戦艦の破損部を見つけたシャアはそこにバルカン砲を発射して戦艦を爆発させ、その隙にハマーンから逃れてそのまま姿を消したのでした…。

Zガンダムを観るならU-NEXTがおススメ

いろいろ調べましたが、Zガンダムを動画で見るならU-NEXTがおススメです。

31日間の無料期間がありますし、いつでも(無料期間中でも)解約できます。

無料期間後の月額料金は1,990円(税抜)ですが、昔のアニメがたくさん観れるので重宝しています。

ちなみにこの記事は、U-NEXTで何回も繰り返し観ながら書きました。

U-NEXT

タイトルとURLをコピーしました