[広告]
[広告]

楽天カード・PayPayカード・三井住友カードのお得な使い方

クレジットカード_タイトル

クレジットカードでの買い物はお得です。

何と言ってもポイントがもらえますからね。

さらに、支払いする時もいちいち財布を開けなくていいので楽ちんです。

なので、利用しない手はないでしょう。

それに気づいてから、自分は7~8枚ほどクレジットカードを作りました。

しかし、使ってみて分かりましたがお得さはクレジットカードによって全く違います。

やはりお得なカードをメインで使っていきたいですよね。

ということで、今回はお得なクレジットカード(楽天カード・PayPayカード・三井住友カード)を書いていきます。

ちなみに、使わなくなったカードは押入れの奥に閉まってあります。

楽天カード

楽天カード」は、誰でも比較的簡単に作れるクレジットカードです。

審査も簡単に通りますからね。

それでいてポイント還元率も高いので、けっこうおススメです。

このところポイントサービスが悪化していますが、楽天ペイと楽天市場でまだまだ使えます。

ポイントサービスの改悪が続きますが…

最近になって、楽天グループ全体でポイントサービスの改悪が続いています。

楽天カードもご多分に漏れず、徐々にポイント還元率が悪くなっているのが残念です。

以前は、1ヶ月の合計で1%のポイント還元がありました。

しかし、2023年11月からは買い物ごとに1%のポイント還元になります。

楽天カード利用獲得ポイント計算方法変更のご案内

これがどういうことかというと、例えば1ヶ月で199円の買い物を100回したとします。

以前なら、1万9900円の1%で199ポイントもらえていました。

しかし、今後は100ポイントしかもらえなくなります。

199円では1ポイントしかもらえませんからね。

これはものすごく極端な例ですが…。

個人的な感想としては「とうとうここまで手を付けてきたか」という感じです。

しかし、それでもまだまだ使い道はあります。

楽天ペイで使う

楽天カードで楽天キャッシュを購入すると、0.5%のポイント還元があります。

楽天キャッシュを楽天カードで購入した場合のポイント進呈について

0.5%は少ないと思うかもしれませんが、それは間違いです。

楽天キャッシュで楽天ペイの支払いをすると、買い物ごとに1%のポイント還元があります。

楽天ペイのコード・QR払いでいつでも最大1.5%還元

なので、結果的に最大1.5%のポイント還元になります。

楽天カード単体で使うよりも、かなりお得です。

1つ注意点として、必ず楽天カード→楽天キャッシュ→楽天ペイで使ってください。

楽天カード→楽天ペイでは、楽天カードでの支払いと同じになります。

お得なキャンペーンも実施

さらに、楽天ペイでは次のキャンペーンを毎月開催しています。

1日11日21日31日はチャージの日! 抽選で楽天ポイント最大全額還元!

これは、毎月決まった日に楽天キャッシュを購入するだけなので簡単です。

それだけで、購入した分の楽天ポイントが還元されるチャンスが生まれます。(最大2万ポイント)

自分も1回だけ、4000ポイントが返ってきたことがあります。

あれは超おいしかったので、虎視眈々と2匹目のドジョウを狙っています(笑)

楽天市場で使う

もう1つ、楽天市場での買い物にも楽天カードは欠かせません。

楽天市場で楽天カード決済すると、ポイント還元率が1%アップします。

楽天カードご利用で+2倍

楽天カード特典分というやつですね。

さらに、楽天カードと楽天銀行を提携させるとポイント還元率が0.5%アップします。

楽天銀行で引落をするとポイント最大+1倍!

もうここまで来ると、楽天経済圏に突入という感じですけどね。

さらに、楽天市場では「お買い物マラソン」というキャンペーンをしょっちゅうやっています。

それも絡めると、ポイント還元率が大幅アップです。

お買い物マラソンの攻略については、「こちらの記事」をご覧ください。

街での買い物は楽天ペイ、ネットショッピングは楽天市場にすればまだまだ楽天カードは使えます。

PayPayカード

PayPayカード」は、クレジットカード単体では使いません。

使い道は、PayPayアプリと公共料金の支払いです。

PayPayアプリで使う

日常で使うとすれば、PayPayアプリのクレジット決済くらいですね。

今でもたまにPayPay決済しかできない店舗がありますので。

そういう店だけで使います。

その時のポイント還元率は1%+αとなっています。

利用特典(PayPayステップ・PayPayカード特典)

PayPayポイントは特に貯めていませんが、現金で支払うよりはマシです。

とりあえず、もらえるものは何でももらっておこうという考えです。

そもそも現金などは、ほとんど持ち合わせていませんからね。

公共料金の支払いに最適

それよりも、PayPayカードは公共料金の支払いに使うのが賢い方法です。

上記のリンクには、特典付与対象外の取引も記載されています。

その中に、公共料金の支払いは含まれていません。

なので、公共料金の支払いでも1%のポイント還元があります。

公共料金の支払いで1%はなかなかもらえません。

あの楽天カードでも、ポイント還元率は0.2%となっています。

公共料金等の楽天カード利用獲得ポイントに関するご案内

国民年金保険料が狙い目

特に狙い目は、国民年金保険料の納付です。

毎月1万6000円ほどの支払いになるので、160ポイントほどゲットできます。

楽な上に納付忘れもなく、さらにポイントがもらえて一石三鳥です。

ちなみに、納付書があればPayPayアプリの請求書支払いでも納付できます。

しかし、先ほどのリンクによるとポイント付与対象外になるようです。

なので、必ずPayPayカード決済で納付しましょう。

三井住友カード

三井住友カード」は、SBI証券で投資信託を積立購入するのに良いカードです。

クレカ積立に使う

三井住友カードで投資信託のクレカ積立をすれば、0.5~5.0%のポイント還元があります。

クレカ積立

ただ、ポイント還元率1.0%以上のカードは年会費がかかってしまいます。

なので、年会費無料の三井住友カード(NL)で十分だと思いますけどね。

ポイント還元率は0.5%になりますが。

それでも毎月5万円まで積立できるので、250ポイントもらえます。

こちらの方も楽な上に買い忘れもなく、さらにポイントがもらえて一石三鳥です。

どこぞの銀行窓口で、高い販売手数料を払って投資信託を買うのとは大違いです。

ただ、それ以外の使い道は特にありませんね。

お得なクレカ申込方法

クレジットカードを新しく作るなら、ポイントサイト経由がお得です。

ポイントサイトを経由するだけで、数千~1万円相当のポイントがもらえます。

個人的に良いと思っているポイントサイトは、下記の4サイトです。

どのサイトも、ポイントサイトではトップレベルのポイント還元率です。

4つとも登録して、その時々でポイント還元が多いサイトを選びましょう。

あまり多くのポイントサイトに登録するのは、ちょっとおススメしません。

ポイントが分散すると、ポイント交換まで時間がかかってしまいます。

何よりも、いちいちポイント還元率の高いサイトを調べるのが面倒です。

なので、登録するポイントサイトは4つくらいでちょうど良いと思います。

楽天カードはキャンペーンを狙う

楽天カードは、公式サイトから作っても5000ポイントもらえます。

しかし、そんなことで喜んでいてはいけません。

楽天カードでは、たまに8000ポイントもらえるキャンペーンを実施しています。

いつやっているかは、下記のバナーを見れば分かります。

[広告]
バナーが8000ポイントになっている時が狙い目です。

たまに7000ポイントの時もありますが、できれば8000ポイントの時を狙いたいものです。

もちろん作る時は、1番ポイント還元の高いポイントサイトを経由して作ります。

両方合わせて、1万円相当のポイントは軽く超えるはずです。

まとめ

今回は、お得なクレジットカード(楽天カード・PayPayカード・三井住友カード)を書きました。

ざっくりまとめると次のようになります。

  • 楽天カード
    ポイントサービスが悪化していますが、楽天ペイと楽天市場でまだまだ使えます。
    ポイントサービスの改悪が続く:以前は、1ヶ月の合計で1%のポイント還元。
    2023年11月からは買い物ごとに1%のポイント還元。
    楽天ペイで使う:楽天カードで楽天キャッシュを購入すると、0.5%のポイント還元。
    楽天キャッシュで楽天ペイの支払いをすると、買い物ごとに1%のポイント還元。
    結果的に最大1.5%のポイント還元。
    お得なキャンペーンも実施:次のキャンペーンを毎月開催。
    1日11日21日31日はチャージの日! 抽選で楽天ポイント最大全額還元!
    毎月決まった日に楽天キャッシュを購入するだけなので簡単。
    楽天市場で使う:楽天カード決済すると、ポイント還元率が1%アップ。
    楽天カードと楽天銀行を提携させるとポイント還元率が0.5%アップ。
  • PayPayカード
    使い道は、PayPayアプリと公共料金の支払い。
    PayPayアプリで使う:今でもたまにPayPay決済しかできない店舗があります。
    ポイント還元率は1%+α。
    公共料金の支払いに最適:公共料金の支払いでも1%のポイント還元。
    国民年金保険料が狙い目:毎月1万6000円ほどの支払いになるので、160ポイントほどゲットできます。
  • 三井住友カード
    SBI証券で投資信託を積立購入するのに良いカード。
    クレカ積立に使う:年会費無料の三井住友カード(NL)で十分。
    ポイント還元率は0.5%。
    毎月5万円まで積立できるので、250ポイントもらえます。
  • お得なクレカ申込方法
    ポイントサイト経由がお得。
    個人的に良いと思っているポイントサイトは、下記の4サイト。
    モッピー
    ハピタス
    ちょびリッチ
    ECナビ
    どのサイトも、ポイントサイトではトップレベルのポイント還元率。
    楽天カードはキャンペーンを狙う:バナーが8000ポイントになっている時が狙い目。
    作る時は、1番ポイント還元の高いポイントサイトを経由して作ります。
    両方合わせて、1万円相当のポイントは軽く超える。
本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の情報は各サイトでご確認ください。

ということで、今回は終わりにします。