【提督の決断II】大本営会議の議題や交渉カード、攻略法について詳しく解説

提督の決断IIはスーパーファミコンでハマりましたが、間違いなく名作ゲームのひとつですね。

大本営会議が面白い

このゲームで一番面白いのは、何と言っても大本営会議です。(人によっては退屈かもしれませんが)

この会議は、毎月1日に総理大臣、参謀総長、外務大臣、大蔵大臣、軍令部総長(自分)の5人で行われます。

議題はその月の外交方針、作戦目標、予算配分、物資配分、兵員配分と重要なことばかりで、5人の多数決で方針が決定します。

しかしこれがなかなか思い通りに行きません。

特に参謀総長は陸・空軍のトップなので、陸・空軍のことしか考えていない提案ばかりしてきます。

当然海軍のトップである自分とは全く意見が合いません。

他の参加者との友好度はゲーム開始時に設定できますが、会議者友好度を低にすると周りは敵ばかりです。

この中で、いかに自分の意見を押し通していくかが大本営会議の面白いところですね。

会議の進め方

会議は、上に書いた5つの議題を順番に決定しながら進められます。

時間は議題ごとに15分間と決められています。

議題の進め方としては、まず出席者全員が自分の提案を発表します。

その後総理大臣、参謀総長、軍令部総長(自分)、大蔵大臣、外務大臣の順でカードを使っていき、カードを使うたびに1分の時間が消費されていきます。

時間がなくなったら議論を打ち切って、多数決を取っていきます。

同数の場合は再び多数決を取り、一番多く賛同を得た案に決定します。

交渉カード

会議は順番にカードを使って進んで行きますが、その時に持っているカードの中から選択して行います。

カードを1枚使うと別のカードが1枚補充されます。

カードはもちろんランダムで配られます。

持ちカードの枚数は地位によって決まっており、目標の達成度などによって毎月の枚数や友好度は変動します。

ゲーム開始時の持ちカードは次のようになっています。

  • 総理大臣:7枚
  • 参謀総長:6枚
  • 軍令部総長:6枚
  • 大蔵大臣:2枚
  • 外務大臣:2枚

もちろん持ちカードが多いほど選択肢が広がるので、交渉を有利に進められます。

交渉カードの種類

交渉カードは8種類あり、自分の順番が回ってきたら持っているカードを使うかいずれかのカードを1枚交換して黙秘するかから選択します。

  • 発言
    自分の案を発表します。
  • 説得
    1人の相手を選んで説得して、相手の提案を引っ込めさせます。
  • 直談判
    1人の相手を選んで直談判して、自分の提案に賛同させます。
  • 裏取引
    全員に自分の提案に賛同するよう迫ります。
  • 拒否
    説得、直談判、裏取引で拒否する時に使います。
  • 振り
    振った相手に強制的に順番を回したい時に使います。
  • 延長
    時間を延長したい時に使います。延長する時間は総理大臣が決めます。
  • 時間稼ぎ
    席を外して時間稼ぎします。何分減るかはランダムです。

自分の意見を押し通すには?

米国との戦いでは海軍が主力となり、陸・空軍はほとんど役に立ちませんのでできるだけ海軍力を上げなければいけません。

そのためには、大本営会議でできるだけ海軍有利になるように予算や資材、兵員を確保する必要があります。

しかし自分の意見に全員賛同させるのはなかなか大変です。

そこで考えることとしては、3票あれば絶対に自分の案が通るので2人を自分の案に賛同させることを目標にします。

それが無理な場合は、とりあえず1人は自分の意見に賛同させておくことを目標にします。

そうすれば案が4つの時は絶対に自分の案に決まりますし、案が3つの時でも決選投票に持ち込めます。

決選投票で勝てるかどうかは浮動票を持っている人との友好度で決まるので何とも言えませんが、チャンスはあります。

裏取引は残り時間5分以下で使う

交渉カードで1番威力があるのは、何と言っても裏取引カードです。

このカードを最初から持っている場合は、ほぼ自分の案が通ると思って間違いないでしょう。

注意すべき点は、裏取引するまでに自分の提案を消されないように拒否カードを切らさないようにすることだけです。

残り時間が5分くらいになってから裏取引で一気に賛同者を増やせれば、もう勝ったも同然です。

大蔵大臣と外務大臣を狙う

総理大臣や参謀総長は持ちカードが多いので、最後まで自分の味方にしておくのは大変です。

説得や直談判をしてもほとんど拒否されますし、こちらの意見を吞んだとしても自分の番が来ればまた自分の案を発表してしまいます。

そこで狙いを付けるのが大蔵大臣と外務大臣です。

この2人は持ちカードが少なく、拒否カードを持っていない可能性が高く自分の意見に賛同させやすいからです。

できれば制限時間ギリギリで、直談判カードを使って仕留めたいところです。

延長と時間稼ぎをうまく使う

議題によっては、持ちカードがショボくて時間が少なくなっても思うようにいっていないこともあります。

そういう時は、延長カードがあるなら時間を延長して持久戦に持ち込みましょう

延長時間は総理大臣の一存で決まりますので何とも言えませんが、多い時は10分ほど伸びることもあります。

その間にいいカードが手元に来るのをジッと待つしかありません。

逆に自分の意見が他の意見より1人でも多く賛同を得ている時は、さっさとその議題を終わらせる工作をします。

時間稼ぎカードを持っているのなら、時間稼ぎして時間切れを狙いましょう。

5分くらいは時間を稼げます。

時間切れにする時は、できるだけ総理大臣に順番が回る前に終わらせるのがベストです。

総理大臣はカードを豊富に持っていますので、最後に裏取引などされたらひとたまりもありません。

タイトルとURLをコピーしました