【提督の決断II】大本営会議の内容と攻略方法について詳しく解説

提督の決断IIは、間違いなく光栄の名作ゲームの1つですね。

ゲーム内容

提督の決断IIは、1995年2月17日に光栄から発売されました。

スーパーファミコン以外にも、セガサターンやプレステで発売されています。

大東亜戦争をテーマとした戦争シミュレーションゲームです。

ゲーム開始時に日本かアメリカを選び、相手国を降伏させます。

自分は海軍のトップとなり、艦隊を編制して敵艦隊を打ち破っていきます。

アジア・オセアニア・太平洋・北アメリカ大陸など、戦闘は広範囲にわたって行われます。

史実に即すると日本は圧倒的に不利な立場ですが、それでアメリカに勝てた時は快感です。

大本営会議が面白い

玩具_見出し2

このゲームは艦隊を指揮するのも面白いですが、何と言っても1番面白いのは大本営会議でしょう。

異論は受け付けますけどね。

この会議は、毎月1日に行われます。

メンバーは総理大臣・参謀総長・外務大臣・大蔵大臣・自分(軍令部総長)の5人です。

今のは日本の場合ですが、アメリカも同じようなメンツです。

軍令部総長とは、簡単に言えば海軍のトップです。

史実では、永野修身海軍大将がその役職に就いていました。

ちなみに陸軍のトップは参謀総長ですが、海軍と協力する気は微塵も感じられません。

陸軍が有利になるような提案ばかりしてきますので、ハッキリ言って邪魔な存在です。

そういう意味では総理大臣の東條英機も元陸軍ですので、参謀総長寄りですが…。

議題は外交方針・作戦目標・予算配分・物資配分・兵員配分の5つです。

誰の提案が採用されるかについては、5人の多数決で決まります。

メンバーとの友好度はゲーム開始時に設定できますが、「低」にすると周りは敵ばかりです。

この中でいかに自分の意見を押し通していくかが、大本営会議の面白いところですね。

会議の進め方

大本営会議は、総理大臣の司会進行で進められます。

上記で書いた5つの議題について、順番に方針を決めていきます。

時間は1つの議題につき15分ですが、総理大臣の判断で時間延長は可能です。

議題の進め方は、次のような流れになります。

  1. 1人ずつ提案を発表
  2. 総理→参謀→軍令→大蔵→外務→総理…の順番で持ちカードを切っていく
  3. 持ちカードを切るたびに1分消費
  4. 時間切れになったら多数決を取る

賛成が同数の場合は再び多数決を取り、最終的に1番多くの賛成があった提案が採用されます。

交渉カード

会議は、順番に自分の持ちカードを1枚ずつ切って進んで行きます。

1枚切ると、ランダムで1枚補充されます。

切りたいカードがなければ、カードを捨てることも可能です。

その時は、無言で1分消費します。

メンバーの持ちカードは、ゲーム開始時点で次の枚数になっています。

  • 総理大臣:7枚
  • 参謀総長:6枚
  • 軍令部総長:6枚
  • 大蔵大臣:2枚
  • 外務大臣:2枚

当然ながら、持ちカードが多いほど選択肢が広がりますので有利です。

なお、持ちカードは作戦の成否により増減していきます。

交渉カードの種類

交渉カードは8種類あります。

  • 発言
    自分の提案を発言するカードです。
    説得されたあとに使います。
  • 説得
    相手に提案を引っ込めさせます。
    拒否できない場合、自分の提案がなくなります。
  • 直談判
    相手に自分の提案に賛同するよう迫ります。
    拒否できない場合、相手の提案に賛同することになります。
  • 裏取引
    全員に自分の提案に賛同するよう迫ります。
    拒否できない場合、相手の提案に賛同することになります。
    最強のカードです。
  • 拒否
    説得・直談判・裏取引を拒否します。
    必ず1枚は持っておきたいカードです。
  • 振り
    強制的に振った相手の順番になります。
    順番を変えたい時に使います。
  • 延長
    時間延長したい時に使います。
    何分延長するかは総理大臣が決めます。
    最大で10分延長されます。
  • 時間稼ぎ
    時間稼ぎしたい時に使います。
    何分減るかはランダムです。
    最大で5分短縮されます。

自分の提案を押し通す方法

玩具_見出し3

アメリカとの戦いは、主に太平洋で行われます。

そうなると海軍が主力となり、陸軍はほとんど役に立ちません。

なので、できるだけ海軍力を上げなければいけません。

そのためには、大本営会議で海軍の意見を押し通す必要があります。

しかし、自分の意見を押し通すのはなかなか大変です。

まずは、多数決で何票取れば勝てるのかをチェックしておきましょう。

  • 1案→多数決せずに勝ち。
  • 2案→3票で勝ち。
  • 3案→3票で勝ち。2票の提案が2つの時は再び多数決。
  • 4案→2票で勝ち。
  • 5案→?

これを見ると、3票で勝てることが分かります。

まあ5人なので、当たり前ですが。

2票で勝てるのは、4案の時だけです。

なので目標は、自分以外に2人味方に付けることです。

それが無理な場合は1人でも味方にしておきましょう。

そうすれば案が4つの時は勝てますし、案が3つの時でも決選投票に持ち込めます。

ただ、決選投票になった場合に勝てるかどうかは友好度しだいですけどね。

裏取引は残り時間5分以下で使う

交渉カードの中で1番破壊力があるのは、間違いなく裏取引カードです。

何と言っても1枚で全員に働きかけられますからね。

相手が拒否カードを持っていなければ、自分の提案に賛同するしかありません。

外務大臣と大蔵大臣はカードが少ないので、拒否できない可能性は十分あります。

ただ総理大臣と参謀総長はたくさんカードを持っていますので、どちらかは拒否するでしょうが。

このカードが運良く手に入った時は、使うタイミングに注意しましょう。

あまり早い時間に使うと、簡単に覆されます。

できるだけ終わる時間ギリギリ、5分を切ったところで逃げ切りを図りましょう。

1つ注意点として、裏取引するまでに自分の提案を消されないように気を付けましょう。

自分の提案を消されてしまっては、裏取引しても意味がありません。

なので、拒否カードを切らさないようにしましょう。(と言ってもどうしようがありませんが)

狙いは大蔵大臣と外務大臣

総理大臣や参謀総長は持ちカードが多いため、自分の提案に賛同させるのはほぼ無理です。

なので、この2人はとりあえず放っておきます。

狙いを付けるのは、大蔵大臣と外務大臣です。

この2人は持ちカードが少ないですからね。

この2人を味方に付ければ3票になりますので、多数決で絶対勝てます。

直談判カードを持っている場合は、必ずどちらかに使いましょう。

説得カードしかない場合は、総理大臣や参謀総長に使うのもアリです。

拒否される可能性大ですが、拒否カードを1枚削れます。(すぐに補充されているかもしれませんが)

延長と時間稼ぎを上手く使う

議題によっては、自分の持ちカードがショボすぎる時があります。

そういう時は延長カードで持久戦に持ち込みましょう。

延長時間は総理大臣の一存で決まりますが、多い時は10分延長されます。

その間に良いカードが来るのを祈るしかありません。

逆に自分の提案が通っている時は、さっさとその議題を終わらせましょう。

時間稼ぎカードを持っているのなら、時間稼ぎして時間切れを狙います。

最大で5分時間を稼げます。

ということで、今回は終わりにします。