【ポール・マッカートニー】ビートルズ後期の曲について好き放題語ってみる

前回からの続きです。

The Beatles

ビートルズ9作目のアルバムで、1968年11月に発売されました。

このアルバムはジャケットが真っ白なので、俗にホワイトアルバムと言われていますね。

このアルバムで完全にポールの作と思われる曲は11曲ありますが、曲の質が高いかと問われると「うーん」と言う感じです。

まずアルバムのオープニングを飾る「Back In The U.S.S.R.」ですが、この曲はポールにしてはロックしている感じでなかなかいい曲です。

ポールのリードギターがカッコいいですが、形だけならけっこう簡単にカバーはできます。

「Ob-La-Di, Ob-La-Da」はポールが大好きそうな(ジョンが大嫌いそうな)軽いノリのレゲエっぽい曲です。

最初は好きでしたがもう飽きました。

「Wild Honey Pie」「Martha My Dear」「Honey Pie」辺りはすっ飛ばしてもいいでしょう。

ただ「Rocky Raccoon」はそこそこ好きです。

曲自体はどうと言うことはありませんが、ポール得意の物語風の歌詞というやつです。

「Why Don’t We Do It In The Road?」は無視するとして、次の「I Will」を無視するわけにはいきません。

この曲は短いですが甘過ぎず辛過ぎず良い曲なので、ぜひ聴いてほしいと思う曲のひとつです。

「Blackbird」「Mother Nature’s Son」は曲自体もまあまあですが、それよりも昔ギターを練習したことをよく覚えていますね。

けっこう難しかった記憶がありますが、頑張れば弾き語りもできるようになります。

「Helter Skelter」は好きな人も多いようですが、個人的にはただやかましいだけなので全く惹かれません。

Yellow Submarine

ビートルズ10作目のアルバムで、1969年1月に発売されました。

このアルバムはアニメのサウンドトラックですね。

ここでポールは「All Together Now」という曲を発表しています。

いかにもキッズ向けの音楽と言う感じで、もしかすると「ひらけ!ポンキッキ」で流れていたかもしれませんね。(詳細は不明)

このアルバムではそんなところです。

Abbey Road

ビートルズ11作目のアルバムで、1969年9月に発売されました。

実質的にビートルズ4人が集まって作った最後のアルバムですね。

このアルバムは前半が普通の曲、後半は短い曲のメドレーになっています。

ポールは前半2曲、後半はたくさんの曲を披露しており、それなりの存在感は示しています。

まず「Maxwell’s Silver Hammer」はジョンに言わせると「おばあちゃんソング」と言うことになるのでしょうが、個人的には普通にいい曲だと思いますけどね。

シンセサイザーが入っているからか、全体的に音がそれほど軽くなっていないからかもしれませんが。

次の「Oh! Darling」は、客観的に聴くと間違いなくいい曲でしょう。

ただ個人的にポールのシャウトは好みではありませんので、じっくり聴いたことはありませんけど。

ここはジョンが後年のインタビューで語っていた通り、ジョンに歌って欲しかったですね。

あとはメドレーですけど、未完成の曲を寄せ集めたという感じで特筆するようなことは特にありませんね。

どれも良いと言えば良いのですが、そこそこと言えばそこそこと言った感じです。

それにしてもポールはこういう短い曲のメドレーがけっこう好きですよね。

ソロ作品ですが「Band on the Run」という曲もメドレー構成になっていますからね。

Let It Be

ビートルズ12作目のアルバムで、1970年5月に発売されました。

このアルバムの録音自体は「Abbey Road」の前のようですが、事実上最後に発売されたラストアルバムです。

このアルバムでのポールは、さすがという感じです。

まずオープニングを飾る「Two Of Us」は、個人的にはかなり好きな部類に入る曲です。

アコースティックギターを前面に出したサウンドもいいですし、エレキギターをベース代わりに弾いているところも渋いですよね。

「Let It Be」はシングルとのバージョン違いが収録されていますが、シングルよりリードギターが少し激しくなっていますね。

こちらの方がいいという意見もよく見かけますが、自分はシングルバージョンの方が好きです。

「I’ve Got A Feeling」は後半ジョンの曲と重ねてますが、ハッキリ言って余計なことをしてくれたなと言う感じですね。

ポールの部分だけで十分いい感じだったので、最後までポール単独で行って欲しかったですね。

「The Long And Winding Road」も好き嫌いは別として、素晴らしい曲と認めざるを得ないでしょう。

「Let It Be」の代わりにシングルカットしていても、同じくらいヒットしていたのではないかと思える作品です。

ポールはフィル・スペクターにオーケストラをオーバーダビングされて怒っていたようですが、個人的には曲によく合っていると思います。

Get Back」も曲の最初と最後にメンバーの会話が付け足されていますが、上手くアクセントとなっていてシングルより好きです。

Past Masters Vol.1

Past Mastersはアルバムに収録されていないシングル曲などを寄せ集めたものです。

曲数が多いので、Vol.1とVol.2に分けられています。

Vol.1の方は初期の作品が多いので、共作とは言ってもどうしてもジョン主導で書かれたものが多くなってしまいますね。

その中で、ポールの曲を探すとなると「She’s A Woman」ですね。

これはなかなかカッコいい曲で、「I Feel Fine」にシングルA面は譲りましたけど両A面でも良かったくらいの曲ですね。

Past Masters Vol.2

Vol.2になると逆にポールばかりで、ジョンはあまり目立ちません。

「We Can Work It Out」「Paperback Writer」「Lady Madonna」などどれも良い曲ですが、やはり一番は「Hey Jude」になるのでしょうね。

個人的には長ったらしい曲で退屈としか思いませんが、抜群の人気がありますよね。

あと「Get Back」「Let It Be」のシングルバージョンも入っています。

「Let It Be」はポールの有名な曲の中では珍しく好きな曲なので、今でもたまに聴いていますね。

アルバムバージョンより控えめでよく曲に合っているリードギターも良い感じです。

とここまでビートルズのポールについて語ってきましたが、コアなファンの方にとっては物足りない記事だったかもしれませんね。

しかし決して認めていないというわけではありませんので、そこはご容赦ください。

タイトルとURLをコピーしました