【プロ野球チームもつくろう!】勝てるチームを作るためのゲーム戦略

プロ野球チームもつくろう!(SS)で、最強のチームを作る方法について考えてみました。

トレード戦略

このゲームで一番重要なのは、トレード戦略です。

トレードを制する者は、このゲームを制します。

欲しい選手はドラフト会議で獲得するのではなく、2年後にトレードで獲得します。

なぜ2年後かというと、1年目の選手はトレード不可であるからです。

トレードを駆使することによって、ドラフト会議は見に行くだけで良くなります。

トレードの実施期間

トレードの実施可能期間は2~8月です。

相手からの回答に要する時間は2月のみ1.5週間、3~8月は3週間となっています。

一度にできるトレード交渉は1つなので、1シーズンでできるトレードは12回になります。

ゲーム1年目

ゲーム開始直後は、どこのチームを選んでもなかなか勝てません。

ということで、5年後を睨んだチーム作りを目指します。

26歳以上の選手はトレード

26歳以上の選手は全部トレードに出してしまいます。

その理由は2つです。

  1. 育てられない
  2. 年俸が高い

ゲーム開始直後は練習施設も揃っていないので、26歳以上の選手は育つ前に衰えます。

それに年俸が高いので、維持費が多くかかります。(年俸18000万円の落合が最たる例)

なので、ここは割り切って26歳以上の選手は全部トレードしてしまいましょう。

トレード相手は若手を狙う

トレードの相手は、まだパラメータが上がっていない若手選手を狙います。

評価値が高くないので取りやすく、徐々に成長させていけば長く活躍してもらえるためです。

狙い目の選手は下記です。

投手
氏名年齢(歳)ポジション利き腕在籍年数(年目)年俸(万円)チーム
矢野 諭20投手右投2500ファイターズ
石井 弘寿21投手左投3500スワローズ
横山 道哉21投手右投3500ベイスターズ
小野 仁22投手左投21200ジャイアンツ
横山 竜士22投手右投4500カープ
福盛 和男22投手右投4500ベイスターズ
黒田 博樹23投手右投21200カープ
戸叶 尚23投手右投61200ベイスターズ
田中 由基23投手左投5500カープ

中でも横山道哉は球史に残ると言われるほど成長しますので、絶対に獲りたい一人です。

野手
氏名年齢(歳)ポジション利き腕在籍年数(年目)年俸(万円)チーム
岩村 明憲19内野手左打2500スワローズ
中村 豊25外野手右打31200ファイターズ
西浦 克拓24内野手右打6500ファイターズ
今岡 誠24内野手右打21200タイガース
佐竹 学24内野手右打2800ブルーウェーブ
荒木 雅博21内野手右打3500ドラゴンズ
大村 直之22外野手左打51200バファローズ
清水 将海23捕手右打21200マリーンズ
福浦 和也23内野手左打5500マリーンズ

岩村、中村、西浦の3人は成長すれば3割30本前後を期待できるので、是非とも獲っておきたい選手です。

抱き合わせ商法で

選手はロートルになると評価値がガクッと下がってしまうので、正直若手との1対1のトレードは難しくなってきます。

なので、複数のロートル選手と若手の交換を積極的に狙っていきましょう。

例として、自分が1年目に成功したトレードを挙げておきます。

元チームはホークスです。()内は年齢。

  • 対ファイターズ: 若田部(29)吉田(32)ロペス(34) ⇔ 矢野(20)西浦(24)
  • 対ベイスターズ: 工藤(35)長冨(37) ⇔ 横山(21)
  • 対ジャイアンツ: 武田(33)木村(33) ⇔ 小野(22)
  • 対タイガース: 田之上(27)山崎(32)村松(26) ⇔ 井上(23)今岡(24)
  • 対カープ: 吉永(29) ⇔ 黒田(23)
  • 対ブルーウェーブ: 浜名(29)若井(35) ⇔ 谷(25)
  • 対ファイターズ: 柳田(29)湯上谷(32) ⇔ 中村(25)
  • 対ヤクルト: 大道(29)秋山(36) ⇔ 岩村(19)

評価値の合計は、全てこちらが10以上は上回るように配慮しています。

これで1回も決裂はしませんでした、たぶん運が良かったのでしょうけど。

ゲーム中盤

ゲーム中盤になると、いい選手が揃ってきますがベテランになる選手も出てきます。

ベテランの定義は、個人的に31歳と決めています。

早熟な選手もいますが、だいたい32歳から能力が少しずつ落ちていきます。

ドラフトで獲得した選手でうまく入れ替えられれば理想的ですが、他の球団との絡みもあるのでそれだけではほぼ無理です。

なので、ベテランになった選手の入れ替えはトレードで実施します。

トレードで狙う相手は、ズバリ同じポジションの一昨年のドラフトの目玉選手です。

まだ2年目なのでそんなに評価値も上がっておらず、Sランクの選手でも獲得は難しくありません。

こちらの選手はまだ能力が絶頂期なので、評価値で負けることはほとんどないと思います。

ポイントとしては、毎年のドラフト会議の結果を逐一メモっておくことです。

AランクはSランクと交換

こういうトレード戦略をしていると、たまに同ポジションの3人が同時に31歳になってしまうことがあります。

そういう時はSランク1人、Aランク2人との交換になることもあります。

仕方なくAランクの選手を獲得することになりますが、その選手は次の年以降のトレード要因としてキッチリ育成しましょう。

そして次の年以降にSランクの選手が現れた時に、トレードしてしまいます。

理想は30歳以下のSランク選手だけのチームにすることです。

トレードの裏技

トレードを申し込む前に、自分の選手と相手側の選手の評価値をチェックできます。

  • トレードが申し込まれた時
    まず、スタート+XYZを押しながら「うけない」を押す。
    次に、スタート+LRを押しながら「うける」を押す。
    すると資金のところの数字が変わり、億の左に自選手、右に相手選手の評価値が表示される。
  • トレードを申し込む時
    まず、スタート+XYZを押しながら「やめる」を押す。
    次に、スタート+LRを押しながら「申込」を押す。
    すると資金のところの数字が変わり、億の左に自選手、右に相手選手の評価値が表示される。

ただし、こちらの評価値が高いからと言って必ずトレード成立するわけではありません。

逆に、こちらの評価値の方が低くてもトレード成立する場合もあります。

ドラフト戦略

ドラフト会議では、選手が足りない序盤しか選手を獲得しなくてもOKです。

その理由を書いていきます。

1年目に減った選手の穴埋めを

選手の保有枠は投手14人、野手14人までです。

しかし1年目はロートル選手をたくさん放出するため、だいぶ選手の数が減っていると思います。

ドラフト会議は1年目に減った選手枠をひたすらMAXまで増やすために使います。

理想的な割り振り

野手の理想的な割り振りは、個人的に下記のように考えています。

  • 捕手:3人
  • 内野手:6人
  • 外野手:5人

ドラフト会議では、足りないポジションの選手を補充していくようなイメージです。

取る選手のランクはもちろん高い方がいいですが、別にEランクになっても構いません。

とにかく最初の数年は3位までしっかり指名して、数を揃えていくことが重要です。

そういう選手でも1年しっかり鍛えれば、次の年にSランクの選手とトレードすることも決して不可能ではありません。

現に自分はBランクの浮田とSランクの篠塚を一発で交換出来ました。

選手が28人になったら

1年目に減った選手が28人まで回復したら、ドラフト会議での選手獲得は不要になります。

その頃には、年齢だけ重ねた能力値が低いロートル選手は自チームにいなくなっているはずです。

なので、31歳になった能力値の高い選手を順番に若手との1対1のトレードに出していくだけで事足ります。

しかし、ドラフト会議には参加するようにして下さい。

参加しておかないと、どの選手がどの球団に入ったかが分からなくなりますからね。

選手を指名するというより、有望な選手(2年後にトレードで取る選手)がどこに入ったかを確認するために参加します。

キャンプ戦略

いろいろな意見があるでしょうが、キャンプ地はエジプトとアマゾンを交互にするのがいいと思います。(Aクラスにならないと選べませんが)

とにかく「とことん」練習させまくるのが大事です。

リセット有りのプレイなら、キャンプ期間中は一度も休ませなくてもOKです。

もし選手がケガをしたら、ためらわずにリセットしましょう。

リセット無しでのプレイなら、秘書から疲れが溜まっている選手がいると報告を受けたら休ませましょう。

野手

野手はやはり守備と打撃が大切です。

守備練習8回と打撃練習8回を「とことん」練習させます。

打撃練習は落合、張本、長嶋、王氏のいずれか(落合がベスト)を野手コーチにして、2~3年間特別練習で鍛えればいい打者に育ってきます。(もちろん個々の素質によりますが)

下記に分かっている範囲での野手コーチの情報を記載しておきます。

氏名年俸特別練習
野村 克也22000頭を使い、いかに打ち、いかに走るか、捕手にはリード法を教えます
落合 博満22000三冠王になるために必要な、打撃技術を叩き込みます
長嶋 茂雄20000常勝を目指すために、選手の全ての面を鍛えます
張本 勳男15000打撃の猛特訓を行い、ダイナマイト打線の中核打者を育成します
古葉 竹識15000なし
伊東 勤15000捕手には投手のリード法、他の野手には投手の配球の読みを教えます
吉田 義男10000牛若丸と呼ばれるほどの華麗な守備を伝授します
清原 和博10000打った打球をいかに遠くに飛ばすかを教えます
王 貞治10000真剣を振ることによって、バットコントロールと精神を鍛えます
高木 守道10000なし
大矢 明彦10000捕手には投手のリード法、他の野手には投手の配球の読みを教えます
木俣 達彦9500なし
松井 稼頭央9500なし
土井 正三9500バント等の小技も選手には必要。小技を基礎から教えます
山田 貫太郎9500プロは守備も華麗でなくてはならない。華麗な守備を伝授します
中畑 清9000いつでも絶好調宣言、人気の秘訣と勝負強い打撃を伝授します
上田 利治9000エエデ!エエデ!と言われるくらいのいい場面での活躍を狙わせます
近藤 昭仁9000ここで1点という時に必要なスクイズの技術講座を行います
福本 豊9000投手のモーション盗みから走り方まで、盗塁の極意を伝授します
安藤 統男9000なし
大石 大二郎9000なし
土井 正博9000なし
藤尾 茂9000なし
守 陸9000なし
篠塚 和典9000ヒットからHRの打ち方まで、打撃の奥義を伝授します
原 辰徳9000技とルックスを共に鍛え、若大将の襲名候補を育成します
若松 勉8500職人的打撃を伝授します
数 輝秀8500タイトルを毎年取れるほどになれるよう、守備技術を鍛えます
長池 徳士8500投手との駆け引き、打つ球種の見極め方などを教えます
笠原 剛8500なし
加藤 英司8500なし
正田 耕三8500なし
谷繁 元信8500なし
中尾 孝義8500なし
中村 紀洋8500なし
前田 智徳8500なし
三村 敏之8500なし
八重樫 幸雄8500なし
谷澤 健一8500なし
山倉 和博8500なし
山崎 裕之8500なし
吉永 幸一郎8500なし
若菜 嘉晴8500なし
井口 忠仁8500バント等の小技も選手には必要。小技を基礎から教えます
江藤 智8500ヒットからHRの打ち方まで、打撃の奥義を伝授します
和田 豊8500ヒットを量産すべく。もっている全ての技を伝授します
梨田 昌孝8500幻のこの打法を伝授し打撃技術の向上を目指させます
平野 謙8000肩を徹底的に鍛えて、送球のスピードをアップさせます
藤井 康雄8000芸術的なHRの打ち方を教えます
一枝 修平8000選球眼から配球の読みまで、頭脳で相手を苦しませることを教えます
岡田 彰布8000千両役者と呼ばれるよう、ファンサービスの心を教えます
山本 和範8000体力面を徹底的に鍛え、シーズンを戦い抜けるだけの体をつくります
小林 修作8000天才的打撃の秘密を選手たちに公開します
須藤 豊8000なし
角 富士夫8000なし
中村 勝広8000なし
中村 武志8000なし
野村 謙二郎8000なし
馬場 敏史8000なし
弘田 澄男8000なし
堀 幸一8000なし
水谷 実雄8000なし
簑田 浩二8000なし
八木 裕8000なし
新井 宏昌7500打撃職人の技を伝授します
新庄 剛志7500打撃には思いっきりが重要。思いっきりのいい打撃を伝授します
大島 康徳7500なし
片平 晋作7500なし
島田 誠7500なし
鈴木 健7500なし
高木 由一7500なし
長崎 慶一7500なし
横田 真之7500なし
山下 大輔7500野球の基本、守備を徹底的に鍛えます
金森 栄治7000HRもキャッチするほどの守備を身につけさせます
高田 繁7000HRもキャッチするほどの守備を身につけさせます
松本 匡史7000青い稲妻と呼ばれるような走塁技術を身につけさせます
池山 隆寛7000打撃には思いっきりが重要。思いっきりのいい打撃を伝授します
石井 浩郎7000とにかく相手を力でねじ伏せるような打撃を教えます
木戸 克彦7000なし
高沢 秀昭7000なし
竹之内 雅史7000なし
内藤 博文7000なし
袴田 英利7000なし
広瀬 哲朗7000なし
山崎 隆造7000なし
山本 一義7000なし
初芝 清6500なし

投手

2月中はエジプトとアマゾンの特別練習を交互に実施します。

3月は走り込み×2、変化球の特訓×2,投げ込み×2、筋力トレーニング×1、駆け引き学習×1を「とことん」練習させるのがいいと思います。

特別練習は特にいらないと思うので、年俸の高いコーチなら誰でもいいんじゃないかと思います。

下記に分かっている範囲での投手コーチの情報を記載しておきます。

氏名年俸特別練習
野村 克也22000頭を使い、いかに打者を打ち取るかを学ばせます
秋山 登15000なし
稲尾 和久15000連投に耐えられるだけの体力の育成と球速、球威の向上をはかります
小林 繁10000頭を使ったカシコイ投球術を教えます
東尾 修9500ここ一番という時に相手に打ち勝てるような勝負の勘を伝授します
星野 仙一9000いかに自分を奮い立たせ、ここ一番に強くするかを鍛えます
村田 兆治9000独特の投球法を学ばせ、フォークを中心に変化球も強化します
加藤 初9000どんな状況でも動じない精神力と、しっかりとした投球術を教えます
皆川 睦雄9000変化球、制球力を駆使し、粘り強く打者と対峙する方法を教えます
工藤 公康9000やんちゃ坊主に例えられるような、力のピッチングを教えます
堀内 恒夫9000やんちゃ坊主に例えられるような、力のピッチングを教えます
小松 辰雄8500アジアの超特急とも例えられるような剛球を伝授します
小山 正明8500なし
杉浦 忠8500なし
古沢 憲司8500なし
安田 猛8500七色の魔球の秘密を伝授します
土橋 正幸8500ピンチに陥ったときの気合の入れ方を伝授します
桑田 真澄8500ボールと友達になって、自在にボールを操る方法を伝授します
米田 哲也8500連投にも耐えられるだけの体力をつけ、技術面での強化もはかります
権藤 博8000頭の全てを駆使した超投球術を選手に植え込ませます
藤田 学8000頭を使ったカシコイ投球術を教えます
大野 豊8000完璧な制球の前には恐いものなし!制球を鍛えまくります
寺岡 誠二8000速球王と呼ばれるほどまでの球速アップを目指させます
斎藤 雅樹8000投球術、変化球を駆使して確実に打者を打ち取る方法を教えます
遠藤 一彦8000長年かかって開発した投球理論を選手たちに講義します
安仁屋 宗八8000なし
小宮山 悟8000なし
斎藤 隆8000なし
西崎 幸広8000なし
松沼 博久8000なし
山本 昌8000なし
斉藤 明夫7500ストッパーとして必要な度胸、技術を叩き込みます
佐々岡 真司7500セーブ王になるのに必要な勝負強さや制球等を伝授します
石岡 康三7500なし
潮崎 哲也7500なし
新浦 壽夫7500なし
八木沢 壮六7500なし
藪 恵壹7500なし
山久 三伸7500なし
若生 智男7500なし
外木場 義郎7500ピンチになればなるほど燃える、熱血投球術を伝授します
西村 忠仁7500ボールと友達になって、自在にボールを操る方法を伝授します
赤堀 元之7000なし
小鳥 遊美奈7000なし
高橋 一三7000なし
福本 疾風7000なし
角 盈男7000人気がなくちゃ、選手として失格!選手の魅力をアップさせます
鈴木 孝政6500相手をのらりくらりとかわす、軟らか投球を伝授します
山本 和行6500セーブ王になるのに必要な勝負強さや制球等を伝授します
尾花 高夫6500なし
川端 順6500なし
園川 一美6500なし
松沼 雅之6500なし
宮田 征典6500なし
森 繁和6000相手に合わせて、バリエーションに富んだ繊細な投球が出来るように鍛え上げます
大石 清6000なし
神部 俊和6000なし
佐野 貴久6000なし
高村 祐6000なし
森田 誠6000なし

経営戦略

設備については、基本的に安いものから揃えればいいと思います。

参考として、値段の安いものから順番に書いておきます。

同じ値段のものは維持費の安いもの順にならべてあります。

  1. 売店×5(1店3000万円)
  2. ピッチングマシンA(5000万円)
  3. まと(5000万円)
  4. ダンベル&鉄アレイ(8000万円)
  5. ミーティング室(2億円)
  6. ピッチングマシンB(2億円)
  7. 養成ギプス(2億円)
  8. トレーニングマシーン(3億円)
  9. マッサージ室(3億円)
  10. アメリカ芝(3億円)
  11. 駐車場(5億円)
  12. ナイター設備(5億円)
  13. 医療室(6億円)
  14. 筋力ロボ(10億円)※
  15. 剛球ロボ(10億円)※
  16. 強打ロボ(10億円)※
  17. 小球場増築(10億円)+売店×3(1店3000万円)
  18. 室内練習場(12億円)
  19. レストラン(15億円)
  20. プール(15億円)
  21. 温泉(15億円)
  22. サブグラウンド(20億円)
  23. 中球場建設(40億円)+売店×2(1店3000万円)
  24. 中球場増築(15億円)+売店×5(1店3000万円)
  25. ホテル(50億円)

※ セールスマンが売りに来たら買う

7月以降はお金を貯める

ペナントレースは9月でだいたい終わってしまうので、優勝でもしていない限り10月以降は試合が少なくなってしまいます。

そうなると、10月は極端に収入が減ってしまいます。

ですが、11月以降に来季の戦力補強があるため、契約金で多額の出費をしなければいけない時もあります。

そこでお金が十分にないと欲しい選手をあきらめることになってしまうので、最低でも中球場ができるまで7月以降はできるだけお金を貯めるようにしましょう。

次の年の2月になり資金が思った以上に余っていたら、そこで設備投資していけばいいわけです。

テレビ局の放映権料が重要

お金を貯めるには、意外にテレビ局の放映権料が重要です。

どんぞこテレビやあかまるテレビと契約しているようでは、お金はなかなか貯まりません。

最低でもあっぱれテレビと契約しておきたいところです。

そのためには、とにかくペナントレースの順位を3位以上に保つしかありません。

何度かリーグ優勝すれば、その上のダントツテレビ、サテライトップとも契約できるようになります。

そうなれば、もうほとんど黙っていてもお金が貯まるようになります。

試合戦略

どうすれば試合に勝ちやすくなるのかを説明します。

監督の能力が重要

いい選手を揃えても、指揮を執るのは監督です。

監督はとにかくお金を惜しまず、年俸の高い人を雇うようにしましょう。

自分の経験で言うと、木俣監督(年俸9500万)から伊東監督(年俸15000万)に代えた途端に5位に低迷していたチームが最終的に優勝争いに絡みました。

自分で指揮を執る

それでもなかなか勝てない場合は、試合に口出しをしましょう。

そうすると、ピンチやチャンスの時に指示ができるようになります。

特にどれを選べばいいかは決まっていませんが、どれを選んでも監督に任せるよりはいい結果が出やすくなる感じです。

オーナー賞を出す

オーナー賞を出すというのもひとつの方法です。

自分はケチなので日本シリーズ以降しか出していませんが、大事な試合は1億円とか出してみるのもいいかもしれませんね。

打者はそんなに変わる印象はありませんが、投手が打たれにくくなるような気がします。

タイトルとURLをコピーしました