【エアーマネジメントII 航空王をめざせ】東京を本社にした時の攻略方法

レベル5の2000年のシナリオで東京を本社にしてプレイする時の攻略法を書いてみました。

東南アジアエリア内の路線構築


ゲーム開始時は東京に36スロットの空きがあって周辺の都市にもちょうど36スロットの空きがありますので、とりあえず全部路線を結びます。

その目的はただ1つです。

  • エリア内のシェアで1位を取るため

後々エリア間の路線で大きく儲けるには、エリア内でも1位の旅客者数を確保しておくことが必要になります。

エリア内の航空機については、とりあえず全てMD100を使います。

座席数は200席と少なめですが燃費も良く航続距離は7,500kmありますし、何よりも安いのが魅力です。

エリア内はこの先も大量に航空機が必要になりますので、これくらいでちょうどいいです。

最高のVR体験を【VALVE INDEX】

東京⇔エリア間の路線構築


エリア内での路線構築はとりあえずそのくらいにして、次は早々に東京⇔他エリア間の路線を構築します。

理由は2つあります。

  1. 儲かる
  2. エリア間で1位のシェアを取ると大都市で14スロットの交渉ができる

エリア間の路線は大都市間を接続するため乗客が多く、航続距離も長いため料金を高く設定でき儲かります。

またエリア間のシェアを1位にしておくことによって、大都市とは1回で14スロットの交渉ができるので路線構築のスピードが上がります。

東京でスロットを限界まで取得しながら、支社にするニューヨーク、ロンドン、シドニー、メキシコシティ、カイロ、ニューデリーの順でスロットを取得していきます。

最初はどの都市でも5スロットしか取得できませんが、それでかまいません。

スロットが取得できた順に東京から5便の路線を接続していきます。

航空機は7,500km以下ならMD100、それ以上ならMD12を使います。

支社の設置はまだしなくてもOKです。

エリア間の便数については最初は5便で統一して、スロットに余裕があれば少しずつ増やしていけばいいと思います。

レゴランド・ディスカバリー・センター公式オンラインショップ
期間限定オープン!

東南アジアエリア内の路線再構築


東京⇔他エリア間の路線が完成したら次は北米エリアに進出したいところですが、先にやっておくことがあります。

東南アジアエリアで最初に東京から接続した路線が4~5個あると思いますが、そこから4都市を選んで便数を最大の14便にしておきます。

もしいらなくなった路線があれば閉鎖してしまいましょう。

なぜ先に東南アジアエリア内の路線を完成させるかというと、エリア内のシェア1位を盤石にしておきたいからです。

東南アジアエリアのシェアを1位にしておけば、少なくとも他社が本格的に東南アジアエリアに進出してくるまでは東京⇔他エリア間で客が減る心配はなくなります。

ママ必見!?おもちゃのレンタル【キッズ・ラボラトリー】

北米エリア進出


東南アジアエリアのシェアが盤石になったところで、いよいよ北米エリアに進出します。

ニューヨークに支社を作って、シカゴ、アトランタ、ワシントン、ダラス辺りの大都市と14便を接続します。

この時点ではエリア間のシェアが1位のはずなので、大都市なら一度に14スロットの交渉ができます。

ニューヨークでも限界までスロットは取得しておきます。

ニューヨークから近い大都市ばかり選ぶのは、次の2つの理由からです。

  1. エリア間のシェアが1位なら1回で14スロットの交渉ができる
  2. 近い方が航空機が少なくて済む

ロサンゼルスも魅力的ですがニューヨークから少し遠いので、14便にするとMD100が6機必要になってしまいます。

個人的にはエリア内での路線構築の目的はあくまでシェアの確保であって儲ける必要はないと思ってるので、あえて近い都市ばかりを選んでいます。

MD100は安いとは言え、1機でも少なくしたいですからね。

4都市と14便ずつ繋ぎ終わったら、北米エリアでもシェアが1位か2位になっているはずです。

ちなみにこのゲームで構築できるのは最大40路線なので、エリア内で繋ぐ路線は東南アジア、北米、ヨーロッパは4都市、他は3都市の配分です。

国内最大級ダーツ用品専門店【ダーツショップMAXIM】

ニューヨーク⇔エリア間の路線構築


北米エリアでのシェアを確立したところで、今度はニューヨーク⇔他エリア間の路線を構築していきます。

東京とはもう接続しているので、それ以外のエリアと接続していきます。(シドニーは遠すぎるので接続不可)

北米エリアのシェアが上がっているので、ニューヨークからの路線には客がたくさん乗るはずです。

接続する便数はとりあえず5便ずつにしておきます。

ニューヨークのスロットが足りない時は、拡張工事で空きスロットが増えるまでしばらく待ちましょう。

拡張工事が終わったら、忘れずにスロット交渉をして5便を接続するようにします。

≪アニメ・ゲーム・キャラクターグッズ専門店≫

あとはその繰り返し


ニューヨーク⇔他エリア間の路線を全部接続したら、次はヨーロッパエリアに進出します。

ロンドンに支社を作って、同じようにエリア内、エリア間の順で路線構築していきます。

それが終わったら、シドニー、メキシコシティ、カイロ、ニューデリーの順で繰り返します。

とにかく重要なのは、次の2つですね。

  1. まずエリア内でシェアを上げる
  2. その後でエリア間を接続すれば客がたくさん乗る

このゲームではエリア内でシェアを確保していなければ、いくらエリア間で路線を構築しても客は乗ってくれません。

例えば北米エリア内の路線を構築する前に、いきなりニューヨーク⇔ロンドンを接続しても客は乗ってくれません。

客は北米エリアやヨーロッパエリアで路線を構築している他の会社の航空機の方に乗ってしまいます。

だいたいこんな感じでやれば、10年もすればライバル会社を圧倒できるのではないかと思います。

-遊々亭-

タイトルとURLをコピーしました