国民健康保険じゃなくて健康保険任意継続にして少し失敗したかも

会社を辞めてからやった手続き

皆さんは会社を辞めたことがありますか?

まあ会社ってあんまり辞めたくはないと思うけど、辞めたあとの手続きってどんなことがあるのか知っている人はあんまりいないんじゃないかな?

思ったよりもたくさん手続きがあって、面倒くさいです。

自分は最近会社を辞めていろいろ手続きをしたけど、とりあえず下記は必須ですね。

  1. 健康保険関係
  2. 国民年金関係
  3. 雇用保険関係
  4. 退職金請求
  5. 住民税関係

今回は1と2の健康保険関係と国民年金関係について、実際にやったことを書いていきたいと思います。

健康保険関係

健康保険料は会社に勤めているときは天引きされていたので金額も含めてあんまり気にしたことはなかったけど、会社を辞めた場合は当然自分で支払いの手続きをしなくてはいけません。

自分の場合は辞めたあとの健康保険については、下記2つの選択肢がありました。

  1. 健康保険任意継続
  2. 国民健康保険

1については、会社で加入している社会保険を最長2年継続できる制度ですね。

会社からの説明によると、年収によって1と2のどちらが得か決まると言われて、年収が高かった人は1の方が保険料が安くなるとのことでした。

自分は1の方が安くなるでしょうと言われたので、年収高くねえだろとか思いながらも1の方を選んでしまったわけですけど、間違ったなと今は思っています。

理由は後述しますが、ここはよく考えた方がいいですね。

自分は1の方を選択したので、手続きとしては下記を全国健康保険協会へ郵送しただけです。

  • 健康保険任意継続被保険者資格所得届

これは会社から退職前にもらえましたので、これを郵送するだけで済みました。

全国健康保険協会と言っても支部があるので、自分が住んでいるところの支部へ郵送すればいいです。

これで手続き完了なのですが、あとはどうやって支払うかを決めるということになります。

自分は銀行から自動振替を選んでしまいましたが、今から思うと毎月nanacoでコンビニ支払いにしておけば良かったかなと思っています。

絶対お得!国民健康保険や税金を電子マネーnanacoで支払う方法 | おトクらし

nanacoで支払うこと自体についてはポイントはもらえないけれど、クレカからチャージをしたときに200円につき1ポイントがもらえるので少しお得なんですね。

それは置いといて、先ほど1を選んで後悔していると書きましたが、なぜかと言うと1は原則として2年間保険料が変わらないからです。

すぐに再就職をするならいいのですが、自分は元々すぐに再就職など考えていなかったので、会社を辞めた年の収入は激減する予定です。

2の国民健康保険料は前年の収入を元に計算されるので、収入が激減すれば次の年からその分安くなるのですが1の健康保険任意継続はそんなの関係なく2年間同じ金額を払わなければいけません。

保険料について | よくあるご質問 | 全国健康保険協会

そうなると、自分の場合は2年目は国民健康保険の方が安くなりそうだと思っているからです。

そこのところはまだちょっとリサーチしきれてないので、これから調べますが。

会社を辞めた人はおそらく誰でも自分の健康保険料の金額を見てビビると思いますが、自分の場合は毎月35,000円ほどでした。

これは無職の人にとっては、けっこう痛いです。

来年は国民健康保険に切り替えることで安くなりそうなら、とっとと国民健康保険に切り替えていこうと思っています。

ただ、任意の申し込みでは辞められないと記載があるので、切り替えるなら保険料を納付期限までに納付しないというやり方で資格を喪失するしかないかなと思っています。

資格の喪失について | よくあるご質問 | 全国健康保険協会

国民年金関係

年金については会社に在籍しているときは厚生年金に加入していましたが、会社を辞めるとその資格を失うので国民年金に加入をしなければいけません。

これは郵送ではちょっと無理なので、最寄りの年金事務所に行かなければいけなかったのですが、会社からの注意点としては、退職日から14日以内に手続きをしろと言われました。

持っていくものはつぎの3つでした。

  1. 健康保険・厚生年金保険資格喪失等確認請求書
  2. 印鑑
  3. 雇用保険被保険者離職票

手続き自体は簡単で、上記3つのものを出すだけでした。

自分は何も考えずに行きましたが、行く前によく確認しておけば良かったと思うのは国民年金の支払い方ですね。

毎月支払い、2年分一括支払い、コンビニ支払い、クレジットカード払い、などを選ばなければいけません。

2年分一括で払った方が月額が安くなるとのことでしたが、当月末の請求が40万円ほどになるのでそのくらいは現金を残しておかないとダメですね。

国民年金保険料の「2年前納」制度|日本年金機構

年金制度なのに前納の方が安くなるとかよく分からないシステムですが、まあそれで2年間請求が無いならいいかと思い、自分はそちらの方を選びました。

あと、付加保険料というのがあって月額400円払うと後々お得になると言われたので、その時はよく分からなかったけどそれもお願いしておきました。

なんか保険のセールスみたいでちょっと笑えましたが、確かに長生きすればお得になります。

付加保険料の納付のご案内|日本年金機構

まあ悩むのはそれくらいなので、行く前に2年前納するかと付加保険料を納付するかくらいは考えておいた方がいいですね。

マイナビエージェント

タイトルとURLをコピーしました