【退職】辞めた時にしたこと①健康保険加入②国民年金加入

就活・転職情報_タイトル

会社を辞めるといろいろな手続きがあってそれはそれで大変です…。

やらなければいけないことは5つ

皆さんは会社を辞めた経験がありますか?

最近は終身雇用も崩れてきましたので、以前よりは辞める方も増えたと思いますけど。

会社を辞めるのはいいのですが、連続して勤めないといろいろな手続きが発生します。

大きく言うと次の5つの手続きがありますが、実際にやってみると思ったよりも大変でした。

  1. 健康保険に加入
  2. 国民年金に加入
  3. 退職金の請求
  4. 住民税の納付
  5. 雇用保険の手続き

その中で、今回は1と2の健康保険と国民年金の加入手続きについて書いていきます。

健康保険に加入

健康保険料は、会社に勤めていると給料から天引きされます。

なので、自分でしなければいけないことは特にありません。

ですが会社を辞めたあとは、当然ながら自分で加入手続きをしなくてはいけません。

退職後の健康保険は3種類

会社を辞めたあとの健康保険については、協会けんぽによると次の3つの選択肢があります。

  1. 任意継続健康保険
    退職後20日以内に都道府県の協会けんぽ支部で手続き。
    扶養家族の保険料はかからない。
    加入できる期間は退職後2年間。
    保険料は原則2年変わらない。
  2. 国民健康保険
    退職後14日以内に市区町村の国民健康保険担当課で手続き。
    扶養家族の概念がない。
    前年の所得が保険料に大きく影響する。
  3. 家族の健康保険(被扶養者)
    退職後5日以内に家族(被保険者)の勤務先を通じて手続き。
    保険料負担なし。

1番安いのは扶養

この中で1番安くあがるのは、家族の健康保険に入ることです。

ただしいろいろ条件がありますので、合致しているかどうか調べなければいけません。

家族が加入する健康保険組合に確認してください。

退職後5日以内に手続きが必要ですので、あまり時間がありません。

国民健康保険は担当部署に確認

問題は家族の健康保険に入れない時です。

任意継続健康保険と国民健康保険のどちらを選ぶか決めなければいけません。

任意継続健康保険の毎月の保険料は、給料明細を見れば分かります。

会社が半分負担していますので、今天引きされている金額の2倍になります。(ただし上限あり)

国民健康保険の保険料については、市区町村のホームページに計算方法が載っています。

それを見て自分で計算しても良いでしょう。

しかしもっと簡単で確実なのは、国民健康保険担当課に確認することです。

1番注意すべき点は、扶養家族の扱いです。

任意継続健康保険では扶養家族の保険料がかかりませんが、国民健康保険では扶養の概念はありません。

その点もきっちり比較して、安くなる方を選べばいいでしょう。

自分の場合は適当に任意継続健康保険を選びましたが、選ぶ前に必ず国民健康保険がいくらになるか確認しましょう。

ちなみに任意継続健康保険の手続きとしては、下記を全国健康保険協会の支部へ郵送するだけです。

  • 健康保険任意継続被保険者資格所得届

これは退職する前に会社からもらえます。

2年目は所得しだい

1年目に任意継続健康保険を選んだ方は、原則として2年間保険料が変わりません。

しかし国民健康保険を選ぶと、2年目の保険料は前年の所得を元に計算されます。

これがどういうことかというと、国民健康保険は退職した年の所得が少なければ2年目の保険料がグッと安くなるということです。

計算結果は下記の記事で細かく書いています。

結論を言うと、任意継続健康保険のままだと約42万円かかりますが国民健康保険に切り替えた場合は約13万円になるという計算結果が出ました。

なので、2年目の4月に国民健康保険に切り替えました。

ただしこれは前年の所得によりますので、「フリーで稼いで前年より所得が増えた」方は任意継続健康保険の方が安くなります。

国民年金に加入

会社に在籍しているときは厚生年金に加入していましたが、会社を辞めるとその資格を失います。

なので、国民年金に加入しなければいけません。

  1. 第1号被保険者
    退職後14日以内に市区役所または町村役場で手続き。
  2. 第3号被保険者(配偶者の被扶養者となる方)
    配偶者の勤務している事業所を通じて手続き。

第2号がありませんがそれもそのはずで、会社を辞める前が第2号被保険者だったということです。

第3号被保険者になる方は、配偶者の勤務している事業所を通じて手続きが必要です。

一方で第1号被保険者の手続きは郵送不可ですので、最寄りの年金事務所に行かなければいけません。

持っていくものは次の3つになります。

  • 健康保険・厚生年金保険資格喪失等確認請求書
  • 印鑑
  • 雇用保険被保険者離職票

印鑑以外は退職する時に会社からもらえます。

手続きは簡単で、上記3つを持っていくだけでOKです。

2年前納は40万円弱になる

自分は何も考えずに行きましたが、行く前に調べておけば良かったと後悔したのは年金の支払い方法ですね。

次のように、いろいろな選択肢があります。

  • 期間
    毎月納付、6ヶ月前納、1年前納、2年前納
  • 納付方法
    口座振替、納付書、クレジットカード

これをいきなりどうするか聞かれますので、一瞬どうして良いか分からず頭が混乱します。

2年前納が1番安くなると聞きましたので「じゃあそれでお願いします」と答えると、なんと40万円弱になるとのこと。

しかも当月に支払わなければいけません。

これはさすがに会社を辞めたばかりの人にとっては顔が引きつるような金額ですよね?

自分も引きつりました。

まあ「これで2年間年金を支払わなくていい」とポジティブに捉え、2年前納にしましたけどね。

ちなみに国民年金の支払いはヤフーカード(PayPayカード)が1番お得です。

付加保険料は絶対支払う

職員に聞かれることでもう1つ重要なのは、付加保険料を払うかどうかです。

説明を聞いた時はよく分からないまま「払います」と答えましたが、これは大正解でした。

ざっくり言うと月額400円払った保険料が2年できっちり元が取れて、あとは生きているだけお得になります。

前納が安いだの付加保険料がお得だの一見怪しいセールスのようですが、そこは国なので詐欺ではありません。

付加保険料は絶対支払うべきです。

ということで、今回は終わりにします。

タイトルとURLをコピーしました