【五目ならべ 連珠】ファミコン版のゲーム内容と攻略方法

五目ならべ 連珠

ファミコン本体と同時に買ったソフトの中の1つですが、なぜこれを選んだのかは覚えていません…。

ゲーム内容

1983年8月27日に任天堂から発売。

約40年前ですね。

記事を書く前に久しぶりに対局してみましたが、上級でコンピュータ相手に4勝2敗でした。

何とか勝ち越せましたが、昔と比べてやや衰えを感じましたね。

ゲーム内容はいわゆる普通の五目並べですが、連珠なので黒番の三三・四四・長連が禁手になるなどのルールがあります。

ゲームモードはコンピュータ相手の1人用と、人間同士が対局する2人用が用意されています。

人間と対局といってもその当時はオンライン対局などはありませんでしたので、テレビの前に2人座って対局することになります。

それなら盤に向かい合って直接打つのと同じだと思うかもしれませんが、コンピュータは見落としがありませんからね。

2人とも気づかないうちに、いつの間にか四三ができていたということがなくなります。

連珠では、初手から3手目までの石の配置は基本珠型からランダムに選ばれます。

なので実際には4手目(白番)から打つことになります。

1人用では、コンピュータと黒白交互に手番を変えながら6戦して勝敗を競います。

レベルは初級、中級、上級から選べます。

どのレベルでも基本的にコンピュータの強さは全く同じです。

ただし、条件が少しずつ厳しくなっていきます。

レベルによる条件の違いは下記のようになります。

  • 初級
    三または四ができた時に点滅させて教えてくれます。
    時間制限はありません。
  • 中級
    三または四ができても教えてくれません。
    時間制限はありません。
  • 上級
    三または四ができても教えてくれません。
    持ち時間が90秒となっており、残り20秒を切ると一手20秒の秒読みになります。

持ち時間が切れそうになると焦ってしまい、悪手を連発してしまいます。

対コンピュータ攻略

このゲームのコンピュータはめちゃくちゃ強いというわけではなく、程よい強さに調整されています。

基本的に五目並べ、とりわけ連珠が少し強い人なら特に対策などしなくても勝てるレベルです。

自分が対局した感覚では、コンピュータは次のような優先順位で打ってきます。

  1. 四三や四四を作る(勝ちがある時)
  2. 三を作る
  3. 飛び三を作る
  4. 四を作る
  5. 急所を止めてくる

勝ちがある時は決めてきますが、ない時はとりあえず三を繋げようとします。

三が切れそうになった時、もしくはこちらの三を未然に防ぎながら攻撃したい時は飛び三も作ってきます。

それもできなくなったら四を作ってきます。

四を連発し始めたら、もう攻め手に困っているという印象ですね。

四も尽きると仕方なくこちらの急所を押えてきます。

非常にオーソドックスな打ち方で、一見して何を狙っているか分からないような手は打ってきません。

また、こちらが黒の時にわざと禁手(三三や四四、長連)に誘導するような打ち方もしてきません。

三を止める時は危険な方を止めるというより、自分が攻撃しやすい方を止めているようです。

それらを踏まえた上で、攻める時と守る時の打ち方のコツを書いておきます。

攻め方

攻める時はとにかくできるだけ三を連続で作って、四三が作れるラインを早く見つけ出すのがポイントです。

三も四も両方作れる時は、三の方を優先して作っていく方が良いと思います。

三が続かなくなった時は、攻めが続くようなら一度四を作っても良いでしょう。

または四を作らずに、次に三が2つ3つできる場所に石を置いてコンピュータに手番を渡してもいいと思います。

常に四三のチャンスを広げるために、四はできるだけ多く温存しておきたいですからね。

飛び三は普通に止められるとそこで終わってしまいますので、基本的には打ちません。

飛び三の次に四三など、勝ちが見えている時だけ打つようにします。

守り方

守りで一番重要なのは、序盤の入り方です。

あまり自由に打たせておくと、手番を渡した時に一気に四三まで持っていかれることがあります。

なので、序盤は特に攻守のバランスを取ることが大切です。

守る時は自分の勝ちが見えていない限りは、相手の攻めが続きそうな方を全力で止めます。

飛び三を止める時は端ではなく、真ん中でビシッと止めておけばもう安心です。

間違えずに辛抱強く対応していると、そのうちコンピュータは攻めあぐねて防御に回ります。

そのタイミングを見計らって一気呵成に攻めかかればOKです。

このゲームで6連勝するだけなら、こういう感じで打っていればいつかは達成できると思います。

強くなる方法

ゲーム_見出し3

強くなるためには、自分より強い人と打つのが一番です。

オンラインで自分より強い人とバンバン対局しましょう。

ハンゲームというネットゲームサイトがありました。(今でもありますが)

そこに五目並べの部屋がありました。(今はありません)

自分の場合はそこで自分より強い人と何十局、何百局と対局して、コテンパンにやられました。

上手い人は例外なく防御がものすごく上手なので、自分の攻めはすぐに繋がらなくなってしまうんですよね。

有名な防御方法として、桂馬打ちというのがあります。

これは将棋の桂馬のように石を打って防御する方法です。

これをやられると縦も横も斜めも全て四で止まってしまいます。

最初にやられた時は意味が分からず苦労しました。

桂馬打ちの対策としては先に桂馬の場所に打ってしまうことが有効らしいのですが、今でも苦手ですね。

あとはひたすら読み比べで、どちらが早く勝ちを見つけられるかにかかってきます。

強くなるにはひたすら自分より強い人との対局あるのみです…。

6連勝するといつもと違うファンファーレが鳴るので嬉しいんですよね…。

ということで、今回は終わりにします。

タイトルとURLをコピーしました