【プロ野球チームもつくろう!】人事メニューと練習メニューについて詳しく解説

プロ野球チームもつくろう!

プロ野球チームもつくろう!の人事メニュー・練習メニューについて解説します。

人事メニュー

人事メニューでは、選手・監督・コーチ・スカウトなどの人事を行います。

選手の獲得

新人選手を発掘したり、トレード・外国人獲得などができます。

新人を探す

雇っている国内スカウトに、将来有望な新人選手を探しに行かせます。

探しに行かせられる期間は2~10月です。

1回の探索にかかる時間は2月のみ1週間、3~10月は2週間です。

ただし、選手は必ず見つけられるわけではありません。

誰も見つからずに手ぶらで帰ってくる時もあります。

探しに行かせる時は、スカウトに探したいポジションとキーワードを3つ指定します。

指定できるキーワードは、雇っているスカウトによって異なります。

中には「好物はカレー」などというふざけたキーワードもあったりします。

スカウトに選手を探させる1番の利点は、探してきた選手をドラフト会議で単独1位指名できることです。

単独1位指名すると、競合なしで獲得できます。

ドラフト候補

ドラフトで指名できる新人選手の一覧が表示されます。

特に何もしなくても、毎月数名ずつリストが増えていきます。

外国人

契約できる外国人選手の一覧が表示されます。

雇っている海外スカウトの能力によって、契約できる選手の質がかなり異なります。

外国人を使う気がない場合は、年俸の安いスカウトに代えて経費削減しましょう。

トレード

他の球団と選手のトレード交渉ができます。

トレード可能期間は2~8月です。

こちらから出したい選手と相手チームで欲しい選手を選んで申し込みます。

最大で3人ずつ選べますので3対3や2対2、または1対3のようなトレードもできます。

ただし、トレード成立時に選手の枠(投手14人、野手14人)を超える条件では申し込めません。

トレードを申し込んで相手球団から返事が来るまで3週間かかります。(2月のみ1.5週)

当然決裂することもあります。

なお、トレード申し込みは複数球団同時にはできません。

選手の解雇

契約中の選手を解雇できます。

シーズン中でも関係なく、オーナーの一存でクビにできます。

怖い…。

スタッフの交代

監督・野手コーチ・投手コーチ・国内スカウト・海外スカウトを交代させられます。

監督は10人、その他は5人の候補が表示されます。

毎月候補は更新されます。

背番号の変更

選手の背番号を自由に変更できます。

選べる背番号は0~99と00です。

選手の意志とは関係なく、オーナーの一存で変更できます。

練習メニュー

玩具_見出し2

練習メニューでは、キャンプやシーズン中の練習メニューを指示できます。

シーズン中の練習

シーズン中の練習は、4~10月に行います。

練習の強さは「疲れない程度」「ほどほど」「しっかり」の3種類から選べます。

シーズン中は、試合で体力が減った選手は自動的に休みます。

投手

投手の練習メニューは下記から選びます。

  • バランス良く
    すべての能力をバランスよくアップ。
  • 変化球重視
    変化球の強化を中心とした練習。
  • 制球力重視
    制球力の育成を中心とした練習。
  • パワー重視
    パワーを付けることを中心とした練習。
  • 基礎力重視
    体力を中心に様々な要素を鍛えます。
  • 投球研究中心
    投球術の学習を中心とした練習。
  • 弱点をなくす
    今ある弱点をなくすことを中心とした練習。
  • 長所をのばす
    長所をのばすことに主眼を置いた練習。
  • 調整
    調子を上げるために、調整を中心とした練習。
  • 休養
    体力の回復を考え、完全に休養。

野手

野手の練習メニューは下記から選びます。

  • バランス良く
    すべての能力をバランスよくアップ。
  • 打撃中心
    打撃を中心に鍛え上げます。
  • 守備中心
    守備を中心に鍛え上げます。
    捕手はリードの練習も行います。
  • バント走塁中心
    バントや走塁技術の向上を中心とした練習。
  • パワー重視
    長打力の育成や肩の育成を中心とした練習。
  • 基礎力重視
    体力を中心に様々な要素を鍛えます。
  • 弱点をなくす
    今ある弱点をなくすことを中心とした練習。
  • 長所をのばす
    長所をのばすことに主眼を置いた練習。
  • 調整
    調子を上げるために、調整を中心とした練習。
  • 休養
    体力の回復を考え、完全に休養。

キャンプでの練習

キャンプは2月と3月に行います。

練習の強さは「ほどほど」「しっかり」「とことん」の3種類から選べます。

キャンプ期間中は、どれだけ体力が減っても選手は練習を休みません。

なので、休養させたい時はこちらから指示します。

キャンプ期間中に限り、監督やコーチの持っている特別練習をさせることも可能です。

また、2月に限りキャンプ地の特徴を生かした特殊練習も行えます。

投手

投手の練習メニューは下記から選べます。

  • 走り込み
    体力アップを中心に基礎を鍛える練習。
  • 変化球の特訓
    変化球を磨く練習。
  • 投げ込み
    主に制球力をのばす練習。
  • 筋力トレーニング
    パワーをつけ、球速と球威をアップさせる練習。
  • 駆け引き学習
    打者との駆け引きや配球法などを学ぶ練習。
  • 特別練習
    監督やコーチの特別練習で、効果はそれぞれ違います。
  • キャンプ地の特殊練習
    キャンプ地の特徴を生かした練習で、効果はそれぞれ違います。
  • 休養
    体力の回復を考え、完全に休養。

野手

野手の練習メニューは下記から選べます。

  • 走り込み
    体力アップを中心に基礎を鍛える練習。
  • バッティング練習
    打撃技術を磨き、巧打力と選球眼を向上させる練習。
  • 千本ノック(捕球リード特訓)
    守備力を徹底的に磨く練習。
    捕手は捕球と投手リードを特訓します。
  • バント特訓
    バント技術を徹底的に鍛える練習。
  • 短距離ダッシュ
    足の筋力強化と盗塁技術を磨く練習。
  • 筋力トレーニング
    筋力を鍛えて、長打力のアップと肩の強化をはかる練習。
  • 特別練習
    監督やコーチの特別練習で、効果はそれぞれ違います。
  • キャンプ地の特殊練習
    キャンプ地の特徴を生かした練習で、効果はそれぞれ違います。
  • 休養
    体力の回復を考え、完全に休養。

ということで、今回は終わりにします。