【エアーマネジメント2】効率的にスロット取得する方法について詳しく解説

玩具_タイトル

このゲームでは、いかに効率的にスロットを確保していくかが非常に重要です。

スロット取得は超重要

玩具_見出し1

エアーマネジメント2では、いかに効率的にスロット取得するかが攻略の鍵です。

スロットがなければ、どれだけ航空機を持っていても路線構築できませんからね。

スロットとは、簡単に言えば飛行場を使う権利のことです。

東京⇔大阪で週14便飛ばす時は、東京にも大阪にも14スロット持っている必要があります。

どちらかが10スロットしかなければ、飛ばせる便も週10便になってしまいます。

このゲームは航空会社の経営になりますので、とにかく航空機を飛ばさなければ勝てません。

なので、いかに早く必要なスロットを確保するかが勝負なのです。

必要なスロット数を知る

玩具_見出し2

このゲームは、どの都市でも必要なスロット数が同じというわけではありません。

発着が多い都市ではたくさんのスロットが必要になりますが、少ない都市はそれほどでもありません。

発着が多い都市とは、本社・支社のある都市です。

本社・支社のある都市は、エリア内の都市とも本社・支社のある都市とも接続しますからね。

なので、本社・支社のある都市はスロットが山のように必要になります。

まとめると、必要なスロット数は次のようになります。

  • 本社・支社のある都市
    スロットがいくらあっても良い
  • それ以外の都市
    14スロットでいい

都市は2種類に分かれる

玩具_見出し3

このゲームでは、都市は次の2種類に分かれます。

  1. 大都市
    本社・支社が作れる32都市
  2. 小都市
    それ以外の57都市

このゲームには全部で89の都市が登場しますが、本社・支社が作れるのは32都市だけです。

ここでは本社・支社が作れる都市を大都市、それ以外の都市を小都市と呼ぶことにします。

なぜそういう分け方をするかというと、スロット交渉についての説明がしやすいからです。

例えば、14スロット欲しいのに5スロットしか交渉できない時がありますよね?

それは適当に決められているのではなく、しっかりしたルールに則って決められています。

これからそのルールについて説明します。

大都市のスロット交渉可能数

まず、大都市で交渉できるスロット数がどう決まるかについて説明します。

結論から言うと、エリア間の旅客数の順位によって決まっています。

エリア間とは本社⇔支社、または支社⇔支社の路線のことですね。

それらの旅客数が多いほど、大都市でのスロット交渉が有利になります。

エリア間の旅客数は3ヶ月に1回表示されますので、しっかり確認しておきましょう。

漠然としか知らなかった人も多いと思いますが、これはこのゲームを進める上で非常に重要です。

なので、絶対に覚えておきましょう。

大都市で交渉できるスロット数は下記の通りです。

  • エリア間の旅客数1位 → 14スロット
  • エリア間の旅客数2位 → 11スロット
  • エリア間の旅客数3位 → 8スロット
  • エリア間の旅客数4位 → 5スロット

エリア間に路線が1本もない場合は、5スロットの交渉しかできません。

14スロット交渉中に1位から2位に落ちた場合は、11スロットしか取得できません。

小都市のスロット交渉可能数

では、小都市では交渉できるスロット数がどう決まるのでしょうか?

こちらの方もしっかりルールが決まっています。

結論を言うと、エリア内の旅客数の順位によって決まっています。

エリア内の旅客数はいつでも確認できますので、こちらもしっかり押さえておきましょう。

小都市で交渉できるスロット数は下記の通りです。

  • エリア内の旅客数1位 → 14スロット
  • エリア内の旅客数2位 → 11スロット
  • エリア内の旅客数3位 → 8スロット
  • エリア内の旅客数4位 → 5スロット

エリア内に路線が1本もない場合は、5スロットの交渉しかできません。

14スロット交渉中に1位から2位に落ちた場合は、11スロットしか取得できません。

友好度の高い国を狙う

玩具_見出し4

次に、友好度について説明します。

これもかなり交渉スピードに影響しますので、重要なところです。

友好度は、都市と都市の関係性ではなく国と国の関係性によって決まっています。

大きく分ければ西側諸国と東側諸国ですが、それだけではありません。

国の友好度は、次のようなことに影響があります。

  • 交渉期間
  • 乗客数
  • 事業の価格
  • 航空機の価格

この中で、特に影響が大きいのは交渉期間です。

友好度が高い国と低い国では、スロット交渉にかかる期間が6ヶ月違うこともあります。

そうなると、路線構築の速さにも大きく影響が出てしまいます。

なので、無理して友好度の低い国の都市に路線を引く必要はありません。

ちなみに、国の友好度は社会情勢によって変化する場合があります。(ソ連のEC加入など)

それとは別に、資金援助の要請に応えても友好度が上がります。

交渉員の能力を知る

玩具_見出し5

次に、実際にスロット交渉する交渉員についてです。

交渉員は4人いますが、実は能力差があります。

上の列の2人が優秀で、下の列の2人は普通です。

何が違うのかというと、単純に交渉にかかる期間が違います。

交渉にかかる期間は次の通りです。

  • 支社設置:全員3ヶ月
  • 事業購入:全員3ヶ月
  • 本社・支社(友好度高)でのスロット交渉:全員3ヶ月
  • 本社・支社(友好度中)でのスロット交渉:全員6ヶ月
  • 本社・支社(友好度低)でのスロット交渉:優秀6ヶ月、普通9ヶ月
  • それ以外の都市(友好度高)でのスロット交渉:全員6ヶ月
  • それ以外の都市(友好度中)でのスロット交渉:優秀6ヶ月、普通9ヶ月
  • それ以外の都市(友好度低)でのスロット交渉:優秀9ヶ月、普通12ヶ月

これを見ると、友好度が低い都市ほど能力差が出ることが分かります。

少しでも効率良くしたいなら、交渉員の割り当てについてもしっかり考えなければいけません。

大都市での交渉が基本

玩具_見出し1

ここまでいろいろ書いてきましたが、結局どのようにスロット取得すれば効率的なのでしょうか?

新しいエリアに進出する時のことを考えてみます。

まず小都市の場合は、エリア内に路線が1本もありませんので最初は5スロットの交渉しかできません。

一方で大都市の場合は、エリア間の旅客数が1位なら最初から14スロットの交渉が可能です。

そのエリアに路線がなくても関係ありません。

ということで、新しいエリアに進出する時は大都市と交渉する方が効率的です。

ただ、エリア間の旅客数を1位にしておくのが絶対条件ですが…。

小都市に路線構築したい時は、エリア内の旅客数1位になってからにしましょう。

ということで、今回は終わりにします。