【闘いの挽歌】ファミコン版の全ステージ・全ボスキャラの攻略

闘いの挽歌

昔々ファミコンで闘いの挽歌というゲームが出ましたが、なかなか面白いゲームでした。

つい先日もやってみましたが、頭は忘れていても指先は覚えていますね。

かなり先まで進めました。

何回もやっているうちに、小学生の頃のようにまたノーミスでクリアできるようになりました。

というわけで、今回は闘いの挽歌の各ステージの攻略方法とボスキャラの攻略方法について書いていきます。

しかしこのゲームは音楽がいいですね、改めて感動しました。

各ステージの攻略方法

玩具_見出し1

ステージ1

前半

進行方向から現れる雑魚は倒して、背後の雑魚は無視してもかまいません。

途中にマンホールがありますが、ネズミ3匹とライフ回復があるだけなので入らなくても問題はありません。

ちなみにマンホールに入るとゴブリンがいます。

前半のボスはマムシ2人。

後半

後半も進め方は前半と同じです。

前半と同じくマンホールがありますが、「P」があるので欲しいなら取りましょう。

「P」を取れば攻撃力+1倍です。

画面右側の上空付近にあるので、ちょうどそこで剣を振れば現れます。

後半のボスはアイアンアーム。

ステージ2

前半

前半は、ステージ1と同じく進行方向の雑魚だけ倒せばOKです。

上からも攻撃してきますが、立ち止まらなければ全く当たりません。

前半のボスはアルマジロン。

後半

後半は、ほとんど盾しか使いません。

上空から爆弾を落としてくるので盾で防ぎながら、向かってくる魚も盾で防御します。

中盤に沼から敵が1匹登場しますが、進みながら攻撃を盾で防いでいればそのうち消えます。

沼の出口に1UPがあるので、欲しいなら剣を振って出しましょう。

後半のボスはゴブリン。

ステージ3

前半

前半は7階あり、下に降りていきます。

7階と4階には棍棒を持った雑魚が現れますが、進行方向の雑魚だけ倒せばOKです。

6階と3階はナイフ投げですが、こちらも同じです。

5階と2階は爆弾が転がってくるので、足元で爆発しそうならジャンプでかわします。

前半のボスはマッスラー。

後半

後半も7階あり、7階と4階にはマムシが現れます。

6階と3階はナイフ投げですが、前半と同じです。

5階と2階は爆弾と棍棒を持った雑魚が同時に現れますが、進行方向の雑魚だけ倒して通り抜けましょう。

後半のボスはトロージャン。

ステージ4

前半

前半は、いつもと同じく進行方向の雑魚だけ倒せばOKです。

マンホールは2つありますが、1つ目には「P」「S」があるので取りたいなら取りましょう。

「S」はスピードアップです。(ステージ4のみ有効)

「P」を取れば攻撃力+1倍なので、ステージ1で「P」を取っていれば通常の3倍の攻撃力になります。

「P」は左端上空付近、「S」は真ん中下付近にあります。

2つ目のマンホールには鍵があります。

鍵を取らなくてもマンホールから脱出できますが、先へ進めなくなるので1度死ぬしかなくなります。

前半のボスはアイアンアーム。

後半

後半も前半と同じですが、途中で鍵を持っているアルマジロンを倒す必要があります。

後半のボスはゴブリンと転がってくる爆弾。

ステージ5

建物内部を下に進むステージ。

このステージは、前半と後半に分かれていません。

まともな敵はマムシくらいで、あとは転がってくる爆弾くらいなので楽勝です。

ボスは2人おり、1人目のマッスラーを倒すと2人目のアイアンアームが現れます。

ステージ6

前半

ステージ2の前半と同じような感じです。

上からゴブリンがトゲトゲの球を投げてきますが、立ち止まらなければ全く当たりません。

前半のボスはトロージャン。

後半

基本的には進行方向の雑魚だけ倒せば良いのですが、ステージ2の後半と同じく上空から爆弾を落としてきます。

これを防ぐために立ち止まって盾を出す必要があり、雑魚からの攻撃を受けやすくなります。

盾を出すのは最小限にして、さっさと切り抜けましょう。

後半のボスはキングスリークです。

キングスリークを倒すと、最後にアキレスとの戦いが始まります。

ボスキャラの攻略方法

玩具_見出し2

マムシ

リュウに近づいたり遠ざかったりしながら上段か下段に斧を投げてきます。

投げた斧が画面から消えるまでは次の斧は投げてきません。

攻略法

下段の斧はしゃがみ盾で防御します。

上段に斧を投げてきたら、斧が画面から消えるまでの間に徐々に距離を詰めていきます。

画面端に追い詰めると何もできなくなるので、剣で連続攻撃すれば倒せます。

アイアンアーム

両腕にアイアンアームを装着しており、アームを飛ばして攻撃してきます。

両腕同時には飛ばさず、飛ばすのは片腕ずつです。

アームは上段に飛ばして下段に戻ってくるパターンと下段に飛ばして上段に戻ってくるパターンがあります。

また、アームを飛ばすレンジは画面端まで飛ばすロングとすぐに戻ってくるショートの2種類があります。

アームは盾代わりにも使います。

攻略法

しゃがみ盾で下段の攻撃を防ぎながら、上段にロングレンジで攻撃してくるのを待ちます。

アームが頭の上を通過したら、近づいて剣で1回斬ります。

その際下段に戻ってくるアームに当たるとダメージを受けるので、ジャンプして避けます。

上段のショートレンジ攻撃はアームの戻りが早いため、避けるのはほぼ不可能です。

アルマジロン

アルマジロのように丸まって地上を左右に転がり、1~4回転がると立って弾を吐き出してきます。

立っている時に剣で斬ると、また丸まって転がり始めます。

赤い甲羅のアルマジロンは体力4、緑の甲羅のアルマジロンは体力8です。

攻略法

丸まって転がっている時は攻撃が効かないので、ジャンプで避けるしかありません。

立ってから弾を吐き出すまでに隙があるので、すかさず剣で斬ります。

1回斬るとすぐに丸まるので、2回連続では斬れません。

ゴブリン

画面端で飛び跳ねながら、トゲトゲの球を投げてきます。

何回か同じ場所で飛び跳ねた後に、反対側の画面端にジャンプで移動します。

トゲトゲの球は放っておくと赤いコウモリ3匹に分裂します。

攻略法

剣で斬っても倒せますが、安全に倒すなら盾を使った方が無難です。

ゴブリンと反対側の端で待機して、投げてくるトゲトゲの球は盾で受けます。

ゴブリンが自分の側にジャンプしてきた時に盾を上向きに出しておけば、勝手に連続で当たってくれます。

マッスラー

リュウに近づいてきて、棍棒を1~4回振ってから後退します。

以降、その繰り返しです。

攻略法

リュウに近づいてから棍棒を振るまでの間に一瞬隙があります。

そこで剣を1回当てて、すぐに後ろに下がれば棍棒には当たりません。

トロージャン

リュウに近づいてきて、上段か下段で何回か剣を振って後退します。

以降、その繰り返し。

攻略法

こちらが剣で斬りつけると、トロージャンはしゃがみ盾で防御します。

その後反撃しようと立ち上がった時に隙が生まれるので、その時がチャンスです。

結論を言うと、画面端に追い詰めてジャンプしながら剣を振っているだけで倒せます。

キングスリーク

壁面に埋もれており、瓦礫を撒き散らしながら現れます。

頭上で鉄球を振り回していますが、近づいてきて1~4回攻撃してから後退します。

以降、その繰り返しです。

1人倒すともう1人が左の壁面から現れます。

攻略法

登場する時の瓦礫に当たるとダメージを食らうので、しゃがみ盾で防御します。

しゃがみ盾で攻撃を防御しながら、後退した時に距離を徐々に詰めます。

画面端まで追い詰めたら、攻撃を防御した後にジャンプしながら斬りかかります。

その後は、剣を連続して振っていれば倒せます。

もたもたしていると鉄球に当たってしまうので、懐に入ったらスピード勝負です。

アキレス

ラスボスです。

リュウに近づきながら、剣を振り回してきます。

その威力は半端でなく、1回の攻撃でリュウの体力が4減ります。

リュウが攻撃すると、しゃがみながら剣を盾にして防御します。

攻略法

リュウよりリーチが長いので、普通に近づくと一瞬でやられます。

なので、ジャンプしながら斬りかかります。

画面端まで追い詰めたら、剣を連続で振ります。

アキレスはしゃがみながら剣で防御するので、そこで剣を振るタイミングをほんの少し遅らせます。

するとアキレスは立ち上がって攻撃しようとしますが、その時に隙が生まれます。

そこですかさず剣を振ればダメージを与えられます。

1回ダメージを与えるとまたしゃがむので、倒せるまで繰り返します。

まとめ

玩具_見出し3

今回は、闘いの挽歌の各ステージの攻略方法とボスキャラの攻略方法について書きました。

ほとんどのステージは簡単ですが、ダメージを受けやすいのはステージ2の後半とステージ6の後半です。

上空から爆弾を落としてこられるとなかなか厄介です。

盾の使い方をマスターするしかありません。

ボスで1番ダメージを受けやすいのはアイアンアームです。

上段のショートレンジでアームを飛ばされると防ぐ術がありません。

キングスリークも飛び込んだ時に鉄球に当たってダメージを食らいやすいですね。

その他のボスは楽勝です。

けっこう簡単なゲームなので、誰でも練習すればノーミスでクリアできるようになると思います。

というよりも、1度死んでしまうと「P」の効果がなくなるのでなかなか大変になります。

ノーミスでなければクリアは難しい、と言った方がいいかもしれませんね。

ということで、今回は終わりにします。