【プロ野球チームもつくろう!】ゲームの始め方と1年のスケジュール

プロ野球チームもつくろう!

セガサターンの名作ゲーム「プロ野球チームもつくろう!」について詳しく解説します。

ゲーム内容

1998年2月19日にセガから発売。

プロ野球チームのオーナーになるゲームです。

プレイ期間は30年間と決まっています。

この点ジャンルは違いますが、ウイニングポスト2と似ていますね。

一応オーナーですが、実際にやることは監督・コーチ人事やドラフト・トレードなどです。

なので、どちらかと言えばオーナーと言うよりフロントに近い感じでしょうか。

目標はもちろん強いチームを作り、日本一や世界一になることです。

最初にやること

ゲームを始める前の初期設定について、詳しく解説します。

名前の入力

名前は6文字以内で決めます。

ひらがな・カタカナ・漢字はもちろん、記号・英・数字もOKです。

ここで決めた名前で、秘書から「〇〇オーナー」と呼ばれることになります。

球団を決める

1997年時点のプロ12球団から1つ選びます。

楽天はまだ存在しません。

自分がファンのチームを選んでもいいですが、本拠地や球団名を変えるならどうでもいいチームを選ぶのもアリです。

球団名を変える

球団名を決めます。

もちろん無理に変更しなくてもかまいません。

変更する場合は、次の4つから選べます。

  • ダイナマイツ
    ユニフォームは赤っぽい色調。
  • ハンマーヘッズ
    ユニフォームは紫色。
  • ジェリーフィッシュ
    帽子は水色、ユニフォームは黄色。
  • モスキーツ
    ユニフォームはエメラルド色っぽい色調。

本拠地を決める

本拠地を好きな都市に変更できます。

変更する場合は都道府県と都市を選びます。

都市には一応人口・地価ランク・降雨量のパラメータがありますが、ゲームにはあまり影響ありません。

雨が多い地域は雨天中止になることが増えるとは思いますが。

もちろん無理に変更しなくてもかまいません。

秘書を決める

最初の候補者は4人います。

能力的には変わりませんので、誰でも好きな人を選べば良いでしょう。

契約期間は5年間で、更新も変更もできます。

つくろう選手

2年目以降に架空の選手をチームに入団させられます。

登場時は18歳で年俸240万円、ポジション・利き腕は自由に決められます。

初期能力はかなり低目ですが、実はSランク級の能力を秘めています。

チームに2人まで在籍可能です。

ただし、事前に作っておかなければ出現しません。

1年のスケジュール

1年目は3月からスタートします。

初期資金は10億円です。

1月

完全OFFです。

2月

キャンプが始まります。

キャンプ地は次の候補地から選べますが、前年のチーム成績によっては選べないキャンプ地もあります。

  • 自球場
    費用0円。
    住み慣れたわが家が一番。
  • 沖縄
    費用3200万円。
    南海のエキゾチック in 沖縄。
  • ハワイ
    費用6000万円。
    南からの風そしてフラダンスの夜。
  • オーストラリア
    費用8000万円。
    前年Aクラスが条件。
    南半球自然がおりなすダイナミズム。
  • アリゾナ
    費用1億円。
    前年Aクラスが条件。
    太陽の国にようこそ!
  • エジプト
    費用1億3000万円。
    前年リーグ優勝が条件。
    ピラミッドパワーをこの手に…。
  • アマゾン
    費用1億6000万円。
    前年日本一が条件。
    原始の鼓動が今、ここに!

それぞれのキャンプ地では、そのキャンプ地特有のトレーニングも用意されています。

3月

自球場に戻りキャンプを継続しながら、オープン戦が始まります。

1週間に2試合ずつ、4週間で計8試合が行われます。

ホーム4試合、ビジター4試合となっており、勝利ボーナスは500万円です。

契約してくれるテレビ局は、チーム成績によって変更されます。

  • どんぞこテレビ
    月末時点で6位の時。
    1試合の放映権料は300万円。
  • あかまるテレビ
    月末時点で5位以上の時。
    1試合の放映権料は500万円。
  • あっぱれテレビ
    月末時点で3位以上の時。
    1試合の放映権料は1000万円。
  • ダントツテレビ
    リーグ2連覇したら出てきました。
    1試合の放映権料は2000万円。
  • サテライトップ
    5回目の日本一の後出てきました。
    1試合の放映権料は3000万円。

どのテレビ局も、月末時点での順位が良ければ単価アップしてくれます。

4~10月

シーズンが始まり、他5球団と27試合ずつ計135試合を戦います。

週の前半3試合・週の後半3試合で、1週間で6試合のスケジュールが組まれています。

他リーグとの交流戦は残念ながらありません。

7月4週前半にはオールスターが開催されます。

ドーム球場以外では雨天中止もありますが、遅くとも10月2週までにシーズンが終了します。

リーグ優勝すれば、10月3週後半から日本シリーズが始まります。

3回日本一になると、10月4週後半から全米選抜との日米対抗シリーズが始まります。

日米対抗シリーズに勝つと、世界選抜とのドリームシリーズが始まります。

どちらも日本シリーズと同じく、先に4勝した方が勝ちです。

どちらも相当強い相手ですが、特に世界選抜はかなり手強い相手になります。

さらに日程が詰まっているせいか投手のスタミナがほとんど回復しませんので、苦しい戦いになることは間違いありません。

11月

ここからはストーブリーグの始まりです。

選手の引退

まず自チームで引退を考えている選手が引退の意思を伝えてきます。

しかし慰留すると100%引き留められますので、あまり気にしなくても良いでしょう。

そのあと他チームの選手の引退発表があります。

他チームの選手は引き留められません。

来季の首脳陣決定

次に来季の首脳陣を決定します。

今期と同じでいいのならそのままでもOKです。

ただし75歳の首脳陣は引退になります。

変更する場合の候補者は監督が10人、野手コーチ・投手コーチ・国内スカウト・海外スカウトは5人表示されます。

ドラフト会議

最後にドラフト会議です。

スカウトがリストアップした選手の中から1位指名を選びます。

スカウトに発掘させた選手に限り、単独1位指名ができます。

単独1位指名選手は抽選がなく、確実に獲得できます。

他のチームはそういうことをしませんのでフェアではありませんが…。

単独1位指名以外で1位指名が重複した時はくじ引きします。

2位以下は成績下位球団より順に指名の折り返しになり、くじ引きはありません。

昔懐かしのパンチョ伊東さんの声がいいですね。

入団交渉

ドラフト会議が終わったら、指名した選手との入団交渉に入ります。

金銭面で合意しない場合は入団してくれません。

お金がない時は、契約金の代わりに年俸を上げてやっても喜んで入団してくれます。

12月

選手のFA(フリーエージェント)と契約更改があります。

FA

FA宣言した選手の一覧が表示されます。

自チームの選手も何の相談もなく、いきなりFA宣言してしまいます。

FA宣言できるのは、1チーム3人までとなっています。

FAした選手を獲得したければ、年俸の3倍の契約金を払わなければいけません。(契約期間は3年間)

他チームからのFA選手は2人までしか獲得できません。

どのチームとも契約できずにそのまま消える選手もたまにいるようです。

契約更改

1年の最後に選手との契約更改です。

まず全体の査定として「甘め」「普通」「渋め」が選べますので、どれにするか選択します。

どれを選んだとしても、選手個別に微調整は可能です。

保留した選手がいる場合は、再度年俸を決め直します。

2回保留した選手とは、個別交渉に入ります。

1人ずつ個別で面談し、決裂した場合は怒って退団してしまいます。

ゲームオーバーの条件

ゲーム_見出し4

ゲームオーバーになる条件は3つあります。

  1. ゲーム中に所持金が0未満になる
  2. オールスター戦までに20勝以上できなかった場合
  3. 契約更改で投手が1人未満または野手が9人未満になった場合

1年目でなかなか厳しいのが、実は2のオールスターまでに20勝です。

どの球団を選んでもイヤになるくらい負け続けます。

それさえ乗り切れば、それほど気にしなくても良くなると思います。

ということで、今回は終わりにします。