【プロ野球チームもつくろう!】年度別選手成績(3、4年目新人選手)

前回からの続きです。

石川未乗:投手

年齢チーム防御S四死イニングWHIP
26ブルーウェーブ3.7940017365191638.01.45
27ハンマーヘッズ3.9000017371151432.31.61
28ハンマーヘッズ3.68000102048922.01.27
29ハンマーヘッズ4.0900012242121022.01.64
30ハンマーヘッズ4.66100420381019.31.45
31バファローズ5.2368375174215991156.71.49
32バファローズ3.4210100102171157269181.31.34
通算4.182118323748251193219471.71.43

Sランクの投手だが入団時は既に25歳。ブルーウェーブに入団。古沢とのトレードで翌年に獲得するが4年間で特に目立った成績は残せず。その後バファローズにトレード、32歳時は開幕から先発ローテーション入りし10勝(10敗)をするも早々に引退してしまった。通算21勝は寂しい。

Sランクの投手だが入ってくる年齢が高い上に練習設備も揃っていないので能力全開まで育てられない。球速も143kmにしかならなかったがMAXではどのくらいになるんだろうか?でもSランクとしては取る必要のない投手の一人だと思う。

九重海山:捕手

年齢チーム打率打点打数四死OPS
23ハンマーヘッズ0.0000105000200.000
24ハンマーヘッズ000000000
25ハンマーヘッズ0.2813281148113534073500.899
26ハンマーヘッズ0.3353996448716336067611.058
27ハンマーヘッズ0.29544110250214838160571.004
28ハンマーヘッズ0.28955120153615533291561.022
29ハンマーヘッズ0.31553110753016737475711.096
30ハンマーヘッズ0.356571459548195341271651.198
31カープ0.33756113551417338968681.186
32カープ0.34454131851117646582711.195
33カープ0.2924487550414737069821.018
34カープ0.3303165150016540064711.009
通算0.31746510594351181624373337226521.070

Sランクの捕手としてドラフト1位指名。城島とつくろう選手が同ポジションだったため3年目から外野手でのスタメンとなる。その後の活躍は言うまでもないがハンマーヘッズで4年連続ホームラン王、3年連続打点王を取り、カープに移籍してからは2年連続3冠王と全盛期の落合以上の成績を収めた。34歳時も全盛期からすれば見劣りするものの3割30本以上を打ちながら早々に引退。それにしても5年連続50本以上、通算465本塁打はすごいというしかない。

泣く子も黙る九重海山。もちろん球史に残る選手と言われます。今回初めて自分のチームに入れましたが城島より打力はずっと上ですね。ただ落合の3冠王の打撃をやりまくっても成長しきるのに5年もかかってしまいました。あと城島は30歳超えてからも能力の落ち方がゆっくりなのに対して九重の方はけっこう早く落ちてしまいます。結果的に城島より早く引退してしまいました。

小谷孝司:投手

年齢チーム防御S四死イニングWHIP
21ハンマーヘッズ3.2941010305261027.32.05
22ハンマーヘッズ5.212101519391119.01.47
23ハンマーヘッズ6.62120921461317.71.53
24ハンマーヘッズ11.57110618671511.72.14
25ハンマーヘッズ7.712118213171214.02.71
26ハンマーヘッズ9.720104155898.32.76
27ハンマーヘッズ12.600004203121410.03.20
28ハンマーヘッズ9.450102112276.71.95
29ハンマーヘッズ6.000003112669.01.89
30バファローズ6.825150741932688117154.31.82
31バファローズ4.62611093155307687169.31.36
32バファローズ5.947130901673379103156.01.58
33バファローズ5.3447065132176675126.31.57
34バファローズ4.69100174210182548.01.25
通算5.8333541400855149420504777.71.64

ここからは5年目の新人選手になります。Aランクの投手だが、人数合わせのために獲得。後にトレードに出そうと思っていたが、なかなかタイミングが合わず結局29歳までの9年間をハンマーヘッズで過ごした。当然Sランク投手に囲まれていたため鳴かず飛ばずだったが、バファローズに移籍するといきなりローテーション入り。その後3年半ほどローテーション投手の座を守ったが、成績はパッとせず。キャリアハイは7勝に終わった。

能力的には球威、制球はまあまあだが変化球の値が低い。スタミナがあるので先発向きだが、Sランクが多いとさすがにその機会は与えられず。球速も145kmほどとそれほど速くはない。Aランクの投手としてはそれほど能力が高いとは思えないが、同年は投手のSランクは登場せず。同じAランクなら如月忍か和芳郎を獲った方が良いかも。

原辰徳:内野手

年齢チーム打率打点打数四死OPS
24ドラゴンズ0.26702030810700.567
25ハンマーヘッズ000000000
26ハンマーヘッズ000000000
27ハンマーヘッズ0.5000102110001.500
28ハンマーヘッズ000000000
29ハンマーヘッズ0.5000102100101.000
30ハンマーヘッズ0.0000001000000.000
31ドラゴンズ0.3242985749115938068820.999
32ドラゴンズ0.3212573452116737371630.941
33ドラゴンズ0.2942381454416043066550.859
34ドラゴンズ0.2632263152513833070500.778
35ドラゴンズ0.2791244143312122050570.777
36ドラゴンズ0.3330006200000.667
通算0.29611135017255575717533333070.869

Sランクの内野手としてドラゴンズに入団したが2年目にハンマーヘッズへ。期待されたが層の厚い内野手陣からレギュラーを奪うことなく31歳時に再びドラゴンズへトレード。古巣ドラゴンズでは不動の4番として活躍し、Sランクの意地を見せる。しかし35歳からは衰えが目立つようになり、36歳で現役引退。

ON後に巨人の4番を打った言わずと知れた若大将。しかしどの能力も平均以上はあるが飛びぬけたものは見られず。どうやっても3割30本くらいの打者に落ち着きそう。Sランクとしてはイマイチ物足りない。

タイトルとURLをコピーしました