【ザ・タワー】効率的な移動設備の設置方法について詳しく解説

このゲームは、いかに効率良く住人を移動させるかが勝負です。

住人の特性を知る

住人を効率良く移動させるには、まず住人がどのように移動するのか理解しなければいけません。

住人のストレスと行動パターンについて、詳しく説明します。

住人のストレス

住人は、次のような時にストレスを感じます。

  • 移動によるストレス
    移動にかかる時間や疲労で発生するストレスです。
    エレベーターが遠い、待ち時間が長い、歩き疲れるなど。
    ただし、特大エレベーターへの横移動ではストレスを感じません。
  • 環境によるストレス
    騒音や不便さによって発生するストレスです。
    医療室や駐車場がない、テナントがうるさい、テナント料が高いなど。

ストレスが極限に達すると、住人はビルから出て行ってしまいます。

行動パターン

ビルの住人には、いくつかの行動パターンがあります。

  • 最寄りの移動設備を使う
    遠くのエレベーターより近くの階段を使います。
  • エレベーターの乗り継ぎは1回だけ
    乗り継ぎはロビー階でしか行いません。
  • エスカレーターは5回、階段は2回まで乗り継ぐ
    1Fからエスカレーターなら6Fまで、階段なら3Fまで移動できます。
  • 目的の施設は最寄りのスカイロビーと1Fで探す
    他のスカイロビーでは探しません。

これらの特性を十分に理解した上で、ビルのレイアウトを作っていく必要があります。

ビルのレイアウト

ビルのレイアウトは、人それぞれです。

ここでは、いくつかのレイアウト例を紹介します。

レイアウト作成における注意点としては、次のようなことがあります。

  • 1つのフロアには1種類の施設しか設置しない

その理由は、住人は音に敏感であるからです。

例外は、オフィスとセコムルーム、ホテルの部屋とメンテナンスルームくらいでしょうか。

レストランとショップも同じフロアでOKです。

それ以外の施設を隣接させると、静かな方の住人から「うるさい」と苦情が出ます。

音がうるさい順番は、次のようになります。

  • ショップ>オフィス>ホテルの部屋>分譲マンション

音が響くのは同じフロアだけで、上の階や下の階には響きません。

施設集中型

施設集中型のレイアウトでは、ロビーとロビーの間を1つの施設で固めてしまいます。

例えば、次のような感じです。

  • B1~B6:レストラン・ショップ・映画館・医療室・パーキング・ゴミ回収場など
  • 1F:ロビー
  • 1~14F:オフィス・セコムルーム
  • 15F:スカイロビー
  • 16~29F:ツイン客室・メンテナンスルーム
  • 30F:スカイロビー
  • 31~44F:スイート客室・メンテナンスルーム
  • 45F:スカイロビー
  • 46~74F:分譲マンション
  • 75F:スカイロビー
  • 76F~80F:イベントホール、大聖堂、自分の住宅

下の階層にオフィス・ホテルを固め、45F以上はセレブたちが住む高級マンションという感じでしょうか。

このように作ると外観はキレイですが、大きな問題が発生します。

それは、特定の時間帯にエレベーターが大混雑するということです。

オフィスのロビーでは、出勤時・退社時になるとエレベーターが大混雑します。

ホテルのロビーでは、チェックイン時・チェックアウト時になるとエレベーターが大混雑します。

そうなると、住人のストレスがMAXです。

住人のストレスがMAXになると、そのテナントは空きテナントになってしまいます。

施設分散型

施設分散型のレイアウトでは、ロビーとロビーの間にいろいろな施設を混在させます。

15Fから30Fまでの間なら、次のような感じですね。

  • 15F:スカイロビー
  • 16~19F:オフィス
  • 20~23F:ツイン客室
  • 24~26F:スイート客室
  • 27~29F:住宅
  • 30F:スカイロビー

少し外観は悪くなりますが、エレベーターの混雑は緩和されます。

その理由は、施設によってエレベーターを使うピークの時間帯が異なるからです。

さらに細かく分けるには

1つのロビーにスタンダードエレベーターを2基設置するのであれば、さらに細分化できます。

15~22Fで1基、23~30Fで1基使う場合は、次のようになります。

  • 15F:スカイロビー
  • 16~17F:オフィス
  • 18~19F:ツイン客室
  • 20~21F:スイート客室
  • 22~23F:住宅
  • 24~25F:スイート客室
  • 26~27F:ツイン客室
  • 28~29F:オフィス
  • 30F:スカイロビー

23~29Fの住人のスカイロビーが30Fになりますが、15Fに下りるより近いので問題ないでしょう。

移動設備を極める

次に、住人を運ぶ移動設備について詳しく解説します。

ある意味、ここが1番重要なところです。

設置上限数

移動設備は、それぞれ設置できる上限数が決められています。

エレベーター

エレベーターは3種類ありますが、種類に関係なく合計24基まで設置可能です。

24基をどのように割り振るかについては、1つのロビーにどのエレベーターを何基割り振るかを考えます。

まず1Fのロビー階ですが、必要なのは普通のエレベーターだけです。

特大エレベーターは必要ありません。

次にスカイロビーについてですが、スカイロビーは15F・30F・45F・60F・75Fの5つあります。

スカイロビーに必要なのは、普通のエレベーターに加えて特大エレベーターです。

サービスエレベーターは従業員用ですので、1つか2つあれば良いでしょう。

ということで割り振っていくと、次のようになります。

  • 1Fロビー:スタンダードエレベーター2基
  • スカイロビー:スタンダードエレベーター2基+特大エレベーター2基
  • サービスエレベーター:2基

全部足すと、ちょうど24基になります。

階段・エスカレーター

階段・エスカレーターは、種類に関係なく合計64個まで設置可能です。

単純にロビーの数で割ってやれば、1つのロビーで設置できる数が計算できます。

ロビーが6つあることを考えると、割り振りは次のようになります。

  • 各ロビーに対して約10個まで設置可能

設置方法

各移動設備の割り振りも決まったところで、次は各移動設備の設置方法について解説します。

スタンダードエレベーター

スタンダードエレベーターは、1つのロビーに対して2基使います。

どこに設置するかですが、部屋からスタンダードエレベーターまでの移動はストレスになります。

なので、ビルの中央付近に配置するのがベストです。

担当させる階は、2基で分けた方が良いでしょう。

30Fのスカイロビーを例にすると、次のような割り当てが考えられます。

  • 23~30Fで1基
  • 30~37Fで1基

どちらも、ロビー階を含めて8フロアの担当になります。

カゴの待機階

次に、カゴをどの階で待機させるかを決めます。

カゴは、1つのエレベーターに対して6個まで設置できます。

個人的にはロビー階に1個、あとは離れているフロア順に1個ずつ待機させるのが良いと思います。

特大エレベーター

特大エレベーターは、1つのスカイロビーに対して2基使います。

どこに設置するかですが、特大エレベーターまでの移動はストレスになりません。

なので、ビルの中央付近に設置する必要はありません。

中央はスタンダードエレベーターに譲って、端の方に設置しましょう。

スカイロビーに来る住人及び一般客は、1FまたはB1~6から来ます。

なので、1F専用とB1~6専用で1基ずつ割り当てるのが効率的です。

ちなみに、特大エレベーターはマリオカートで言えばクッパのイメージです。

トップスピードは速いですが、いかんせん加速が遅すぎます。

なので、スカイロビーまたぎ(1F→15F→30Fなど)はしない方がいいでしょう。

直通のみ(1F→15F、1F→30F、1F→45Fなど)で使います。

30階のスカイロビーを例にとると、担当する階は次のように分けます。

  • 1F→30Fで1基
  • B1~6→30Fで1基
カゴの待機階

特大エレベーターのカゴは、スカイロビーに3個、最下階に3個の待機で良いでしょう。

常に一方通行にしておく方が効率的です。

階段・エスカレーター

階段・エスカレーターは、1つのロビーに対して10個まで使えます。

これらは、スタンダードエレベーターの負担を減らすために使いましょう。

先ほど、1つのスタンダードエレベーターの担当階は8フロアと書きました。

しかしカゴは6個しかありませんので、できれば6フロアにしたいところです。

そうすれば、各階にカゴを待機させられますからね。

ということは、2フロアを階段・エスカレーターに担当させれば良いということになります。

なので、ロビー階の上下2フロアを階段・エスカレーターで担当させます。

設置場所は、ビル中央~ビル端の中間地点がベストです。(1フロアにつき2ヶ所)

エスカレーター設置の裏技

階段とエスカレーターどちらを設置するかですが、当然エスカレーターを設置したいところです。

しかし通常のやり方では、ショップとレストランの前にしか設置できません。

ちょっとした裏技として、次のようなものがあります。

  1. エスカレーターを設置する場所の施設を壊す
  2. レストランを設置する
  3. エスカレーターを設置する
  4. レストランを壊す
  5. 他の施設を設置する

この方法で、どこでもエスカレーターを設置できます。

サービスエレベーター

サービスエレベーターは、ビル従業員が使います。

レストランとゴミ回収場、ホテルの部屋とメンテナンスルームを接続するために必要です。

しかしルームキーパーにエレベーターを使わせるのは、効率が悪すぎます。

エレベーターの待ち時間ができてしまいますので。

それを避けるために、ホテルの部屋がある階にメンテナンスルームを1部屋設置します。

そうすることで、ルームキーパーの他の階への移動がなくなります。

あとはレストランを地下に置いて、ゴミ回収場と直結させれば良いでしょう。

  • レストランのある階とゴミ回収場を直結

エレベーターの設定

エレベーターは、1つ1つ個別に動き方の設定ができます。

正直どの設定にしても一長一短ですので、そこは好みです。

下記の項目について設定できます。

  • 曜日・時間帯ごとのカゴの動き
    平日・休日の時間帯ごとに各階停止・下り急行・上り急行が設定できます。
    ロビーが混雑する時間帯は下り急行、その逆の時間帯は上り急行でもいいかもしれません。
  • 標準待機階
    どの階でカゴを待機させるかを設定します。
    6個について個別で設定できます。
  • 停止・非停止階
    通過させたい階がある場合に設定します。
  • 待機機対応の条件
    住人がボタンを押したときに、どれだけ離れていれば他のカゴに任せるかを設定します。
  • ロビー階出発の間隔
    住人が乗ってから出発するまでの時間を設定します。
    0秒・30秒・60秒・90秒で設定できます。
    定員に達するとすぐに出発します。

これについては、いろいろ試してみてください。

ということで、今回は終わりにします。