【ザ・シムズ4】ティーンだけで学生寮的なものを作ってみましたが…

男子生徒1人と女子生徒7人というハーレム構成で学生寮的なものを作ってみました。

まずは空いている土地に引越し

これまでずっと、夫婦に子供2人という絵に描いたような幸せな家庭で遊んできました。

しかし、幸せな家庭というのは刺激がなさ過ぎます。

退屈なので飽きてしまいました。

ということで、新しい世帯を作ることにしましたが…。

次に作ってみたいのは、ズバリ男1人に女7人というハーレム構成です。

しかし大人の世帯では、少し生々しくなり過ぎです。

ということで、全員ティーンにして学生寮的なものを作ってみることにします。

思い立ったが吉日と言いますからね、まず学生寮を作る区画を決めます。

そんなに広い土地は必要ありませんので、30×20で十分でしょう。

そこに今の家庭から自分だけを引越しさせました。

奥さんと子供が置いてけぼりになりますが、しばらく我慢してもらいましょう。

いつかまた、戻ってくるかもしれません…。

次に学生寮を建てなくてはいけませんが、お金が全然足りません。

ということで、50万シムオリオンほど調達します。

そういう時は、次のMODが便利です。

欲しい金額を打ち込むだけで、一瞬で大金が手に入ります。

昔はmotherlodeというチートコードを使っていましたが、もうそんな必要はありません。

便利な世の中になったものです。

さらに、大人の自分をティーンに若返らせます。

MCCがあれば、こんなことも余裕で可能です。

次は、いよいよ学生寮の建設に取りかかります。

学生寮の建設

今回建設した学生寮のレイアウトは、上の画像です。

建物正面に玄関、中に入るといきなり大広間があります。

真ん中に長いテーブルを配置、その左右には最新式の冷蔵庫・調理台・コンロと自動洗浄機を並べました。

もちろん全て壊れないようにアップグレードさせます。

ここでみんなで仲良く食事をしながら、交流を深めてもらう予定です。

その奥に共用となる自浄式の最新トイレ4室、泡風呂機能付きのバスルーム2室を設置。

8人暮らしとしては、これで十分でしょう。

そして、大広間を囲むように学生たちの部屋を配置しました。

部屋は個室と寝室のセットです。

各個室の机上には最新式のPCをセット、部屋での歓談もできるように高級ソファも配置。

そして寝室には、いつ間違いがあってもいいようにスペシャルな高級ダブルベッドを設置。

少し迷いましたが、個室には鍵をかけません。

ただし、一応誰の部屋か明確にしたいのでPCとベッドは部屋の持ち主しか使えないようにします。

少し贅沢にし過ぎたような気もしますが、とりあえずこれで完成です。

ちなみに自分の部屋は左下の隅にしました。

女子生徒7人の引越し

次にやらなければいけないことは、当然ながら学生寮に入る女子生徒7人の引越しです。

女子生徒は新しく作ってもいいのですが、面倒くさいので既存シムを連れてくることにします。

となると、ここで役に立つのはやはりMCCです。

ポストをクリックすると、好きなシムをすぐにこの場に呼び出せます。

ティーンの女子を呼び出して、どんどん世帯に加えていきましょう。

MCCを使えば簡単です。

いきなり両親と引き離されるのは少しかわいそうですが、そこはしばらく我慢してもらいましょう。

ということで、女子7人を世帯に加えて男子1人・女子7人の8人世帯が完成しました。

なかなかエキサイティングですね。

とりあえず、これでゲームを進めて様子を見てみることにしましょう。

ゲームスタート

ゲーム時間で2~3日の間ボーっと見ていましたが、早くもおかしなことに気付きました。

平日だというのに、なぜか誰も学校に行こうとしないのです。

幸せな家庭で遊んでいた時は、ティーンの娘は毎日学校に行っていましたが…。

ひょっとしたらと思い、スマホで「仕事を探す」を覗いてみると…。

なんと高校生という職業(?)が選べるではありませんか。

確かに高校生も、ティーンにとっては職業の1つなのかもしれませんが…。

ティーンは自動的に高校生になると思っていましたが、どうやら違っていたようです。

完全に肩透かしを食らいました。

早速全員高校生にしたところ、次の日の朝ようやく学校に行きました。

これで一件落着です。

それにしてもシムの世界はなかなか奥深いですね…。

なかなか思うようにはいかない

学校の時間は、平日の朝8時から昼の3時です。

授業はなかなかハードなようで、帰ってきたシムはけっこうぐったりしています。

シムがぶっ倒れる

それだけならいいのですが、帰ってきた途端に疲れて道路にぶっ倒れるシムも散見されました。

すぐに目を覚ましますが、それからはずっと画面(こちら)に向かって眠いアピールしています。

そして、夕方6時になるとすぐにベッドに潜り込んで寝てしまうのです。

なぜだろう?と思っていましたが、よく考えるとその原因が見えてきました。

それは、次のMODを導入していたからです。

これは、シムが昼寝しないようにするMODですね。

これが理由で、いくら疲れていてもベッドやソファで昼寝できなかったのです。

そして夕方6時になると解除されるので、すぐにベッドに潜り込んでいたということです。

早速このMODを外して、ゲームを再起動してみます。

すると学校から帰ってくると、ほとんどのシムが昼寝するようになりました。

以前のように、道路にぶっ倒れてみっともない格好で寝ることはなくなりました。

めでたしめでたし。

寝てばかり問題

とりあえず、No Autonomous Nappingを外すことで昼寝しない問題は解決しました。

しかし、また新たなる問題が発生しました。

今度は、高校生たちが寝てばかりという問題です。

高校生たちは学校から帰ると昼寝しますが、目が覚めるのはだいたい夕方6時過ぎです。

その後夕食を取ったり風呂に入ったりするのですが、夜10時くらいになったらまたベッドで寝てしまいます。

そして、余程のことがない限り朝まで寝ています。

なので、高校生たちが自由に活動するのは実質4時間ほどです。

あとは寝ているか学校に行っているかのどちらかということになります。

これでは見ていても全く面白くありません。

その理由は何かと調べてみると、次のMODを入れていたのが原因でした。

これは体力が満タンになっても朝まで眠るMODです。

以前、子供がすぐ起きるのを阻止するために導入したMODですが…。

今回はどうも邪魔なようです。

ということで、Sleep All Nightも外すことにしました。

すると夜中の2時か3時過ぎに起きるようになり、ようやく他の生徒と交流するようになりました。

めでたしめでたし。

本当は寝る前に交流してほしいのですが、全く交流しないよりはマシでしょう。

どうも最初に想像していたハーレム状態とは程遠いですが、まだゲームは始まったばかりです。

焦らずじっくり観察していくことにしましょう。

ということで、今回は終わりにします。