【ザ・シムズ4】ティーンだけの世帯で学生寮的なものを作ってみましたが…

当然男子生徒1人と女子生徒7人というハーレム構成にしました。

まず引越し

まず学生寮を作る区画にシムを引越しさせます。

そんなに広い土地は必要ないので30×20の更地を選び、自分をモデルに作った男性シムを引越しさせました。

資金難には陥りたくないので、50万シムオリオン(シム世界でのお金の単位)ほど資金を調達します。

ここでも次のMODが便利ですね。

欲しい金額を打ち込むだけで、あっという間に50万シムオリオンが調達できてしまいます。

以前はチートで一生懸命「motherlode」を打ち込んでいたのがウソみたいですね。

資金を調達したら、次は学生寮のレイアウト作成に取りかかります。

学生寮的なレイアウトに

今回作ってみた家のレイアウトは次のような感じです。

建物正面は玄関、中に入るといきなり大広間があります。

真ん中に長いテーブルを配置、その左右には最新式の冷蔵庫・調理台・コンロと自動洗浄機を並べました。

もちろん全て壊れないようにアップグレードしてあります。

ここでみんなで仲良く食事をしながら歓談してもらう予定です。

その奥に共用となる自浄式の最新トイレ4部屋、泡風呂機能付きのバス2部屋を設置。

8人暮らしとしては、これで十分でしょう。

そして大広間を囲むように学生たちの部屋を配置しました。

部屋は個室と寝室のセットです。

各個室の机上には最新式のPCをセット、部屋での歓談もできるように高級ソファも配置。

そして寝室には、いつ何かの間違いがあっても大丈夫なようにスペシャルな高級ダブルベッドを設置。

部屋に鍵はかけませんが、一応誰の部屋か明確にするためPCとベッドは部屋の持ち主しか使えないように設定します。

テレビもステレオもありませんが、とりあえず1人に1台PCがあれば退屈しないのでOKでしょう。

男子生徒の部屋は左下の隅にすることにします。

女子生徒搔き集め

次に学生寮に住む女子生徒7人のメンバー選定です。

女子生徒は新しく一人ひとり作ってもいいのですが、時間がかかるので今回はやめておきます。

となると、ここで役に立つのはやっぱりMC COMMAND CENTERですね。

ポストをクリックすると、好きなシムをすぐにその場に呼び出すことができます。

適当に若そうな女性シムを7人選んで呼び出して、これもMC COMMAND CENTERの機能を使って世帯に加えていきます。

中にはティーンではなく若者シムもいましたが、これもMC COMMAND CENTERの機能を使ってティーンに無理やり世代変更させてしまいます。

本当にこのMC COMMAND CENTERは何でもできるので非常に便利ですね。

あっという間に男子1人・女子7人という危険な香りのするティーンだけの8人世帯が完成しました。

とりあえず、これでゲームを進めてしばらく様子を見てみることにしましょう。

ゲームスタート

ゲーム時間で2、3日の間ボーっと見ていましたが、平日だというのになぜか誰一人学校に行こうとしません。

無理やり世代交代させたからバグったのかと一瞬思いましたけど、それは全然違いました。

「仕事を探す」を選んでみると、他のバイトと並んで高校生という職業(?)が選べるようになっています。

確かに高校生もティーンにとっては職業のひとつかもしれませんね。

ティーンは強制的に学校に行かされるものだと思っていましたが、完全に肩透かしを食らいました。

早速全員を高校生にして様子を見ていると、次の日の8時にみんな揃って学校に行きました。

めでたしめでたし。

こうして世帯全員がいなくなると、自動的に3倍速になるので時間が短縮されて助かります。

ティーンは体力がない?

無事みんな学校に行ってくれましたが、授業が終わって帰ってくるのは昼の3時過ぎです。

授業は思ったより大変なようで、帰ってきた瞬間からどのシムもぐったりしています。

疲れがピークに達して、その場でへたり込んで眠りに落ちるシムも散見されました。

意識を取り戻した後も、ずっとこちらに手を振って眠いと訴えかけてきて遊ぶどころではありません。

そして夕方6時になると、ほとんどのシムがベッドに潜り込んで寝てしまいます。

どうもフリーウィル(自律行動)では、ベッドで寝るのは夕方6時以降という仕様になっているようです。

それと、次のMODを導入していたのもまずかったようですね。

これは昼間にベッドやソファで居眠りをしないようにするMODです。

シムの生活リズムが乱れないようにするために以前導入したMODですが、これがどうも邪魔しているようなので外しました。

すると学校から帰ってくると、ほとんどのシムがベッドかソファで居眠りをします。

その後起きてから夕食を食べたりトイレに行ったり風呂に入ったりしていますが、居眠りではそれほど体力が回復しないので夜の10時くらいにさっさとベッドに入って寝てしまいます。

それにしても大人シムと比べると、ティーンは体力の減りが早いような気がします。

その後は特に何もなければ、学校が始まる2時間前の朝6時まで目を覚ましません。

次のMODを導入していますからね。

これは体力が満タンになっても朝まで眠るMODです。

これで一見まともになったようですが、しかしどのシムも寝てばかりいるので見ていても面白くありません。

せっかく4時間ほどで体力満タンになる高級ダブルベッドを8個も導入しているのに、これでは宝の持ち腐れです。

ということで、Sleep All Nightも外すことにしました。

そうすると夜中の2時か3時過ぎに起きるシムも続出しましたが、そこでようやくお互いの部屋を行き来していろいろ交流を深めるようになりました。

この学生寮では夜中に交流するというのが自然なようですので、しばらくそのままで放っておくことにします。

ここで期待しているのは男子生徒と女子生徒7人とのドロドロした人間関係ですが、まだまだずっと先の話になりそうです。

タイトルとURLをコピーしました