プレステ2版ホースブレーカーの攻略③(引退時期・調教方針・調教助手の入替)

ホースブレーカーは、コーエーから2001年に発売されました。

超地味な競馬ゲームです。

コーエーの競馬ゲームと言えば、ウイニングポストの方が有名です。

ウイニングポストは馬主のゲームですが、ホースブレーカーではプレイヤーは調教師になります。

なので、強い馬を入厩させて大レースに勝つことが主な仕事です。

マニアックですが、競馬ゲームが好きな人はなかなかハマると思いますね。

ということで、今回は「プレステ2版ホースブレーカーの攻略③(引退時期・調教助手)」を書いていきます。

引退時期

調教師は、限られた馬房(最大20)の中で1つでも多く勝つことを考えなければいけません。

なので、成長のピークを過ぎて勝てなくなった馬はさっさと引退させていきます。

その代わりに、フレッシュな新馬をどんどんデビューさせます。

競走馬は6歳の12月末で自動的に引退となりますが、それまでは待てません。

問題は引退時期をいつにするかですが、これは馬の成長タイプを見て決めます。

馬の成長タイプ(早熟~晩成)ごとの引退時期は、下記で良いと思います。

  • 早熟:3歳の12月末
  • 普通:4歳の12月末
  • 遅い:5歳の12月末
  • 晩成:6歳の12月末

デビュー前に引退時期も決めておけば、空き馬房も事前に計算できます。

なので、年ごとに必要な新馬の頭数も把握できます。

調教助手

調教についてのプレイヤーの仕事は、馬ごとに大まかな方針を決めるだけです。

あとは、調教助手がその方針通りに馬を仕上げてくれます。

方針は「おまかせ」「疲れ注意」「ケガ注意」「レースまでに」など、全部で15種類あります。

ただ、調教助手は全ての方針をこなせるわけではありません。

個々の能力によって、できる方針とできない方針があります。

調教助手は2人まで雇えるので、どの方針でもできるようにするのが理想です。

問題はどの方針を指示するのが1番良いかですが、個人的なおススメ方針は「ベスト体重」です。

「ベスト体重」にしておくと、毎回ほぼベスト体重でレースに出走させられます。

仕上げはそれほどでもありませんが、強い馬ならそれで十分です。

他の方針では体重管理が甘く、けっこう太目残しやガレ気味でレースに出すのが気になります。

どれも一長一短あるので、いろいろ試して1番しっくりくる調教方法を探せば良いと思います。

調教助手の入替

調教助手は、2人まで雇えます。

しかし、2人とも自分がやりたい調教方針ができない場合もあります。

その時は、どちらかを入れ替えるしかありません。

ただ、調教助手の入れ替えはなかなか大変で時間がかかります。

調教助手を入れ替える手順は、下記になります。

  1. クビにしたい調教助手の担当馬を0にする
  2. 数ヶ月ほど経つと、その調教助手に他の厩舎から誘いが来る
  3. 他の厩舎へ行くのを承諾して、調教助手の空き枠を作る
  4. 数ヶ月ほど経つと、雇ってほしい調教助手が現れる

ただ、新しく現れた調教助手もやりたい方針ができない場合もあります。

その時は、また次の人が現れるまで待つしかありません。

そうこうしていると、運が悪ければ2~3年かかってしまいます。

ホースブレーカーの購入方法

プレステ2版ホースブレーカーは、下記で購入できます。

楽天市場とYahoo!ショッピングは、ポイントサイトを経由するとお得です。

また、メルカリの新規登録もポイントサイトを経由するとお得です。

おススメのポイントサイトは下記の2つです。

その時々でポイント還元率の高い方を使います。

ということで、今回は終わりにします。