【ダービースタリオンIII】調教のやり方とレースの使い方について詳しく解説

これまで何頭もの最強レベルの馬を故障で潰してきました…。

調教のメニュー

調教には下記のメニューがあります。

  • ダート
    強め以上で追うとスタミナアップ。

  • 強め以上で追うとスピードアップ。
  • ウッド
    強め以上で追うとスタミナアップ。(脚元の負担はダートより少ないが、疲れが溜まる)
  • 坂路
    スピードアップ。
  • プール
    脚元に負担をかけずにスタミナアップ?+体重調整。

ダート、芝、ウッドを選択した時に単走または併せ馬が選べます。

  • 単走
    一頭で追います。体重減無し。
  • 併せ馬
    勝負根性がアップ。調子を変える効果もある。体重2kg減。

単走か併せ馬かを選んだ後に調教の強さを選べます。

  • 一杯
    ムチを入れて精一杯追います。気性もアップします。体重4kg減。
  • 強め
    普通の調教です。体重2kg減。
  • 馬なり
    調整用。体重を減らしたくない時に使います。体重減無し。

調教の方法

入厩させたらその週からすぐに調教に入ります。

調教は毎週水曜日と木曜日の2日間実施できます。

考え方としては、レースでバテにくくするために調教ではまずスタミナを十分付けてしまいます。

そのために、まず「ダート・単走・強め」を50回実施します。

これは当時のダビスタ四天王の誰かが言っていた調教方法です。

それが終わったら、調子を変えながら鍛えたい時は「芝・併せ馬・強め」、調子を変えたくない時は「芝・単走・強め」、調子だけを変えたい時は「ダート・併せ馬・馬なり」をしていけばOKです。

理想体重について

馬には理想体重というものがあります。

理想体重付近でレースに出すと能力を発揮しやすくなるので、調教時からできるだけ理想体重をキープするようにしましょう。

調教師の調教後のコメントで理想体重が分かります。

毛づやがいい状態でのコメントは次のようになります。

  • だいぶ重い ⇒ 理想体重+20kg以上
  • ちょっと太い ⇒ 理想体重+10~18kg
  • 毛づやがいい ⇒ 理想体重+0kg~+8kg
  • カイ食いが良くなってきた ⇒ 理想体重-2kg以下

調子の流れについて

馬の調子は下記のように変わっていきます。

  1. 少しずつ調子が上がってきた
  2. 毛づやがいい or カイ食いも良くなってきた(理想体重より軽い時)
  3. 調子が上がってきた or 順調にきています(前走が1着の時)
  4. 絶好調 or 文句のない状態
  5. 相変わらず元気
  6. 特に良くも悪くもない
  7. 調子がハッキリ落ちています
  8. このところずっと調子が悪い or カイ食いも落ちてきた(理想体重より軽い時)

1~6の状態では放っておいても次の週に体重は回復しますが、7、8の状態では次の週になっても体重が回復しないどころか減っていることさえあります。

このゲームは増えた体重を調教で能力に変えていくイメージなので、体重が回復しないのは好ましくありません。

なので7、8の状態の時は理想体重を下回っていたとしても、1の状態に戻るまで「ダート・併せ馬・馬なり」を繰り返しましょう。

放牧はしない

馬はずっと調教を続けていたり、レースに出したりすると疲れが溜まってきます。

疲れが溜まってくると、当然故障しやすくなります。

ではどうするかというと、放牧に出すという方法があります。

馬は1ヶ月くらい放牧に出すと心も体もリフレッシュして、全く疲れのない状態で厩舎に帰ってきます。

しかし放牧に出すと、多少スタミナが落ちてしまいます。

これも誰かが言っていましたが、「ダート・単走・強め」8回分に相当するスタミナが失われるそうです。

そうなると、帰厩してから1ヶ月間はスタミナ回復のためだけに調教が必要ということになります。

しかし放牧で1ヶ月、スタミナ回復で1ヶ月、合わせて2ヶ月もムダにしていては強い馬は作れません。

そういうわけで、基本的に一度入厩したら引退まで放牧はさせません。

故障したら

ただやはり一番怖いのは故障ですね。

体調を崩しただけなら調子が一番悪い状態になるだけなので問題ありません。

ソエも調子は上がりませんが全く問題ないので、無視して調教を続けて構いません。

骨折は長期休養になり調教できる量が減ってしまい痛いですが、完治はするのでピークになる前なら残しておいてもいいと思います。

一番怖いのは屈腱炎です。

一旦治ったとしても少し強い調教をしただけですぐに再発するので、一度屈腱炎になってしまったらもう引退させた方がいいかもしれません。

レースの選択

まずレースに使う距離についてです。

3歳時のコメントでスタミナがあると言われた馬は1800m~、スタミナのコメントがなかった馬は1600mまでのレースに使うのが無難です。

スタミナのない馬を中長距離のレースに使っても途中でバテてしまいます。

次に芝ダートの選択ですが、スピードのある馬は芝、スピードのちょっと足りない馬はダートに使います。

ダートは直線で叩き合いになることが多いので、勝負根性さえ十分にあればスピードがなくても競り勝つことができます。

自分はスピードのない馬は引退させてしまうので、あまりダートで使ったことはありませんが…。

種牡馬のダート適正については、正直あまりレースに影響しているような感じはありません。

ただし3歳時の新馬戦などは短距離レースがほとんどなので、もちろんデビュー戦はスタミナのある馬でも短距離で使います。

パドックのコメント

レースに出走させるとパドックで解説者が1頭ずつコメントしますが、言われるとちょっとイヤなコメントは次の3つです。

  • かなり入れ込んでいる
  • ちょっとうるさい
  • 休養明け

これらのコメントを言われると、いつもよりレースで引っ掛かりやすくなってバテやすくなるような気がします。

ただ最強レベルの馬なら、引っ掛かって前に行っても全然バテないので全く問題ありません。

出馬表の印について

パドックが終わると出馬表が表示され、そこに印が4つ並んでいます。

この印にも意味はあり、左から順に次のような評価になっています。

  1. 人気 + 実績?
  2. スピード + 気性
  3. スピード + スタミナ
  4. スピード + 勝負根性

ライバル馬では2と3はメジロマッコイーン、4はアグリキャップが◎になることが多いですが、最強馬を目指すならどの馬相手でもグリグリの◎を4つ並べたいところです。

騎手の選択と指示

最強レベルの馬でない普通の馬なら、騎手は得意戦法よりランクを優先して選んだ方がいいと思います。

下手な騎手は折り合いも付けられませんし、最後の直線でも横移動が遅く馬群に包まれやすくなります。

戦法はスタミナのある馬なら「先行」、スタミナのない馬は「差し」が勝ちやすいと思います。

ただし1200m戦、ダート戦(重馬場以外)、芝でも重、不良馬場の時は先行した方が勝ちやすくなります。

直線の叩き合いになることが多いですからね。

東京競馬場だけは直線が長いので、ひとつ後ろの戦法を使ってもいいかもしれません。

ただし最強レベルの馬の場合は全く違います。

そういう馬の理想的なレース展開は、スタートから向こう正面でドンドン前に行って直線先頭からさらに画面から消えるほど突き放して勝つ、というレースです。

まず騎手は出遅れさえしなければあとは捕まっているだけでいいので、ド下手な騎手でかまいません。

指示する戦法は当然「逃げ」の一手です。

ただブリーダーズカップに登録するような最強レベルの馬はほぼ全て「逃げ」の戦法になっているので、「逃げ」にしても先頭集団で最後の直線を迎えることは容易ではありません。

レースに使う調子

先ほども書きましたが、馬の調子は下記のように変わっていきます。

  1. 少しずつ調子が上がってきた
  2. 毛づやがいい or カイ食いも良くなってきた(理想体重より軽い時)
  3. 調子が上がってきた or 順調にきています(前走が1着の時)
  4. 絶好調 or 文句のない状態
  5. 相変わらず元気
  6. 特に良くも悪くもない
  7. 調子がハッキリ落ちています
  8. このところずっと調子が悪い or カイ食いも落ちてきた(理想体重より軽い時)

この中でレースに使うのは、2~5の状態の時がいいと思います。

6の時でも調子は悪くありませんが、次の週に7の調子になっていることが多く体重の回復に時間を要します。

なので2~5の間は単走で調子を維持しつつレースを使っていき、6の状態になったら併せ馬・馬なりで2の状態に早く戻すように調教します。

もし最強レベルの馬ができて、ブリーダーズカップに登録するなら全盛期に絶好調にしてからパスワードを取ればいいと思います。

サイキョウクラウド パスワード – Google 検索

グーグルで検索すれば強い馬のパスワードはいくらでも出てきますので、いつでも対戦させることが可能です。

タイトルとURLをコピーしました