【ガンダムシリーズ】超個人的最強パイロットランキング1~5位

動画配信_タイトル

ガンダムの歴代パイロットの強さランキングを個人的に決めてみました。

誰が一番強いのか?

初代機動戦士ガンダムの放送が始まったのは1979年ということなので、自分はその頃まだ子供でした。

なので、ドンピシャの世代より少し後の世代になります。

しかし年上の従兄がガンダムにハマっていましたので、自分もよく分からないまま影響を受けました。

一緒に映画に連れて行かれたりプラモデルを自慢されているうちに、だんだん好きになっていった感じですね。

最初はストーリーなどはどうでもよく、単純なロボットアニメとしてしか見ていませんでしたけどね。

ほとんどモビルスーツにしか興味がありませんでした。

プラモデルもたくさん作りましたね。

1/144スケールのやつが当時は300円くらいで売っていました。

ちゃんと指定された塗料までセットで買ったりしていましたね。

少量しか使いませんので、全てカピカピになりましたけど…。

ちなみにもういらなくなったガンプラがまだ家にある人はいませんか?

もしいたら、がんたく!で売れば思ったより高く売れるかもしれません。

まあ保存状態にもよるでしょうけどね。

ガンダムがただのロボットアニメより奥が深いと知ったのは、それからずいぶん経ってからですね。

「ガルマがシャアに謀られて死んだ」とか「ランバラルが実は渋いおっさんだった」とか「ドズルが怖いだけでなく実は熱い男だった」とかを知ったのは。

それよりも何よりも驚いたのは「キシリアが24歳だったこと」ですけどね。

どう見ても、あの見た目は30台半ばだろ?

ガンダムが深いアニメだと知ってからは当然「Ζガンダム」や「ZΖガンダム」「逆襲のシャア」まで後追いで見ました。

この4作品がいわゆるガンダムの正史でしょう。

その中でもやはり一番興味があるのは「誰が一番パイロットとして強いのか?」ということです。

これについてはかつての2ch時代から掲示板で盛り上がっていた話題ですけど、いろいろな意見がありますよね。

WEBで「ガンダム パイロット 最強」くらいで検索してもものすごい数が出てきます。

皆さん熱く語られていますけど、面白そうなので自分の意見も書きたいと思います。

と言っても今までに見た作品は「初代ガンダム」「Ζガンダム」「ZΖガンダム」「逆襲のシャア」の4作なのでその中でですけどね。

1位:アムロ・レイ

これはもう鉄板ですね。

仕方ないでしょう。

ファーストガンダムでの強さはもちろんですが、それよりもΖガンダムでの強さの方が印象に残っていますね。

7年間ブランクがあったにもかかわらず、ただの輸送機をアッシマーにぶつけましたからね。

そのアッシマーはブランが乗っていて、いくら重力がある地球とは言えそれまでシャアとカミーユを圧倒していました。

カミーユとシャアがモビルスーツで苦戦していたアッシマーにいきなり輸送機をぶつけて撤退させる、という格の違いを見せつけたような登場シーンでしたね。

逆襲のシャアでもリ・ガズィでギュネイのヤクト・ドーガを圧倒していました。

シャアがサザビーで出てきたあとも、サザビーと戦いながら間隙を縫ってヤクト・ドーガに一発当てていますからね。

まあシャアも全く本気を出していませんでしたが。

そういう細かいところのテクが凄いと思いますね。

2位:シャア・アズナブル

2位にシャアを選ぶと、「何だコイツもやはりシャア厨か」などと思われそうですけどね。

しかしそうは言ってもアムロの唯一のライバルですからね。

ファーストガンダムでも逆襲のシャアでも、アムロとほぼ互角の戦いをしています。

アニメのゲルググでは、ニュータイプ能力が覚醒したアムロに圧倒されていてもうダメかと思いました。

しかしその後のジオングでは、性能差があるとは言えほぼ互角の戦いをしています。

最後のサザビーとνガンダムとの戦いもほぼ互角と言っていいと思いますしね。

やはり2人が本気出してのファンネル撃ち合いからのサーベル斬り合いは、他の戦闘シーンとは一味も二味も違いますよね。

あれこそ最高レベルのモビルスーツ同士の戦いでしょう。

最後の最後は単純なモビルスーツ同士の殴り合い、蹴り合いで決着がつくのもいいですよね。

なんかこう原点に帰ったような感じがします。

ではあのΖガンダムでの弱さはどう説明するんだと言われそうですが、決して弱かったわけではありません。

メッサーラのシロッコにはプレッシャーを与えて追い払っていますし、ハマーン・カーンのキュベレイにもファンネルを避けながら上手く背後を取ったりと随所にシャアらしさが出ています。

最後百式はダルマにされてしまいましたが、そこはモビルスーツの性能の差ということで。

Zガンダム時代の戦闘シーンについては下記の記事でまとめていますので、興味があれば読んでみてください。

3位:ハマーン・カーン

シロッコと若干迷いましたが、やはりハマーン様の方が上ですね。

どちらもニュータイプ能力に任せた戦闘が得意ですが、ハマーン様の方がプレッシャーでやや圧倒していました。

百式との戦闘は終始圧倒していましたが、背後を簡単に取られるのはいただけませんね。

もし百式がビームサーベルでグサッと刺していたらハマーン様は即死しています。

アムロだったらああいう隙は絶対に見せません。

アムロとシャアは、ニュータイプ能力に加えてモビルスーツの能力を最大限使いこなしているように見えます。

彼らと比較して、3位以降はニュータイプ能力に頼った戦闘が多いのがちょっといただけませんね。

ハマーン様も描写だけ見ていれば相当強いことは間違いないのですが、いかんせんどうしてもシャアの追っかけという印象が強くて大物感に欠けるんですよね。

もしかすると、シャアの部下になっていたら最強だったかもしれませんけどね。

シロッコにも共通しますが、どうもこういタイプの人たちは相手を見下して苦戦するという悪癖がありますね。

4位:パプテマス・シロッコ

一応Ζガンダムのラスボスです。

しかし最後はかわいそうなことに、幽霊付きのカミーユにやられてしまいました。

戦闘シーンを見ると、集中してハマーンのファンネルを落としたりはしていますがめちゃめちゃ強いと感じるような描写は特にありません。

戦闘で圧倒しているのも、メッサーラでのエマ中尉戦くらいしか思い浮かびません。

コロニーレーザーを破壊しようとした時も、シャアとハマーンに邪魔されて結局できませんでしたしね。

シャアに「ニュータイプのなり損ない」とか偉そうに発言してましたけど、この人も相当怪しいですよね。

「戦後の世界を支配するのは女性」とか予言していましたが、実際にはそうなっていませんし…。

そういう意味で「お前も十分なり損ないだろ」と思ってしまいます。

しかしZ以降の主人公が使うお化け能力は嫌いですから、とりあえずカミーユより上の4位にしておきます。

Zガンダム時代の戦闘シーンについては下記の記事でまとめていますので、興味があれば読んでみてください。

5位:カミーユ・ビダン、ジュドー・アーシタ

二人とも一応ガンダムの主人公でニュータイプなので弱くはないと思います。

しかし、アムロと比べてどうも戦闘に緻密さというのがないんですよね。

アムロはコクピットの中でも冷静に状況判断しているような感じですが、こいつらの場合は全て感情だけで動いている感じがします。

まあ大人と子供という感じですね。

あとピンチになると、すぐに守護霊たちが現れるのもちょっとね。

というようなことで、カミーユとジュドーの強さ比較はできません。

最後は幽霊と幽霊の戦いになりますから。

ガンダムシリーズはいろいろな動画配信サイトで視聴できますが、個人的にはU-NEXTがおススメです。

31日間の無料期間がありますからね。

ということで、今回は終わりにします。