年収600万円の独身男が会社を辞めた年度の生活費以外の支出は?

会社を辞めたいと思ってる人もいると思いますが、辞めた後どのくらい費用がかかるかをしっかり把握してる人はあまりいないと思います。

費用と言っても、もちろん生活費だけじゃないですからね。

当然国に治める費用もかかります。

会社を辞めた直後から、自分で国に支払わなければいけないものはだいたい次の3つだと思います。

  1. 健康保険料
  2. 国民年金保険料
  3. 住民税

今回は自分が実際に会社を辞めた年度(今年度ですけど)の、これらの請求額について見ていきたいと思います。

ちなみに自分は独身で、辞める前の年収はだいたい600万円でした。

健康保険料

まず健康保険料ですが、会社を辞める時に総務から次の2つから選んでくださいと言われました。

  • 任意継続
  • 国民健康保険

その時まで知りませんでしたけど任意継続は会社の保険をそのまま継続できる制度で、会社を辞めてから最大で2年間継続できます。

もう一つの国民健康保険は自営業とか会社に行ってない人が自分で払ってる保険ですね。

どちらの保険も前年の収入によって保険料が変わってきます。

総務にどちらがいいのか聞くと、自分の年収だと「任意継続にした方が保険料が安くなると思う」と言われました。

なので詳しく調べもせず、とりあえず任意継続を選びました。

その保険料は1ヶ月に約35,000円です。

確か初めて納付書が送られてくるまで金額を知らなかったと記憶してますが、「けっこう高いなー」と思いましたね。

というか、今でも高いと思ってますがこればっかりは仕方ないですね。

国民健康保険に変えたところで今年度の保険料は昨年の収入で計算されるので、今年度はどっちにしても高くなる運命ですね。

でも来年度は今年の収入で計算されるので、国民健康保険に変えてやろうと思ってます。

簡単!年2回程度のアンケートに答えるだけの疫学モニター募集

国民年金保険料

会社を辞めるまでは厚生年金に加入してましたけど辞めた次の月からは国民年金に切り替わるので、これも会社を辞めて早々に手続きをしなければいけません。

国民年金は一律で、今年度は1ヶ月16,540円です。

自分の場合は付加保険料も払ってるので+400円になります。

付加保険料はお得

付加保険料は払ったトータルの金額が2年で元が取れて、それ以降は生きている限り毎年ずっと払ったトータル金額の半額もらえます。(確かそんな感じ)

付加保険料の納付のご案内|日本年金機構

長生きすればするほどお得になるので、国民年金に加入してる人は払っておいた方がいいと思う。

前納もお得

国民年金の手続きで年金事務所に行った時に、2年分をまとめて払ったら割引になると言われたのでまとめて払いました。

再来年の3月までの分をまとめて払ったので40万円弱になりましたけど、確か1万円以上は割引になってるはずです。

これは国民年金保険料の「2年前納」制度というらしいですね。

国民年金保険料の「2年前納」制度|日本年金機構

辞めた次の月の出費としては痛かったですがどうせ払わなければいけないものなので、まあいいでしょう。

これも国民年金に加入してる人はやった方がいいと思う。

クレジットカード払いもできるようです。

付加保険料もまとめて前納できます。

定年後設計スクール体験学習会

住民税

住民税は市民税と県民税が合わさったものですね。

これも収入からいろいろ引いた額で計算されてるようですね。

自分の場合は今年度の住民税は32万円ほどでした。

でも自分は去年ふるさと納税で80,000円寄付してますので、78,000円ほど控除されてます。

なので、今年度の住民税は実質24万円ほどですね。

ふるさと納税はお得

ふるさと納税は寄付してもこうやって次の年にしっかり控除されるので、今年まだやってない人は早くやったらいいと思う。

楽天市場

ふるさと納税をやるなら、楽天市場でポイントを大量にゲットしながらがおススメです。

今年の分は今年中に寄付しないといけないのでもう残り少ないですが、寄付する狙い目の日はズバリ明日の12月5日か10日ですね。

お買い物マラソンのキャンペーンしてる時の0か5の付く日にまとめて寄付すればいいと思う。

楽天市場の買い物はお買い物マラソン期間中の0か5のつく日一択

それまでに寄付上限額内で、じっくり欲しい寄付品を吟味しておきましょう。

自分は残念ながら今年収入が少なすぎて参加できませんが…。

話は逸れましたが、住民税は昨年の収入で計算した金額を今年の6月~来年の5月で支払うことになるようです。

4期に分けて納付書が届きますが、各期の納付金額はだいたい1年分の1/4になってます。

納付期限に注意

自分に届いた納付書の期限は下記のようになってました。

  1. 令和2年6月30日
  2. 令和2年8月31日
  3. 令和2年11月2日
  4. 令和3年2月1日

微妙な期限になってるので、間違えないようにしましょう。

自分は3ヶ月ごとだと勘違いして、11月の納付を忘れていて督促状が来てしまいましたので。

すぐ払いに行ったので延滞税はありませんでしたけど。

楽天市場

まとめ

というわけで、健康保険・国民年金・住民税を見てきましたけどまとめると毎月こんな感じです。

  • 健康保険:約35,000円
  • 国民年金:16,540円+400円
  • 住民税:約2万円(ふるさと納税分控除後)

会社を辞めると当然収入がなくなるので、これはけっこうデカい支出です。

来年度は今年の収入が少ない分安くなると思うのですが、まだ計算してないのでどのくらいになるかは分かりませんね。

ということで今回の結論はトータルで見ると毎月72,000円~73,000円くらいかかる、ということでした。

思ったよりけっこう高いです。

年収500万円以上のサラリーマンに知ってもらいたい税金の話はFANTAS studyで

タイトルとURLをコピーしました