【サラリーマン】辞めて冷静に考えるとムダだったと思うこと

自分は少し前まで、十数年間サラリーマンとして働いていました。

もちろん会社勤めにも、安定した収入を得られるなどいいところもあります。

しかし今考えると、よくこんなことをずっとしていたなと思うこともあります。

そんなわけで今回は自分が会社を辞めてみて、これはムダだったなと思うことをいくつか挙げていきたいと思います。

長い通勤時間

パッと思いつくのは、やっぱりこれですね。

自分は毎日通勤に1時間ほどかかっていたので、往復すると約2時間も通勤に取られていました。

バス通勤での時もあれば電車通勤の時もありましたが、基本的にはその間特に何をするわけでもなくただボーっとしていただけでした。

会社から近いところに住んでいれば良かったのかもしれませんけど、実家があるのにムダなアパート代を払うのももったいないですし。

それにギョウムメイレイとかいうやつで、いきなり知らないところに飛ばされるかもしれませんしね(笑)

会社も馬鹿の一つ覚えのように九時五時にしないで、フレックスとか在宅勤務をもっと導入すればいいのにね。

通勤時間を外せば20分から30分しかかからない距離なのに、わざわざ混む時間にみんなで一緒に移動するなんて非効率的です。

通勤中に頭の中でその日の仕事の整理などもできますけど、やっぱり長すぎますね(笑)

例の件で在宅勤務が増えたというので少しでも改善してくれればいいけど、実際のところどうなんでしょう?

マイナビ IT AGENT

長い会議

今思うと、これもホントよくやってましたね。

進捗会議だ管理者ミーティングだと呼ばれて、週のうち1日半は確実にやっていましたね。

なんでこんなに時間がかかっていたかというと、ひとつは一から百まで確認するから。

進捗確認なんて何か問題があるところだけ重点的にやればいいのに、もう終わっているところまで含めて全部やる。

なので、工程が進んでいるのに一向に会議が短くならない。

普通業務が進んで行くにつれて、会議は短くなっていくと思うんですけどね。

うちの会社の進捗会議は、進捗に関わらずなぜかずっと同じ時間なのでした(笑)

もうひとつの原因は、担当者が会議前に全然準備をしていないこと。

とにかく何か聞かれるたびに、会議が止まる。

そりゃそうですよ、だって答えられないんだから。

毎回同じことを聞かれているのに、毎回答えられない。

中には、その場で下請けの担当者に電話して問い詰める人もいましたね。

そこには「オレはちゃんと仕事しているぞ!」というアピールも入っていると思いますが、ちょっと違うんですよね…。

そんなの会議の前に聞いておけばいいだけなのに、学習能力がなさすぎます(笑)

そんなこんなで、終わった後に何も残らないムダな会議を毎週毎週実施しておりました。

第二新卒・既卒・新卒大学生が利用する就職支援サイトを発見!

会議のせいで仕事が遅れる

それの何が問題かというと、会議中は他の仕事ができないということです。

会議の最初の方で今日提出と決めた書類も、会議が終わらないせいで提出できなかったりします。

会議が終わった時点で既に予定から遅れているという(笑)

これでは何のために会議をしていたのか分からなくなってしまいます。

やっぱり会議は議題をしっかり絞って、参加者もきっちり準備して時間を決めてやらないとダメだと思う今日この頃。

首都圏のIT・営業職求人多数。転職ならマイナビエージェント

昼間はわざとたらたら

別に時間外勤務の全てを否定するつもりは全くないですけどね。

今日やらなければどうしても間に合わないという時は、そりゃむしろやるべきだと思います。

でもよくいるじゃないですか、時間外手当を稼ぐために昼間わざとたらたら仕事してる人。

自分は元管理者だったから、ハッキリ言わせてもらいます。

あんなの本人達は上手くやっていると思っているんでしょうけど、とっくの昔に気づいてますよ。

バレていないと思っている方、そういうのはハッキリ言って上司にバレています(笑)

でも基本給だけでは給料が安いのも知っていたので見て見ぬふりをしていましたけど、あんまり露骨にやられるとやっぱり腹立ちますよね。

それに最近の派遣社員はちょっと注意しただけで、すぐに派遣会社からクレームが入ったりする鬱陶しさもあります。

古いかもしれませんが、自分はそもそも派遣制度自体に反対ですけどね。

社員以上に働いてくれる人もごく稀にいますが、適当に仕事をやる人も多いですからね。

翻訳者ネットワーク「アメリア」

なぜか帰らない社員

さらに始末に負えないのが、特に急ぎの仕事があるわけでもないのに家に帰らない社員です。

残業手当が目的かと思えばそうではなく、その証拠に時間外申請はしてきません。

これにはほとほと参りましたね。

毎日一刻でも早く家に帰りたいと思っていた自分には理解不能ですが、おそらく「遅くまで会社にいる=頑張っている」と脳内変換していたんでしょう。

自分からしたら、「会社にいる=仕事をしている」と勘違いしている時点で評価はCかDですけどね(笑)

そういう人はよっぽど会社が好きなのか、帰っていいと言ってもとにかく帰ってくれない。

それで何をしているのかと言うと、特に何をしているわけでもないんですけどね。

やりたくもない残業をしているこちらの身からすると、早く視界から消えてくださいって感じです(笑)

そういう人もけっこういました。

でも根本的に考えて、仕事が早くてキッチリ帰る人ほど時間外手当が付かず給料が少なくなるという仕組みはやっぱりおかしいですよね。

経営者の皆さん、ホントこれだけは何とかならないものですかね?

【技術スタッフ募集】A8.net

タイトルとURLをコピーしました