【ウイニングポスト2】ゲーム内容、馬券で初期資金を作る裏技

玩具_タイトル

数あるウイニングポストシリーズの中でも、ウイニングポスト2はかなり面白い部類に入ると思います。

前作のウイニングポストも良かったですけどね。

ただ、レースの数が少ないのが残念でした。

その点ウイニングポスト2では、レースも1日10レースとかなり本物の競馬に近づいています。

当時はめちゃくちゃハマって、永遠に遊んでいたものです。

今でもたまに最初からやってみようかと思うことがあります。

ということで、今回はウイニングポスト2のゲーム内容、ゲームの進め方、初期資金の作り方について書いていきます。

ゲーム内容

ウイニングポスト2は1995年3月18日に光栄から発売されました。

簡単に言うと、オーナーブリーダーになるゲームです。

ゲームは1997年1月1週から始まります。

最初は1億5000万円の資金で馬を購入してスタートします。

その後馬主としても経験を積むことで、自分の牧場を持てたりします。

競馬ゲームとしてもう1つ有名なものに、ダービースタリオン(ダビスタ)シリーズがあります。

ダビスタとの大きな違いは、自分で馬を調教する必要がないということです。

ダビスタの場合は馬を強くするのに調教は重要でしたが、このゲームではそれほど重要ではありません。

馬に素質があれば、調教師任せでも十分強くなります。

そういう意味で、ダビスタよりは馬主気分を味わえるゲームになっています。

30年で馬主引退になるのがいい

このゲームは他の競馬ゲームのように永遠に続くわけではありません。

30年間で馬主引退というのが最初から決まっています。

この期限付きというのがいいんですよね。

現実の世界でも30年経ったら、だいたいは年を取って引退になるでしょう。

何年でも遊べるとなると、イマイチ緊張感が出ませんからね。

強い馬がいない時は、適当にやってしまいがちです。

しかし最初から30年しかないと分かっていると、そういう無駄なことはできません。

また、このゲームでは自分だけでなく秘書、騎手、調教師、馬も一緒に年齢を重ねていきます。

毎年ベテラン騎手やベテラン調教師は引退していき、新人騎手や新人調教師がデビューします。

活躍した馬は種牡馬や繁殖牝馬として残り、次の世代へその血を残していきます。

種牡馬や繁殖牝馬も老齢になれば引退し、新しくその血を引き継いだ仔たちが繁殖入りしてきます。

そうやって、時の流れを感じながらプレイできるのがウイニングポスト2の1番面白いところです。

大外枠が不利になるのもいい

あと、レースで大外枠が目に見えて不利になるのもいいですね。

レースの観戦方法については、次の3つの方法があります。

  • スキップ(見ない)
  • モニターで観戦
  • 馬主席で観戦

この中で、1番面白いのは馬主席でレースを観戦することです。

ハッキリ言って、馬主席でレース観戦した時は外枠の馬はかなり不利になります。

外枠からスタートした馬は何とか内に入ろうとしますが、内枠の馬が邪魔してなかなか内に入れません。

そのままコーナーに突入すると、外枠の馬はかなり距離ロスして大きく遅れます。

なので、強い馬でも大外枠に入ってしまうとよく負けます。

しかし逆に言えば、少々足りない馬でも内枠ならチャンスがあるということです。

皐月賞馬がダービーで大外枠に入って勝てなかったとしても、運が悪かったと思うしかありません。

常に強い馬が勝つのが競馬ではありません。

強い馬は生まれつき運を持っているはずなのです。

そういう紛れが嫌いな人は、レースをスキップして見なければいいと思います。

そうすれば、だいたいは強い馬が勝ちます。

夢は海外G1制覇

このゲームでは、国内G1を勝ちまくれば海外のG1レースにも挑戦できるようになります。

その中でも勝ちたいレースは英ダービー、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、凱旋門賞の3つです。

これらのレースはいずれも強敵が揃っているため、並大抵の馬では勝てません。

国内G1を勝ちまくるくらいの馬でないと、なかなか勝つことは難しいでしょう。

もちろん海外レースでも、大外枠は不利になります。

そういう幾多の試練を乗り越えて海外G1を勝った時は最高に嬉しいものです。

ゲームの進め方

秘書は誰でもいい

ウイニングポスト2では、ゲーム開始時に秘書を1人選びます。

秘書は次の6人から選べます。

  • 有馬桜子

    ウイニングポストと言えば有馬桜子。
    24歳ながら競馬にはかなり詳しい。
    月給50万円。
    入厩先は関東:加納厩舎、関西:渡部厩舎
  • 井坂修三郎

    45歳。
    顔は著名な競馬評論家に酷似しています。
    いつもガハハと笑っているが能力は高い。
    月給100万円。
    入厩先は関東:中松厩舎、関西:小森厩舎
  • 宝塚菊夫

    25歳で関西弁のお兄さん。
    有馬桜子をライバル視している。
    月給50万円。
    入厩先は関東:野広厩舎、関西:芦口厩舎
  • 安田五月

    32歳のおばさん(お姉さん)で既婚者です。
    競馬はそこそこ詳しい。
    月給40万円。
    入厩先は関東:藤厩舎、関西:池井厩舎
  • ビル・メッツ

    30歳の外国人です。
    顔はマイクロソフトの誰かに酷似しています。
    相馬眼はかなり怪しい。
    月給30万円。
    入厩先は関東:増北厩舎、関西:瀬戸内厩舎
  • 結城江奈

    18歳の新卒でもちろん独身。
    競馬のことはあまり興味がなさそう。
    事務所ですぐ居眠りをする。
    月給16万円。
    入厩先は関東:上郷厩舎、関西:山中厩舎

このゲームでは、いかに素質のある馬(スーパーホース)を入手できるかが重要です。

自分でスーパーホースを見分けられるようになれば、誰を選んでもぶっちゃけ大差ありません。

自分は若くて給料も安い結城江奈ちゃんがお気に入りです。

主戦騎手を育てる

デビューしたての騎手は、現実世界と同じようにいくら素質があっても下手くそです。

しかしレースに乗れば乗るほど、大レースに勝てば勝つほど成長していきます。

なので、自分の強い馬に育てたい騎手をガンガン乗せればトップジョッキーに育てることもできます。

おススメの主戦騎手は下記になります。

関東

岡路、柴原の2大巨頭は早々に引退してしまいます。

中堅の柴原善、横平、中田あたりを主戦にしてもいいですが、途中で引退してしまいます。

どうせなら、下記の若手2人を主戦にした方がいいでしょう。

  • 嵐三太夫

    1998年デビュー。
    逃げから追い込みまで何でもできる期待の若手。
    人付き合い優先で騎乗馬を決めるので、自分の馬を全部乗せていれば主戦騎手にしやすい。
    嵐がG1を勝つことで馬主経験が上がり嵐も成長するので一石二鳥。
    顔は柴原政にクリソツ。
  • 浅野大樹

    2000年デビュー。
    逃げ・先行が得意。
    嵐の2番手として確保しておきたい騎手。
    ただし馬の能力優先で騎乗馬を決めるのでフラれることもある。
    顔は岡路にクリソツ。

関西

関西は鷹匠の1強ですが、南、河口、日原と言ったベテランもまだまだ健在です。

鷹匠を主戦にしておけば間違いありませんが、他のスーパーホースの主戦にもなっています。

なので、肝心のG1でフラれることも多数で面白くありません。

個人的には、人付き合い優先で乗ってくれる南を主戦騎手にするのが好きです。

その後は、下記の騎手がおススメです。

  • 内山雄

    2006年デビュー。
    得意戦法は逃げ。
    南が2005年に引退するのでちょうど後釜になる。
    人付き合い優先で騎乗馬を決めるので主戦騎手にしやすい。

女性騎手は引退が早いのでおススメしない

女性にも素質のある騎手はいますが、軒並み引退するのが早いのが残念です。

騎手としての才能は超トップレベルで戦法も自在の鶴野亮子は2005年にデビューします。

しかし、わずか8年後の2013年に引退してしまうのが惜しいところです。

その他にも柿崎由紀は2007年デビューで2016年に引退、黒木幸恵は2013年デビューで2021年に引退してしまいます。

正直育てる暇がないというのが本当のところで、女性騎手は主戦にはおススメしません。

本当は乗せたいんですけどね。

初期資金の作り方(イカサマ)

玩具_見出し3

馬主生活を始めたばかりの頃は資金に余裕がなく、スーパーホースを見つけても買えません。

そんな貧乏生活に耐えながら、コツコツレースで賞金を稼いでいくのもいいんですけどね。

しかしこのゲームには30年という縛りがあります。

できれば最初から資金をたっぷり持って、お金のことなど気にせずに遊びたいですよね。

大穴馬券を当てる

ということで、最初から資金をたっぷり手に入れたいなら次の方法で資金を作ります。

  • 大穴馬券を当てまくる

このゲームでは馬券を買えるので、大穴馬券を何回も当てればいいというわけです。

「そんな簡単に大穴なんか当たるわけない」と思うかもしれませんが、これはあくまでゲームです。

いくらでも方法があります。

禁断のリセット

ではどうするかと言うと、レース結果を見た後リセットして同じ馬券を買います。

やり方は次の通りです。

  1. ゲームをセーブして、レースを見ずに次の週に進む
  2. 新聞で前週の重賞の結果をチェック
  3. 大穴が出ていたら、1着2着馬をメモる
  4. リセットして競馬場へ行き、同じ組み合わせの馬券をしこたま買う

ポイントは、馬券を買ったレースは見ないことです。

レース観戦してしまうと、大外枠が不利すぎて結果が変わる可能性がありますからね。

レースを見ないからと言って絶対的中するわけではありませんが、何回かやり直すとそのうち当たります。

大穴馬券を何回か的中させれば、あっという間に10億円以上の資金を作れます。

かなりダークな方法ですが、30年という限られた馬主生活を無駄にするわけにはいきません。

そんなことをするのは1年目の最初だけですからね。

遊んでいるうちに忘れてしまうでしょう。

まとめ

玩具_見出し4

今回は、ウイニングポスト2のゲーム内容、ゲームの進め方、初期資金の作り方について書きました。

ゲーム内容は、オーナーブリーダーになるゲームです。

30年間で馬主引退というのが最初から決まっています。

自分だけでなく、秘書、騎手、調教師、馬も一緒に年齢を重ねていくのが面白いところです。

あと、レースで大外枠が不利になるのもいいですね。

最終的な夢は、英ダービー、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、凱旋門賞を勝つことです。

自分でスーパーホースを見分けられるようになれば、秘書は誰を選んでもぶっちゃけ大差ありません。

おススメの主戦騎手は、関東では嵐三太夫、浅野大樹、関西では南勝美のあとは内山雄です。

女性騎手は引退が早いのでおススメしません。

初期資金は次の手順で万馬券を何回か当てれば増やせます。

  1. ゲームをセーブして、レースを見ずに次の週に進む
  2. 新聞で前週の重賞の結果をチェック
  3. 大穴が出ていたら、1着2着馬をメモる
  4. リセットして競馬場へ行き、同じ組み合わせの馬券をしこたま買う

ただし、リセットが必要になるのでイカサマになりますが…。

しかしたった30年しかないので、資金を手っ取り早く稼ぐには良い方法だと思います。

ウイニングポスト2の購入はこちらから↓

ということで、今回は終わりにします。