【ベストショットプロゴルフ】ゲーム内容と練習・休養メニューについて詳しく解説

玩具_タイトル

このゲームは地味ですが、なかなか完成度の高いシミュレーションゲームだと思います。

ゲーム内容

ベストショットプロゴルフは、1996年6月14日にアスキーから発売されました。

自分でゴルフするゲームではなく、ゴルファーを育成するシミュレーションゲームです。

自分はコーチとなって、高校1年の生徒を指導していきます。

最終的には生徒をトーナメントプロにすることが目標ですが、生徒がプロになってもゲームは終わりません。

トーナメントがずっと続いていきます。

もちろん生徒も年を取っていきますので、いつかは引退すると思いますが…。

さすがにそこまでは未確認です。

ちなみにコーチできるのは男子生徒のみで、女子生徒のコーチはできません。

ゲームの始め方

玩具_見出し2

基本情報入力

まず、コーチする生徒の名前と誕生日、出身地を決めます。

モデルは自分でもいいですし、誰か他の人でもいいでしょう。

詳細情報入力

次に、生徒の詳しい情報を入力していきます。

情報は9項目あり、これがゴルファーとしての素質やプレースタイルに大きく影響します。

  1. 体型
    ふつう or がっしり
  2. トレーニング
    胸を鍛える or 背中を鍛える
  3. 息を吸う時
    はやい or ゆっくり
  4. 肉を食べる時
    せっかち or ゆっくり
  5. 歩く時の目線
    近い or 遠い
  6. 性格
    短気 or のんびり
  7. アドレス時間
    短い or 長い
  8. 足の指先
    開いている or 曲がっている
  9. 体力・精神力
    トータルで64になるよう調整

1つだけ引っ掛かるのは、なぜ肉を食べる時の情報が必要なのかですね。

ゴルファーとしての素質や特性にどのような影響があるのでしょうか?

ホームコースの選択

生徒のホームコースとなるゴルフ場を選択します。

最初は関東のコースしか選べません。

ホームコースは練習ラウンドする時に使いますが、他のコースでも練習できます。

なので、どこでもいいと思います。

プロになれば、1年ごとに変えられます。(関東以外でも可)

ゲーム開始

ここまで設定したら、いよいよゲーム開始です。

生徒が高校に入学した時から始まりますので、高校1年の4月1週からスタートです。

ここから自分がコーチとなって、引退までの長い道のりを共に歩むことになります。

1ヶ月は4週となっており、1週のうち練習・休養の指示ができるのは月・火・水曜日の3日間だけです。

木・金・土・日曜日に指示できないのは、プロトーナメントが行われるからでしょう。

まあプロになったらそれでいいのですが、アマチュア時代はもっと練習させたいんですけどね。

週8日くらい練習させたいところですが、どんなに下手くそでも週3日しか練習させられません。

練習メニュー

玩具_見出し3

練習は、下記の5種類から1つ選んで実施します。

練習させると1日消費します。

  • 肉体的トレーニング
  • 精神的トレーニング
  • 知的トレーニング
  • スイングトレーニング
  • 練習ラウンド

何回も繰り返し練習していくうちに、選手は少しずつ上達していきます。

ある一定のレベルまで上達するごとに、練習後のコメントが変わっていきます。

肉体的トレーニング

肉体トレーニングは、全体的な体力を付ける練習です。

体力がないと、ドライバーの距離が伸びなかったり試合中にバテてしまいます。

下記の4項目の中から1つ選んで実施します。

  • バーベル
  • ランニング
  • 自転車
  • 屋外トレーニング

バーベル→ランニング→自転車→屋外トレーニングの順でレベルが上がります。

ただ、自分の経験上どれを選んでも大差ありません。

何を選んでも、いずれは体力の上限まで成長します。

厳密に言えば生徒の体力によって最適なトレーニングがあるのでしょうが、その辺はよく分かりません。

精神的トレーニング

精神トレーニングは、精神力を付ける練習です。

精神力がないと、プレッシャーで思うように打てなかったりします。

下記の3項目の中から1つ選んで実施します。

  • 座禅
  • 呼吸法
  • イメージトレーニング

座禅→呼吸法→イメージトレーニングの順でレベルが上がります。

ただ、自分の経験上どれを選んでも大差ありません。

何を選んでも、いずれは精神力の上限まで成長します。

厳密に言えば生徒の精神力によって最適なトレーニングがあるのでしょうが、その辺はよく分かりません。

知的トレーニング

知的トレーニングは、ゴルフに対するいろいろな知識を付ける練習です。

ゴルフについての知識を学び、理論に基づいたゴルフができるようにします。

下記の3項目の中から1つ選んで実施します。

  • ルール学習
  • スイング理論
  • クラブ理論

ルール学習→スイング理論→クラブ理論の順でレベルが上がります。

ただ、自分の経験上どれを選んでも大差ありません。

何を選んでも、いずれは知力の上限まで成長します。

厳密に言えば生徒の知力によって最適なトレーニングがあるのでしょうが、その辺はよく分かりません。

スイングトレーニング

スイングトレーニングは、いろいろなスイングの練習です。

どれが下手でもスコアは伸びません。

なので、どのスイングも平均して鍛えなければ意味がありません。

下記の7項目の中から1つ選んで実施します。

  • パッティング
  • ショートゲーム
  • エクスプロージョンショット
  • フルショット
  • ドローボール
  • インテンショナルショット
  • スロープでのショット

7種類のスイング全てを素質の限界まで上達させるには、とにかく時間がかかります。

最低でも6年、長ければ8年ほどかかるのではないでしょうか。

全てのスイングを素質の限界まで上達させることで、プロでも活躍できるようになっていきます。

練習ラウンド

練習ラウンドは、実際にゴルフコースを回ってコース経験を積む練習です。

ホームコースも含めて、日本各地のコースを自由に選べます。

コース経験を積むと、試合でコースを熟知していなければできないショットができるようになります。

ただし、練習ラウンドでは回ったコースの経験値しか上がりません。

なので、他のコースに行くとまた1から経験を積むことになります。

練習ラウンドは時間がかかる割に効果は微妙ですので、個人的にはやらなくていいと思っています。

休養メニュー

玩具_見出し4

選手は練習したり試合することで、疲労やストレスが溜まっていきます。

疲労やストレスが溜まると、風邪を引いたりケガをしたりスランプになったりしてしまいます。

なので、たまには休養も必要です。

下記の4つの項目(ケガしている時のみ6つ)から選択できます。

休養すると1日を消費します。

  • デート
  • 自宅療養
  • 針を打つ
  • 温泉に行く
  • 病院に行く(ケガしている時のみ)
  • 人間ドック(ケガしている時のみ)

それぞれ少しずつ効果が違います。

デート、温泉は主にストレス発散に効果があり、自宅療養、針は主に疲労回復に効果があります。

1つ分かっていることは、温泉に行くと疲れが溜まるということです。

疲れていない生徒を温泉に行かせると、なぜか疲れが溜まって帰ってくることがあります。

なので、温泉はストレスが大幅に回復する代わりに疲れが溜まるということなんでしょう。

次回は、生徒を強いゴルファーにするための方法について書いていきます。

ということで、今回は終わりにします。