【プロ野球チームもつくろう!】ゲーム中に起きる様々なイベントについて解説

プロ野球チームもつくろう!(SS)のゲーム中に起こるいろいろなイベントについて書いてみました。

融資の依頼


たまに怪しげな男が事業拡大のために必要とかの理由で融資を申し込んできます。

その時に示されるのは、1年後に倍返ししますという条件です。

顔は2種類で、一人はギョロ目で色黒の西川きよし風の男、もう一人は赤髪で目のつり上がった狐目の男です。

融資できる額は1000万円から5億円までですが、もちろん拒否する事もできます。

融資すると、1年後(ほとんど忘れた頃)に事業が成功したのか騙されたのか結果が出ます。

自分の場合、5億円融資して事業成功すると倍返しどころか3倍返しで15億円返してくれました。

でも成功確率はそんなに高くないですね。

成功したのは4回中その1回だけですね。

あとはダミー会社の業者でした。

もちろんその場合は融資したお金は1円も返ってきません。

泣き寝入りです。

なので、ゲーム序盤で資金がギリギリの時の大きい金額の融資はやめておいた方がいいでしょう。

でも融資を断るとひっきりなしにまた別の業者が依頼に来るので、いちいち対応するのが面倒くさい時は1000万円だけ融資しておきましょう。

そうすれば、結果が出るまでの1年間は業者が来なくなります。

最高のVR体験を【VALVE INDEX】

選手の不満


このゲームでは、選手が不満を訴えてくることがしょっちゅうあります。

選手が不満を持つ原因は、おそらく次の2つです。

  1. 年俸が安い
  2. 試合に出られない

理由を直接言ってくるわけではないので、あくまで想定ですが。

1については年俸を高くすれば、不満はなくなります。

特に前年FA宣言をして再契約した選手が不満を言ってくることが多いです。

でもFA宣言した選手についてはそもそも年俸の交渉がないので、こっちの知ったこっちゃないんですけどね。

2については、ある程度能力の高い選手が試合に出られない時に不満を訴えてきます。

オーナー特権でスタメンの変更もできますが、わざわざそこまでしてやる必要があるかということですね。

試合に出られないということは、その選手より能力が高い選手が出ているということですからね。

そもそもそういうことは、オーナーじゃなくて監督に言ってほしいんですけどね。

不満の度合い

不満の度合いには、次の2種類があります。

  1. 不満上昇
  2. 不満爆発

1は不満はあるがまだ我慢している状態、2は頭が噴火している状態で偉そうにオーナーに面会を求めています。

対応方法

こちら側の対応としては、次の3種類あります。

  1. なだめる
  2. 100万円を渡す
  3. 何もしない

個人的には不満上昇の時はなだめる、不満爆発の時は100万円を渡す、で対応していますがそれが正解かはよく分かりません。

100万円を渡したからと言って決して不満が0になるわけではなく、また1ヶ月後くらいに不満爆発することもあります。

3の何もしないを選び続けるとどうなるんでしょうね?

シーズン途中でも選手が怒って辞めていく、なんてことがあるのでしょうか?

たぶんないと思うんですけどね、もし辞められたらチーム編成の計画が狂うのでそこまではやっていません。

せいぜいFA宣言するくらいだと思うんですけどね。

レゴランド・ディスカバリー・センター公式オンラインショップ
期間限定オープン!

怪しいセールスマン


ゲームが中盤に差し掛かり資金も十分に貯まってくると、突然怪しいセールスマンが訪ねてきます。

何とか研究所とかいうところの人間で、高価なトレーニング器具を売りつけてきます。

その値段はなんと10億円。

トレーニング器具は次の3種類あり、1つずつ個別でセールスに来ます。

  • 筋力ロボ
  • 剛球ロボ
  • 強打ロボ

結論から言ってしまうと、筋力ロボは基礎体力向上、剛球ロボは打撃向上、強打ロボはピッチャーの育成に最大の効果があります。

騙しではありませんので、セールスマンが来た時は迷わず購入しましょう。

セールスマンが来るタイミングとしては、資金が50億円以上貯まった頃でしょうか。

自分の場合は施設を全部揃えて中球場の増築まで終わり、ホテル(50億円)を建てて大球場(100億円)の資金を貯めている最中に初めて現れました。

これら3つを揃えることで、ようやく最高の練習環境が整います。

ママ必見!?おもちゃのレンタル【キッズ・ラボラトリー】

海外からのトレード要請


ゲーム中に、いきなり海外からのトレード要請が来ることがあります。

トレード要請してくる選手は、おそらくですがランダムです。

これは金銭トレードなので、代わりの選手は獲得できません。

提示される金額は、もちろん選手の能力が高いほど大きくなります。

自分の経験では、3億円~20億円くらいだったと思います。

つくろう選手にも声がかかることがあるので、ゲーム序盤で資金繰りが苦しい時などはトレードに出してしまうのも選択肢の一つになり得ます。

もちろん断ることもできます。

国内最大級ダーツ用品専門店【ダーツショップMAXIM】

つくろう選手の入団


このゲームでは、自分の作った選手を入団させることができます。

つくろう選手は入団時18歳で能力は低いですが、S級の能力を秘めているので育成するとチームの主力として活躍してくれます。

初期年俸も安い(240万円)ので、特にゲーム序盤は重宝します。

つくろう選手はスカウトが発掘してきますが、発掘されるには条件がいくつかあります。

  • ゲーム2年目以降
  • チームに2人まで
  • 先につくろうモードで選手を作らないと現れない
  • 選手枠(投手14人、野手14人まで)の空きがないと現れない

なので2年目にすぐ入れたい場合は、あらかじめ選手枠を空けておかなければいけません。

なお、野手にする場合のポジション(捕手・内野手・外野手)は入団時に選ぶことができます。

≪アニメ・ゲーム・キャラクターグッズ専門店≫

タイトルとURLをコピーしました