【プロ野球チームもつくろう!】ゲーム中に発生するいろいろなイベント

プロ野球チームもつくろう!

ゲーム中に発生する、いろいろなイベントについて書いていきます。

融資の依頼

ゲーム中に、何の前触れもなく怪しげな男が現れることがあります。

そして何を言うのかと思っていたら、いきなり「融資してくれないか?」と依頼されます。

何でも「事業拡大のために必要」とのことですが、事業内容については何も語りません。

もちろん「タダで貸してくれ」というわけではなく、「1年後に倍返しにする」という条件です。

現れる男の風貌は、どうも2種類あるようです。

1人は色黒でギョロ目の西川きよし風の男、もう1人は色白かつ赤い髪で狐目の男です。

融資できる金額は最低が1000万円、最高が5億円で、もちろん拒否もできます。

さて、どうしますか?

結論から言うと、事業が成功する確率はだいたい50%くらいだと思います。

事業が成功すると、倍返しではなく3倍返しをしてくれます。

失敗するとお金は持ち逃げされ、当然ながら1円も返ってきません。

2分の1くらいの確率で3倍になって戻ってくるので、融資した方がお得だと言えそうです。

もちろん序盤の資金がない時に融資するのは危険過ぎますけどね。

ただ1つ面倒くさいのが、融資を断ると毎週のように業者が現れることです。

いちいち相手にするのが面倒くさい時は、1000万円だけ融資しておきましょう。

そうすれば、結果が出るまでの1年間は業者が現れなくなります。

選手の不満

このゲームでは、選手は不満を持つと監督やコーチをすっ飛ばしてオーナーの自分に直接訴えてきます。

不満の大きさには、次の2種類があります。

  1. 不満上昇
  2. 不満爆発

不満上昇は怒っているけどまだ耐えられる状態、不満爆発は怒りで頭が噴火している状態です。

ただし選手は何に不満があるのか言いませんので、こちらもなぜ怒っているのかはよく分かりません。

ハッキリは分かりませんが、選手が不満を持つ原因はおそらく次のどちらかだと思います。

  • 年俸が安い
  • 試合に出場させてもらえない

上記以外にもあるのかは知りませんが、そんなところでしょう。

そう言われても、こちらも対応のしようがないんですけどね。

年俸が安いのは選手が同意したからですし、試合に出られないのも選手の実力が足りないからです。

オーナー権限でスタメン変更はできますが、選手の不満をなくすためにそんなことはしないでしょう。

ということで、こちら側の対応方法としては次の3種類あります。

  1. なだめる
  2. 100万円を渡す
  3. 何もしない

個人的には不満上昇の時は「なだめる」、不満爆発の時は「100万円を渡す」にしています。

それでとりあえず、選手は引き下がっていきます。

ただ、それが正解なのかはよく分かりません。

「何もしない」でも問題ないのかもしれませんが、万が一シーズン中に退団されたらイヤですからね。

それが怖いので試していません。

おそらくそんなことはせずに、シーズン終了後にFA宣言しやすくなるだけだと思うんですけどね。

まあ100万円で済むなら安いものなので、カネで解決しています。

怪しいセールスマン

このゲームでは、融資の依頼とは別にもう1人怪しい男が訪ねてきます。

その男は資金のない時には現れず、50億円以上貯まってくると突如として現れます。

その男は、名前は忘れてしまいましたが「何とか研究所」の名刺をくれます。

話を聞くと、どうやらその研究所で開発しているトレーニング器具のセールスマンなのだそうです。

トレーニング器具は3種類あり、1台ずつ不定期で売りに来ます。(売る順番が決まっているのかは不明)

  • 筋力ロボ
  • 剛球ロボ
  • 強打ロボ

その価格は、なんと1台10億円。

怪しさMAXですね。

しかし、結論から言ってしまうと騙しではありません。

筋力ロボは基礎体力、剛球ロボは打撃力、強打ロボは投手力がMAXに鍛えられます。

なので、セールスマンが来た時は迷わず購入しましょう。

次にいつ来るか分かりませんからね。

いつも喜んで買っているので、買わなかった場合にどうなるのかについては検証していません。

もう二度と現れなかったりしたら最悪ですが…。

海外からのトレード要請

このゲームでは、いきなり海外からのトレード要請が来ることがあります。

トレード要請してくる選手は、おそらくですがランダムだと思います。

つくろう選手にも声がかかることがあります。

このトレードは金銭トレードになりますので、代わりの選手は獲得できません。

提示される金額は、もちろん選手の能力が高いほど多くなります。

何度かトレード要請された経験から言うと、相場は3~20億円くらいだったと思います。

ゲーム序盤で資金が苦しい時は思わずOKしてしまいそうになりますが、そこは我慢の一手です。

選手に活躍してもらってAクラスをキープした方が資金は溜まります。

また、最後には貴重なトレード要員として大きな仕事をしてもらわなければいけません。

ということで、海外トレードは受けない方が良いでしょう。

つくろう選手の入団

このゲームでは、2年目以降に自分の作ったつくろう選手を入団させられます。

事前につくろう選手を作っておいて、選手枠を開けておくとスカウトが発掘してきます。

ドラフトとは全く関係ありません。

つくろう選手は、利き腕とポジション(投手・捕手・内野手・外野手)を決めて入団させます。

入団時18歳で初期年俸は240万円とリーズナブルです。

初期能力はかなり低いですが、実はS級の能力を秘めています。

2人まで入団させられますので、特にゲーム序盤は貴重な戦力として重宝します。

  • ゲーム2年目以降にスカウトが発掘
  • チームに2人まで
  • 先につくろうモードで選手を作っておく必要がある
  • 選手枠(投手14人、野手14人まで)の空きがないと現れない

2年目にすぐ入れたい場合は、あらかじめ選手枠を空けておくようにしてください。

2月の初めに1人、7月か8月頃にもう1人が発掘されます。

ただし、他の球団と対等な条件で戦いたいなら入団させない方がいいですけどね。

その辺は考え方次第です。

ということで、今回は終わりにします。