【プロ野球チームもつくろう!】経営メニューについて詳しく解説

プロ野球チームもつくろう!

プロ野球チームもつくろう!の経営メニューについて、詳しく解説します。

スタジアム関係

ゲーム_見出し1

スタジアム関係では、スタジアムの建設や増築をしたり設備を整えられます。

設備を整えると、観客数が増えたり選手のコンディションが良くなったりします。

スタジアムの建設

新しいスタジアムを建設します。

最初は小球場からのスタートですが、キャパが狭いのであまり儲かりません。

スタジアムを建設すると、スタジアムの最大観客数と設置できる売店の数が増えます。

注意点としては、1つずつ大きくしていかなければいけないということがあります。

小球場の状態から、中級場をすっ飛ばしていきなり大球場の建設はできません。

そもそも小球場で100億円貯めるのは相当難しいと思いますが…。

球場最大観客数設置可能売店数月間維持費建設費用
小球場1万5000人5店4000万円
中球場3万0000人10店9600万円40億円
大球場5万0000人20店1億9200万円100億円
ドーム球場7万5000人30店3億3600万円250億円
開閉ドーム10万0000人40店5億6000万円400億円

スタジアムの増築

既存のスタジアムを増築します。

球場はそのままで、最大観客数と売店数を多少増やせます。

増設については、別にしなくても次の球場は建設できます。

ただ建設に比べるとかなりリーズナブルですので、つなぎに使った方が良いと思いますが。

球場最大観客数設置可能売店数月間維持費建設費用
小球場2万0000人8店6400万円10億円
中球場3万8000人15店1億3600万円15億円
大球場6万0000人25店2億5600万円30億円
ドーム球場8万8000人35店4億4000万円50億円
開閉ドーム12万0000人50店7億2000万円80億円

スタジアムの設備

スタジアムの設備を設置できます。

なお、土球場・人工芝・天然芝・アメリカ芝についてはどれか1つのみになります。

  • 売店
    数が多いほど儲かりますので上限まで設置しましょう。
    設置費用は3000万円、維持費は1店につき月間160万円。
  • 土球場
    初期状態のグラウンドです。
    維持費は月間800万円。
  • 人工芝
    見た目が良いわりに維持費は安いですが、選手が疲れやすくなります。
    設置費用は2億0000万円、維持費は月間400万円。
  • 天然芝
    きちんと手入れされた芝は選手にも喜ばれます。
    設置費用は2億0000万円、維持費は月間1600万円。
  • アメリカ芝
    維持費は高いですが、最高のプレイ環境が約束されます。
    設置費用は3億0000万円、維持費は月間2400万円。
  • ブルペン
    リリーフ投手の調子が良くなります。
    ドーム球場以上には最初から設置されています。
    設置費用は3億0000万円、維持費は月間1200万円。
  • 夜間照明
    ナイターができるようになりお客さんが増えます。
    中球場以上には最初から設置されています。
    設置費用は5億0000万円、維持費は月間1600万円。
  • 大型ビジョン
    設置するとお客さんが喜び、動員数が増えます。
    大球場以上には最初から設置されています。
    設置費用は8億0000万円、維持費は月間2400万円。

スタジアム以外

玩具_見出し2

スタジアム以外の設備を整えます。

練習環境を整える設備、体をケアするための設備、ビジネスの設備があります。

練習環境の整備

練習施設の環境を整えます。

高い設備を導入すればするほど、選手の能力の上がり方が早くなります。

まあ、素質の限界を超えるのは無理ですが…。

期待の若手を早く1人前にするために、お金をかけましょう。

  • ダンベル&鉄アレイ
    筋力を鍛えるための設備です。
    どこにでもあるような器具です。
    設置費用は8000万円、維持費は月間240万円。
  • トレーニングマシーン
    筋力を鍛えるための設備です。
    ダンベル&鉄アレイと入れ替えます。
    いろいろな筋肉が鍛えられます。
    設置費用は3億0000万円、維持費は月間640万円。
  • 筋力ロボ
    筋力を鍛えるための最強設備です。
    お金が貯まると怪しいセールスマンが売りに来ます。
    トレーニングマシーンと入れ替えます。
    ロボでどうやって筋力アップするのかは謎ですが…。
    設置費用は10億0000万円、維持費は月間2400万円。
  • ピッチングマシンA
    打者を鍛えるための設備です。
    普通の球しか投げられません。
    設置費用は5000万円、維持費は月間160万円。
  • ピッチングマシンB
    打者を鍛えるための設備です。
    ピッチングマシンAと入れ替えます。
    速球、変化球などいろいろな球が投げられます。
    設置費用は2億0000万円、維持費は月間400万円。
  • 剛球ロボ
    打者を鍛えるための最強設備です。
    お金が貯まると怪しいセールスマンが売りに来ます。
    ピッチングマシンBと入れ替えます。
    ものすごい球を投げて打者を鍛え上げます。
    設置費用は10億0000万円、維持費は月間2400万円。
  • まと
    投手を鍛えるための設備です。
    投手のコントロールが多少良くなります。
    設置費用は5000万円、維持費は月間160万円。
  • 養成ギプス
    投手を鍛えるための設備です。
    まとと入れ替えます。
    巨人の星のような器具なんでしょうか?
    設置費用は2億0000万円、維持費は月間400万円。
  • 強打ロボ
    投手を鍛えるための最強設備です。
    お金が貯まると怪しいセールスマンが売りに来ます。
    養成ギプスと入れ替えます。
    投手の球をガンガン打ち返して投手を鍛えます。
    設置費用は10億0000万円、維持費は月間2400万円。
  • ミーティング室
    対戦相手について分析できます。
    設置費用は2億0000万円、維持費は月間160万円。
  • ナイター設備
    夜間練習ができるようになります。
    設置費用は5億0000万円、維持費は月間800万円。
  • 室内練習場
    雨の日でも練習できるようになります。
    設置費用は12億0000万円、維持費は月間2000万円。
  • プール
    基礎体力を鍛えられます。
    設置費用は15億0000万円、維持費は月間2400万円。
  • サブグラウンド
    グラウンドを2面使って練習できるようになります。
    設置費用は20億0000万円、維持費は月間3200万円。

選手のケア

選手のケガを予防したりケガの治療に役立つ設備です。

大切な選手がケガしないように、ガンガンお金を注ぎ込みましょう。

  • マッサージ室
    選手の疲れが溜まらないようにケアします。
    設置費用は3億0000万円、維持費は月間800万円。
  • 医療室
    軽いケガなら応急処置で治せるようになります。
    設置費用は6億0000万円、維持費は月間1200万円。
  • 温泉
    体力を大きく回復させ、疲れやケガの予防になります。
    設置費用は15億0000万円、維持費は月間3200万円。

集客・ビジネス

観客数を増やしたり、客単価を上げるための設備です。

お金がないと強いチームが作れませんので、ガンガン儲けましょう。

  • 駐車場
    お客さんが増えます。
    設置費用は5億0000万円、維持費は月間400万円。
  • レストラン
    スタジアムに来たお客さんが食事してくれます。
    設置費用は15億0000万円、維持費は月間1600万円。
  • ホテル
    スタジアムに来たお客さんが宿泊してくれます。
    設置費用は50億0000万円、維持費は月間4000万円。
  • えき
    さらにお客さんがふえます。
    設置費用は150億0000万円、維持費は月間8000万円。
  • 遊園地
    スタジアムに来たお客さんが遊んでくれます。
    収益は景気に大きく左右されます。
    設置費用は300億0000万円、維持費は月間1億6000万円。
  • タワー
    球団のシンボル的存在でランドマークです。
    設置費用は500億0000万円、維持費は月間3億2000万円。

それ以外の設備

ゲーム_見出し3

それ以外の経営メニューです。

チケットの料金設定

ホームゲームのチケット料金を決められます。

1000円・2000円・3000円・4000円・5000円・6000円から選べます。

当然料金が安いほどお客さんの数は増えますが、あまり儲かりません。

しかし、売店やレストラン・ホテルなどはお客さんが多いほど儲かります。

なので、球場が満員になるかならないかくらいの値段に設定しましょう。

ファンクラブ会員募集

ファンクラブ会員を募集できます。

会員数が増えることによって、どんなメリットがあるのかはよく分かりませんが…。

当たり前ですが、お金をかけるほど会員数は増えます。

  • 会員募集広告
    50万円、100万円、300万円、500万円から選べます。
  • サイン会
    100万円、300万円、500万円、1000万円から選べます。
  • 球場招待
    300万円、500万円、1000万円、2000万円から選べます。
  • 少年野球教室
    500万円、1000万円、2000万円、3000万円から選べます。

特にお金をかけて会員募集しなくても、試合に勝てば少し増え試合に負けると少し減ります。

会員数は最大10万人まで増えます。

グッズの開発

売店で売るためのグッズ開発ができます。

グッズを売ると儲かりますが、ずっと同じものを売っていると飽きられて逆に赤字になってしまいます。

開発できるグッズは全部で42個あります。

  • 開発費用
    100万円、500万円、1000万円、3000万円、5000万円、1億円、5億円、10億円から選べます。
  • 開発期間
    1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、1年6ヶ月、2年から選べます。

開発すると良い新人選手が見つかるグッズや、選手1人に全治1年の大怪我をさせるグッズもあるようです。

ということで、今回は終わりにします。