単勝?複勝?いやいや、がっぽり儲けるなら3連単でしょ!②

どういう方法で3連単の買い目を決めるか③

前回の記事では、どうやって期待値を出すかというところまでを書いてきました。

前回記事はこちら

さて、ソフトを使うことで各組み合わせの期待値を出すことができますので、あとはどういう条件で購入するかを決めるだけということになります。

今回設定する条件としては、できるだけ長い期間をミクロではなくマクロで見ていきたいので、できるだけシンプルにしたいと思います。

芝、ダート、障害といったコースすら分けて考えるつもりはありません。

ソフトの設定する条件については、つぎの通りです。

  • 開催年月「2013年~2017年」
  • 馬券種類「3連単」
  • 上限金額600円「高的中率順に上限金額まで購入」
  • 使用オッズ「確定オッズ」
  • 対象指数「データマイニング(タイム型)」
  • 単勝率計算式「指数を単勝率として使用」
  • 的中率調整オプション「使用しない」

ざっとこんなところでしょうか。

イメージとしては、

  1. データマイニング(タイム型)で各出走馬の能力指数を抽出
  2. RB☆STRIKE!で確定オッズから各組み合わせの期待値を計算
  3. RB☆STRIKE!で設定した期待値以上の買い目をすべて抽出
  4. RB☆STRIKE!でその中から的中率の高い順に6点まで購入

というような感じです。

なぜ6点なのかというと、1年間のJRAのレースは3,500弱ほどのレースがあり、すべて6点ずつ買うと200万円くらいになってしまい、それ以上の投資はしたくないからです。

この条件で期待値を100%以上、200%以上と条件をひとつずつ変えていき、設定期待値ごとの払戻金額を調べていき、どの設定期待値の回収率が良かったのかということを調べていきたいと思います。

ただし、過去のレースでは使えるオッズは確定オッズしかないためそれを使っていきますが、現実的にはそれは無理なのが残念なところです。

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

設定期待値ごとの払戻金額及び回収率




さて、ここからは実際に2013年から2017年までのすべてのレースについて、6点の買い目を抽出して的中しているかどうか調べていきますが、全部で何レースあったかというと、17,268レースもありました。

ということは、その間に投資したと仮定される金額は、17,268×600=10,360,800円ということになります。

ものすごい金額になってしまいましが、果たしてこんな金額回収できるのですかね?

さて、かなり面倒くさいのですが、頑張って調べました。

設定期待値 的中数 総払戻金額(円) 収支(円) 回収率
100%以上 52 7,151,240 -3,209,560 69.0%
200%以上 28 7,976,280 -2,384,520 77.0%
300%以上 20 9,189,050 -1,171,750 88.7%
400%以上 13 6,593,500 -3,767,300 63.6%
500%以上 8 6,754,630 -3,606,170 65.2%
600%以上 10 9,835,920 -524,880 94.9%
700%以上 8 7,258,020 -3,102,780 70.1%
800%以上 9 13,372,480 3,011,680 129.1%
900%以上 9 16,175,850 5,815,050 156.1%
1000%以上 9 18,058,340 7,697,540 174.3%
1100%以上 7 14,795,500 4,434,700 142.8%
1200%以上 7 13,113,330 2,752,530 126.6%
1300%以上 5 9,786,860 -573,940 94.5%
1400%以上 3 7,569,280 -2,791,520 73.1%
1500%以上 4 12,061,180 1,700,380 116.4%
1600%以上 2 4,775,450 -5,585,350 46.1%
1700%以上 1 4,429,430 -5,931,370 42.8%
1800%以上 2 13,164,910 2,804,110 127.1%
1900%以上 2 13,164,910 2,804,110 127.1%
2000%以上 2 13,164,910 2,804,110 127.1%
2100%以上 3 16,298,630 5,937,830 157.3%
2200%以上 4 22,814,840 12,454,040 220.2%
2200%~3200% 1 8,735,480 -1,625,320 84.3%

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報

結果と分析

さて、2回に分けて3連単の回収率の分析をしてきましたが、結果は表の通りです。

設定期待値を下げるほど的中数は増える傾向がハッキリ見られますが、回収率はそれには比例していませんね。

まず、設定期待値700%以上まではダメでした。

少しは的中はしているのですが、その少しを覆すだけの配当は得られていませんでした。

回収率については、設定期待値800%以上~1200%以上までと、1500%以上、1800%以上~2200%以上で100%を超えています。

その中の的中数でいうと、設定期待値800%以上~1200%以上に設定すると1年に1回強の的中数、1500%以上、1800%以上~2200%以上に設定すると1年に1回未満の的中数となりますね。

いくら回収率が100%を超えているとしても、1年に1回未満の的中数ではちょっと辛いですね。

なぜなら、1回も当たらない年もあることを覚悟しなければいけないわけですから。

ちなみに、一番回収率がいいのは設定期待値2200%以上としたときの220.2%で、収支も1,000万円を超えていますが、設定期待値2300%以上のデータを見る限り信頼はあまりできなさそうです。

自分的には設定期待値800%以上~1200%以上の方を信頼して、しかもその真ん中あたりを取りたいと考えますので、結論としては設定期待値は1000%以上で勝負したいと思いますね。

もっとも皆さんが同じ買い方をしたら、オッズが下がってしまうことは分かっているのですが。

以上、長々と自論を展開してしまいましたが、皆さんの馬券購入の参考になれば幸いです。

競馬予想なら!【競馬最強の法則WEB】

定番サイトでも「3連単」をチェック!

Amazon

楽天市場

Yahoo!ショッピング

購入はポイントサイト経由でさらにお得!

主要ポイントサイトのショッピングサイトにおける還元率一覧表