Rakuten UN-LIMIT Vに切り替えたのでプラン内容をざっくり確認

月日の経つのは早いもので、今年ももう24分の1が終わろうとしてます。

そう言われると「え、もうそんなに経つのか?」と思いませんか?

でも確かにもう半月経ちますからね、そういう言い方もできます。

いつまでもお正月気分でいると、今年もあっという間に終わってしまいますので要注意です。

でも1月10日に「今年ももう36分の1が終わるよ」と言われても、なかなかピンと来ないですけどね(笑)

この24分の1と36分の1の感じ方の違い、一体何なんでしょうね?

まあ自分だけかもしれないですけどね。

ということとは全く関係なく、ようやく楽天モバイルの「スーパーホーダイ」から「Rakuten UN-LIMIT V」への切り替えが終わりました。

いろいろ苦戦しましたけどね。

切り替えるまでの苦労話は下記のページに書いてます。

楽天モバイルのプラン変更ができなかった原因は旧字体(旧漢字)だった!

でも「Rakuten UN-LIMIT V」への切り替えは終わりましたけど、切り替えの方に一所懸命でプランの内容についてはあまり詳しく確認してませんでした。

なので今回は「Rakuten UN-LIMIT V」のプランの内容をよく確認して、重要なところだけは抑えておきたいと思います。

料金について

ネットでmy楽天モバイルを開いてみると、いきなりこのように書かれてますね。

月額プラン料金1年間無料 (2022/01/06まで)
「プラン料金1年間無料」終了翌日から月末最終日までは日割り請求になります。

無料期間はちょうど1年

なるほど、無料期間は開通日からちょうど1年になっていて、その後は日割り請求になるんですね。

自分は来年の1月分の請求まで無料になるのかと思ってましたけど、そういうわけではないんですね。

もちろんスマホが1年間無料で使えるというだけで満足なので、別にケチを付けてるわけではないですよ(笑)

ただそのように思ってただけですので、悪しからず。

やっぱりお得

しかしやっぱりスマホの通信料が1年間無料と言うのは大きいですよ、楽天モバイルユーザーなら切り替えない理由はないですね。

今ならプラン変更するだけで5,000ポイントがもらえますし、スマホも一緒に買うとさらに20,000ポイントがもらえるキャンペーン実施中です。

もちろん他キャリアからの乗り換えでももらえますので、大手キャリアを使ってる方はこの機会によく考えた方がいいですよ。

データ通信について

エリアマップを確認

データ通信については、まず自分がいる場所が楽天回線エリアかどうか確認した方がいいですね。

楽天回線エリアというのは、簡単に言えば楽天のアンテナからの電波が届くところです。

近くに楽天のアンテナがあっても運悪く電波が悪いところもありますけどね、そういう時は容赦なくクレームを入れましょう。

通信・エリア | 楽天モバイル

さてエリアマップを見ると楽天回線のエリア構築はまだ道半ばといった感じで、郊外などではあまり使えないようです。

まあ後発でアンテナ設置場所が限られる中、良くやってる方だと思いますけどね。

楽天回線エリアは使い放題

まずエリアマップを確認したところで、もし自分のいる場所が楽天回線エリアだとデータは使い放題です。

しかも先ほども書いた通り、1年間無料で使いまくれます。

5Gエリアも今のところ首都圏など少しだけあるみたいですけどね、自分の住んでる場所はもちろん違いますけど。

楽天回線エリア外は5GB/月

でももし住んでる場所が楽天回線エリア内でなくても心配は無用です。

ちゃんとauのアンテナの電波で使えるようになってます。

auは今のところ楽天よりカバーエリアが圧倒的に広いですからね、人が住んでるエリアはほぼ網羅してるでしょう。

でもそういうエリアでは残念ながらデータは使い放題ではなく、容量は5GB/月ということです。

それを超えると、最大1Mbpsで使い放題になるとのことです。

最大1Mbpsがどの程度の速度なのかと言うと、ちゃんと説明書きがあります。

最大1Mbpsで使用時、動画再生・アプリダウンロード等では、時間がかかる場合あり。通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・状況により変動します。

このように書かれているため、スマホで動画を見る場合はちょっと不便かもしれませんね。

まあデータチャージ(1GBに付き500円かかりますが)もできるみたいですけどね。

通話について

Rakuten Linkアプリで無料

通話についてはどうかというと、「Rakuten Linkアプリ」を使えば無料になります。

アプリ経由なら、通話だけでなくメッセージやチャットも無料でできるとのことです。

Rakuten Link | オプションサービス | 楽天モバイル

国内通話かけ放題(Rakuten Linkアプリ使用時)はプランに含まれる。アプリ未使用時30秒20円。一部対象外番号あり。アプリ未使用時、国内SMSは3円/70文字(全角)。

このように書かれてるので、「Rakuten UN-LIMIT V」のプランに入っててもアプリを使用しなければ通話もSMSも料金がかかってしまいますので要注意です。

まあ「スーパーホーダイ」の時使ってた「楽天でんわアプリ」みたいなものでしょうか。

さて料金、データ通信、通話についてひと通り目を通してみましたが、ざっとこんな感じで今のところ特に不満な点は見つからないですね。

この機会に楽天モバイルユーザーの方はもちろんのこと、他キャリアのユーザーの方も「Rakuten UN-LIMIT V」への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか?

月々のスマホ料金を減らしてその分を投資信託に回せば、金融リテラシーがグッと上がること間違いなしです。

タイトルとURLをコピーしました