もし自分が20歳に戻って投資を始めるなら

もし自分が20歳に戻って投資を始めるならロボアド1本ですね

もし自分が今の知識がある状態で20歳に戻れるとしたら、どんな投資のやり方をするかちょっと考えてみました。

ふとこんなことを思いついたのも、もっと若いうちから真剣に資産運用を考えていれば良かったとちょっと後悔しているからかもしれませんが。

まず自分なら最初はちょっと苦しいかもしれないけれど、何とか月に5万円は確保して投資をしていきたいですね。

1年間で60万円だと30年間で1,800万円になりますので、自分が50歳になるまでに元本としてそれくらいは投資しておきたいです。

そしてどういうふうにやるかとなるとNISAとか少し迷いますが、今自分は自分でアセットアロケーションとかポートフォリオを組んでインデックス投資をやっていますがそれが面倒くさいので、もう特定口座でいいので思い切って全てをロボアドにお任せしたいですね。

自分は楽天証券を使っていて、ほんのわずかのお金で放置プレイでロボアドの楽ラップの運用をしていますが別に何の不満もないし普通にいいんじゃないかと思っていますからね。

もちろん手数料が1%弱かかるのはどうかとかいう人もいますが、まったく投資に時間と労力をかけたくなければそれもOKだと思います。

自分的には20歳の初めまでに楽天銀行と楽天カードと楽天証券の口座の準備をしておいて、最初の給料の前に楽ラップで毎月積立5万円を設定して30年間そのまま忘れているのがベストです。

ドコモユーザーならTHEO+、有名どころではウェルスナビでもいいかもしれないですが。

1万円から始めるプロレベルのおまかせ資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】

ロボアドの運用方針は一番積極タイプでOK

おそらくどのロボアドでも使う前にいくつかの簡単な質問に答えて自分に向いた運用方針を示してくれるようになっていると思いますが、ハッキリ言ってそんなのは大きなお世話です。

最初から自分で選ばせろと思うのですが、運用方針はどのロボアドでも一番積極的コースの一択ですね。

20歳からなら超長期的な運用を考えられるので、最初から債券に何十パーセントも投資する必要はないと思います。

あと、楽ラップ以外のロボアドに付いているかどうかは知りませんが、TVT機能とかいうのも要りません。

株式市場の値動きが大きくなり、その状況が継続すると見込まれる場合に一時的に株式の比率を引き下げて、契約資産の損失を緩和するための機能とか言っていますが、逆にそういう時はムダに動いてほしくないからです。

ロボアドバイザーで資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】

ロボアドのいい点は定期的にアセットアロケーションを見直してくれること

自分がロボアドを押したい一番の理由は、実は定期的にアセットアロケーションを見直してくれることにあります。

自分は今自分なりの理屈でアセットアロケーションを決めていますが、それが適正かどうかと言うのはハッキリ言って分かりません。

分からないけど一番重要なところでもあるので常に困っていますが、楽ラップの運用を見ていると3ヶ月に1回程少しずつ比率を変えているのでなんか安心できますね。

もちろん楽ラップが適正かどうかというのも分かりませんが一応プロが考えていると思いますので、まあ正解がよく分からない以上別にロボアドにお任せするのもアリではないかと思っています。

ドコモユーザー必見!資産運用ならTHEO+[テオプラス] docomo

まとめ

自分の結論は、ロボアドの一番積極的コースに毎月5万円を積み立てるというものに今のところなっています。

確かに自分で運用した方が手数料は安くなってその分複利効果も大きくなると思いますが、それ以上に投資にかける時間と手間の煩わしさから解放されたいという思いの方を優先しています。

最初に積立設定だけした後は投資のことをすっかり忘れて暮らして、30年後にふと思い出してホームページを見たらどんな結果になっているんでしょうかね?

そう考えるとワクワクしてきますね。

資産運用ならdポイントももらえるTHEO+[テオプラス] docomo!

楽天カードは楽天ペイを使うためにあるような気がする

もうクレジットカード払いの時代ではない

皆さんはまだクレジットカードで買い物をしていますでしょうか?

今はキャッシュレス還元があるのに、コンビニなんかでまだ現金で支払っている方をよく見かけます。

そういう方は論外として、今の時代はもうクレジットカードで支払うのもちょっと古いです。

時代はもうスマホ決済アプリで支払うというのに変わっています。

スマホ決済アプリと言うのは、スマホひとつで簡単・お得に支払いができるアプリのことです。

バーコードやQRコードなんかをスマホの画面から読み取って支払います。

暗証番号も要らないですし、クレジットカードと紐づけておけばクレジットポイントとスマホ決済アプリのポイントももらえてポイントがザクザク貯まります。

その中でもやっぱりおススメなのが楽天ペイですね。

楽天カードと紐づけておけばポストペイでチャージも要らないですし、楽天ペイのポイントが200円に1ポイント、楽天カードとは別にもらえますからね。

つまり、楽天カードは単体で使うのではなく、楽天ペイを快適に使うために絶対作らなければいけないカードなのです。

楽天カード

楽天カードを作る時の注意点

さて、まだ楽天カードを持っていない方が初めて作ろうとする時は、グーグルで楽天カードと検索して公式ページから作ることを思いつくのではないかと思います。

これでも楽天スーパーポイントが5,000ポイントもらえますので、ダメとは言わないですが相当損をします。

まずは楽天で不定期に実施しているキャンペーンをこまめにチェックすることが必要です。

つぎのページで実施中の楽天のキャンペーンを調べることができます。

楽天ポイントカード: キャンペーン一覧

ここで、楽天カードのキャンペーンがないかチェックしましょう。

キャンペーンが出現するタイミングについては、下記のような素晴らしいサイトがありますので、ぜひ参考にして下さい。

楽天カード入会キャンペーン2020年最新版!8000ポイントはいつ?

さて、キャンペーンがやっと始まったと思ってもいきなりグーグルで楽天カードと検索して公式ページに行ってはいけません。

当然ですが、つぎはポイントサイトをチェックしましょう。

ハピタス

モッピー

ちょびリッチ

この辺が楽天カードに強いポイントサイトなので、最低でもこの3つのサイトで楽天カードと検索してみましょう。

楽天カード発行でもらえるポイントが表示されますので、その時1番ポイントが多くもらえるサイトを経由して楽天カードを作るようにしましょう。

もし経由したいポイントサイトをまだ登録していないという方は、無料でできますのでまず登録してしまいましょう。

これでおそらく3,000円分くらいはさらにお得に楽天カードが作れるはずです。

楽天カード

楽天ゴールドカードを作る必要はあるか?

さて、楽天カードを作るにあたって普通のカードかゴールドカードかどちらにするか迷う方もいると思います。

まずは楽天カードと楽天ゴールドカードの比較を見てみましょう。

楽天ゴールドカードと楽天カードはどっちがお得かを比較!

結論としては、まず最初は普通の楽天カードを作りましょう

理由は下記です。

  • 楽天ゴールドカードは年間2,000円ほど年会費がかかる。
  • 楽天ゴールドカードへの切り替えでもキャンペーンがある。

年間2,000円なら楽天市場で100,000円以上の買い物で大体元が取れますが、ふるさと納税を楽天市場で寄付してもポイントがもらえますのでそんなには難しくはないです。

でも、自分としては少しでも固定費が増えるのがイヤなので切り替えはしません。

どうしてもという方は、おそらく楽天ダイヤモンド会員になっていると思いますので、毎月のように優待キャンペーンでポイントをもらいながら切り替えられると思いますのでそれを利用すれば良いでしょう。

まあ楽天カードでも楽天ゴールドカードでも楽天ペイのポイント自体は変わりませんし、楽天市場以外は大して違いはないですね。

さて、今日はこの辺にしておきます。

次回は楽天証券について書いていきたいと思います。

楽天カード



楽天銀行を使う方がお得だと思う4つの理由

お金は何も考えずに生活していても、なかなか思うように貯めることはできません。

でもいろんなことを調べていくと、今までよりも若干お得に生活できたり節約できるようになったりします。

今回は楽天銀行にお金を預けるとお得な理由について、自分が思いつくことを書いていきたいと思います。

理由は下記の4つです。

  1. 楽天証券と口座を連携すると金利が年利が0.10%になる。
  2. 楽天スーパーポイントが貯まる。
  3. 振込手数料が無料になりやすい。
  4. ポイントサイト経由で口座開設するとお得。

今現在、都市銀行とか地方銀行などにお金を預けている方は、ぜひ1度参考に読んでみてください。

1.楽天証券と口座を連携すると金利が年利が0.10%になる

まずお金を預けた時の金利ですが、のちに紹介予定の楽天証券とのマネーブリッジを設定するだけで年利0.10%になります。

普通の銀行だと0.001%くらいだと思いますので、普通に預けているだけで100倍も金利が違います。

マネーブリッジについて

2.楽天スーパーポイントが貯まる

これはできることはやっておけばいいというレベルですが、楽天銀行を適当に使っているだけでも楽天スーパーポイントが貯まっていきます。(ハッピープログラムという)

楽天スーパーポイントは楽天市場でも使えますし、街のお店でも使える店舗が増えていますので貯めるとお得です。

実際に楽天銀行でどんなことをやったらポイントが貯まるかは、下記ページを参照してください。

ハッピープログラム対象のサービス

3.振込手数料が無料になりやすい

楽天銀行にお金を多く預けておくか、ハッピープログラムのサービスをどんどん使っていくと、会員ステージが上がっていきます。

会員ステージが上がると、手数料無料の回数が増えたり楽天スーパーポイントの倍率が上がったりしますのでますます楽天銀行が使いやすくなっていきます。

普通の銀行は何をするにも手数料が高いですからね、自分のお金を引き出すのにいちいち手数料なんか払っていられませんからね。

楽天銀行はネットバンクですが、コンビニのATMでも取り扱っていますので預けるのも引き出すのも簡単ですしね。

会員ステージについて

預金残高の少ない方でも宝くじ購入もハッピープログラムの対象になっていますので、ロトでも自動購入でもしておけばすぐにスーパーVIPになるでしょう。

宝くじ自動購入とは

4.ポイントサイト経由で口座開設するとお得

楽天銀行の口座開設については普通に楽天銀行のページからでもできますが、どうせならポイントサイト経由で開設してポイントサイトのポイントも貯めてしまいましょう。

おススメはやっぱりモッピーハピタスです。

キャンペーン時期によってどちらがお得か分かりませんので、サイト内で楽天銀行と検索して、その時にポイントが多くもらえる方を経由すれば良いでしょう。

ちなみにどちらも1ポイント=1円相当です。

モッピーもハピタスも無料で登録できますので、まだ登録していない方はこの機会に登録してしまいましょう。

また、運転免許証を持っていない方についてはマイナンバーの個人番号カードを用意しておくと口座開設が楽ですので、まだ作っていない方は先に作ってしまいましょう。

パソコンによる申請方法 – マイナンバーカード総合サイト

さらに口座開設するときはいろいろオプションを選ぶことができますが、楽天銀行キャッシュカード以外は全て外した方が後々お得になりますので注意してください。

例えば楽天カードを作るときにも楽天証券口座を開設するときにも、またポイントサイトを経由すればけっこうなポイントをゲットできますからね。

ここは面倒でも銀行口座開設だけにしておきましょう。

口座開設の申請が無事終われば、だいたい2週間くらいで開設できますのであとはいつもの口座から楽天銀行にお金を移すだけです。

さて、今回は楽天銀行にお金を預けるとお得な理由について、思いつくことを書いてきました。

次回は楽天カードについて書いていきたいと思います。



リーマンでも3年で1,000万円の貯金は余裕ですよね?


3年で1,000万円貯めるのは難しくない

3年で1,000万円貯めるにはどうすればいいか?

皆さんは、1,000万円って貯めるの大変だと思いますか?

サラリーマンでも給料が手取り25万円、ボーナス1回70万円くらいあれば3年間で1,000万円貯めるのは全然難しくありません

条件としては、家賃を払わなくていい、それと子供がいない、ということはありますけどね。

要は実家に住んでいて家賃を払う必要がない、そして結婚をしていない30代~40代が該当すると思いますが、最近ではそんな人たくさんいますよね。

まず3年で1,000万円貯めようとするなら、1年で約330万円ほど貯めなくてはいけません。

1年で330万円も貯めるのは大変だと思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

ボーナスは全額貯金、給料は毎月15万円貯金

まず、ボーナスは全額貯金(できれば投資)をしましょう。

それだけで、70万円×2回で年間140万円も貯めることができます。

できれば投資と書きましたが、別に株式とかではなくて投資信託くらいでいいですね。

どのファンドを選べばいいか分からないという方は、とりあえず何も考えずアタマに「eMAXIS Slim」と付いているファンドを選びましょう。

それらを8種類くらい、適当な比率で固定して買っておけばほぼ大丈夫です。

それも面倒くさいという方は、「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」1つだけを買っておけば最低限OKです。

そしたらあとは、月に15万円を貯金(投資)すれば年間180万円になりますので、ボーナスの分と足したらもう320万円です。

それを3年続ければ960万円になりますよね。

ほら、簡単に1,000万円貯めることができるじゃないですか。

40万円足りないなんて、つまらないことを言ってはいけません。

そんなの誤差ですよ、誤差、余裕のある時に少し多めに貯金するとかして補填すればいいんですよ。

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」で40万円の含み益が出ているかもしれませんしね。(保証はしません)

投資信託入門講座

当然ある程度の犠牲は必要

ただ、手取り25万円で15万円も貯金するのでは、1ヶ月で10万円の生活費しかないじゃないかと思う人もいると思いますが、当然ある程度の犠牲は必要です。

  • 飲み会に行かない
  • 格安SIMに変える
  • 外食を控える
  • 車は持たない

これくらいしていれば、だいたい大丈夫でしょう。

そもそも飲み歩いて1,000万円貯めようなんて、そんな甘い考えでは最初から無理ですから。

家で大人しく第三のビールでも飲んでいればいいんですよ、最初はまずく感じるかもしれませんが慣れてしまえば全然大丈夫です。

自分はあまりそういうことを意識もせずに生活していましたが、2年半くらいで1,000万円貯金できてしまいました。

今でもタバコはガンガン吸っていますけどね、でもやっぱり今はアホみたいに値上がりしたのでやめられる人はやめた方がいいと思いますけどね。

資産運用ならdポイントももらえるTHEO+[テオプラス] docomo!



どうして皆さん現金払いがお好きなんでしょうね?

10月から消費税も10%にアップして、ますます一般庶民にとっては買い物がしにくい時代になってしまいましたね。

第一生命研究所の試算によると、消費増税の家計への平均負担額は年4万5000円とのことです。

年に4万5000円というのはバカにならない金額ですよね、1ヶ月にしてみると4,000円弱ですからね、なかなかバカには出来ない額ですよね。

でも消費税アップに伴って、一応皆さんも耳にしたことがあると思いますが「キャッシュレス・消費者還元事業」というものが実施されていて、2019年10月1日から6月30日まで実施されています。

これは中小規模の店舗で商品・サービスを購入する際に、クレジットカードや電子マネー、スマホ決済などのキャッシュレスで支払うと、5%のポイント還元が受けられるというものです。

あくまで中小規模の店舗に限っているので、百貨店や家電量販店などの大企業の店舗は対象外となりますので、注意が必要です。

まあ加盟店には「CASHLESS」と書かれた赤いロゴマーク入りのポスターなどが掲示されていますので、確認してから購入すると良いでしょう。

なので、皆さんキャッシュレス決済をしているのかと思えばどうもそうでは無いようですね。

どうしてそういうことが分かるのかと言うと、自分は朝会社に行く前に昼ごはんのおにぎりを駅中のコンビニで毎日買っているのですが、出勤時間なのでどうしてもレジの前にはズラリと人が並んでいますからね。

で、自分はただ列に並んでいても仕方がないので、買い物をする皆さんがレジでどういう方法でおカネを支払っているのかを観察しているわけですが、やっぱりまだまだ現金で支払っている人が多いですよね。

自分が毎日寄っているコンビニはセブンイレブンですので、nanacoで決済している人もたまに見ますが、カードで決済している人はほとんど見ませんし、ましてやなんとかペイとかいわゆるスマホアプリで決済している人はまれですね。

でもどうしても皆さんキャッシュレス還元でお得になるカードとかスマホアプリで支払わず、面倒くさくて損をする現金で払いたがるんですかね?

しかもおカネを持ってそうな人ほどキャッシュレス決済をしていて、貧乏そうな人ほど現金支払いをしている感じです。

そんなのではいつまで経ってもお金持ちはお金持ちで、貧乏人は貧乏人のままだと思ってしまいますがどうなんでしょう?

ちなみに自分はセブンイレブンでは、前はnanacoの残高がある時はnanacoで払って足りないときはセブンカードプラスでクレジット払いをしてnanacoポイントを貯めていましたが、楽天ペイが使えるようになってからはもう楽天ペイしか使っていません。

どっちにしてもポイント還元率はほとんど同じだからだと思うからです。

それなら楽天スーパーポイントが貯まる方がいいかと思って、あんまり深い考えはないですけどね。

もちろん楽天ペイに紐づけているクレジットカードは楽天カードですけどね。

まあ楽天ペイを使えとまで言うつもりはありませんが、現金払いをするくらいなら、キャッシュレス還元どうこうは別にして楽天カードで支払った方がポイント1%貯まってお得ですよ。

楽天カード