スポンサーリンク

2020年10月時点でコツコツ続けている投資信託の購入方法

スポンサーリンク

最近は投資信託をやっている人も以前より増えてきているんじゃないかと思いますが、皆さん儲かっているんですかね?

ひょっとして例の件で大きく値を下げた時に損切りしてやめてしまった方もいるかもしれませんが、あの時我慢して続けていた人はもう大分戻してきているんじゃないかな。

自分は2017年頃から楽天証券で投資信託を始めていますけど、多少の含み益は出ていますが目標の年率リターン6%には全然届いていないですけどね。

それでも長く続けることが重要だと信じてコツコツ投資を続けています。

そういうこともあって、今回は自分が普段やっている投資信託の購入方法について書いていこうと思います。

でも自分もそうですが、他人の投資方法ってぶっちゃけあんまり興味ないですよね(笑)

通常買い

通常買いでは毎週日曜日に7万円分をスポット買いしています。

自分の購入方法では毎回各銘柄ごとの購入金額が変動するので、自動購入はしていません。

楽ラップを参考に

資産配分は全体として楽天証券のロボアド、楽ラップの運用コース : 1000500と同じ比率にすることを目指しており、購入銘柄は下記のような感じです。

  • 国内株式:eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
  • 先進国株式:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • 新興国株式:eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • 国内債券:eMAXIS Slim 国内債券インデックス
  • 先進国債券:eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
  • 新興国債券:iFree 新興国債券インデックス
  • 国内リート:eMAXIS Slim 国内リートインデックス
  • 先進国リート:eMAXIS Slim 先進国リートインデックス
  • その他:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

毎週日曜日時点での時価評価額を元にして、ノーセルリバランスをしながら各商品の買付金額を決めています。

週1回の購入としている理由は前回買付分を全て時価評価額に反映させてから次の買付をしたいからで、日曜日にしているのは特に理由はないですね。

約定に2営業日要するファンドもあったり祝日・ファンドの休日もけっこう多いので、1週間空けるくらいでちょうどいいかなという感じです。

一番重要なところである資産配分を楽ラップに連動させているのは、今のところ自分より楽ラップの方が優れていると思っているからです。

今後どうするかは分かりませんけど。

WealthNavi

一般NISA

一般NISAについてはよく分からなかったのでずっと敬遠してきましたが、調べてみると通常買いよりお得だということが分かりましたので今年から開始しました。

年間120万円の枠がありますので、1ヶ月に10万円ずつ、実際には1日、8日、15日、22日に2万5千円ずつスポット買いしています。

資産配分とポートフォリオ、ノーセルリバランスについては通常買いと同じですね。

2024年までの5年間、毎年120万円の投資を考えています。

つみたてNISAにしない理由

つみたてNISAという選択肢もありましたが、選ばなかった理由は次の2つです。

  • 600万円の資金がある
  • 年齢的にこれから20年の投資期間は長すぎる

つみたてNISAは30代前半までに始めるならいいと思いますが、それ以降の方にとって今から20年間投資を続けるというのはちょっとしんどいのではないかと思います。

肝心の複利効果についても投資してからの時間が長ければ長いほど高くなるので、20年のうちの後半部分はあまり期待できないんじゃないかと思いますね。

そういうわけで一般NISAの枠を最大限に使える資金が準備できるなら、5年で投資を終わらせてあとの15年は寝かせた方が複利効果が期待できるんじゃないかと思って一般NISAを選びました。(先のことは分かりませんけどね)

資産運用ならdポイントももらえるTHEO+[テオプラス] docomo!

積立投資

楽天ポイント目当て

積立投資は毎月5万円買付していますが、これはもう完全に楽天ポイント目当てですね。

楽天証券では楽天カードでの積立投資で上限5万円まで100円につき1ポイントもらえますからね、これだけで500ポイントになります。

それをまたポイント投資で使って…、なかなかいい循環ですよね。

それにしても楽天カードの積立投資はすごいですね。

中には購入手数料を取られるファンドもあるというのに、逆に購入手数料として1%分のポイントをもらっている感覚ですよね(笑)

余剰資金がある方には是非おススメしたいですね。

バランスファンドを選択

積立購入しているファンドは下記です。

  • たわらノーロード バランス(積極型)

理由としては1本にして放置プレイをしたかったので、いろんな資産クラスが入っているバランスファンドを選んだだけですね(笑)

それ以外は特に何も考えていないので、もし今後資金が底をついたらまずこれを解約して上記の投資に回していこうと思っています。

楽天カード

まとめ

以上現在の投資信託の購入方法についてざっと書いてきましたが、おそらくこれからも変わってくると思います。

さすがにちょっと買い過ぎかなとも思っているので、通常買いとNISAの合算で1週間に7万円にしようかと考えたりしています。

あとは一番重要な資産配分をいつまでも楽ラップ任せにしているのもどうかと思っていますので、その辺も改善していきたいところですね。

それでは徐々に小金持ちになれるように、これからも投資信託を続けていきましょう!

投資はあくまで自己責任ですけどね。

投資信託入門講座

タイトルとURLをコピーしました