葛の花由来イソフラボンの3つのパワーとは-シボヘール



お腹の脂肪を減らすには

普通に生活をしていても年齢とともに体重は徐々に増えてきて、お腹周りにも無駄なお肉がついてきますよね。

でもダイエットで体重を減らしても、他の部分は痩せるけどお腹周りってなかなか細くはなってくれないです。

1度お腹周りにお肉が付いてしまうと、なかなか落とせないものなんでしょうか?

自分は特に40代になった頃から、ずっと脂肪肝と健康診断で指摘され続けています。

皆さんも、次のようなことに悩んでいませんか?

  • お腹の脂肪が気になる
  • 肥満気味だ
  • BMIが25~30と高めだ

この中でひとつでも当てはまる方は、要注意ですよ。

お腹の脂肪を減らすには、

  • 適度な運動
  • バランスの良い食事

が大切になってきます。

でも年齢を重ねると脂肪を分解する力や燃焼する力はどうしても衰えてしまいますので、適度な運動をしてバランスの良い食事を摂ってもなかなかお腹の脂肪は減ってくれません。

シボヘール

運動+食事+シボヘール

年齢を重ねるとなかなか減ってくれないお腹の脂肪ですが、減らすのを助けてくれるサプリメントもあります。

シボヘールは、機能性表示食品で機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」がお腹の脂肪を減らすのを助けてくれます。

機能性表示食品とは、「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品です。

実際に葛の花由来イソフラボンは、BMI25~30の肥満気味な方を対象とした研究レビューで「お腹の脂肪を減らす」効果が報告されているとのことです。

イソフラボンと言えばすぐに豆乳を思い出してしまいますが、大豆ではなくて葛の花です。

葛の根は乾燥させて和漢として古くから使われてきましたが、花にも高い効用があるそうです。

ハーブ健康本舗の「シボヘール」>>詳しくはこちら

葛の花由来イソフラボンの3つのパワー

さて、お腹の脂肪を減らすのを助けてくれる葛の花由来イソフラボンですが、そのパワーはどういうものなんでしょうか?

そのパワーとは、次の3つです。

  1. 脂肪合成の抑制をサポート
  2. 脂肪の分解をサポート
  3. 脂肪の燃焼をサポート

燃焼しきれずに余ったエネルギーは、肝臓で中性脂肪に合成され体脂肪として蓄積されてしまいますが、葛の花由来イソフラボンは中性脂肪の合成を抑制する働きをサポートします。

体脂肪として蓄積されてしまった状態ではエネルギーとして燃焼できないため、一度脂肪酸へと分解する必要がありますが、葛の花由来イソフラボンはその分解をサポートします。

脂肪酸となった体脂肪は褐色脂肪細胞というものによって燃焼されますが、葛の花由来イソフラボンはこの褐色脂肪細胞の働きをサポートします。

葛の花由来イソフラボンはこの3つの力で、お腹の脂肪を減らすのを助けてくれるのです。

初回980円!話題のお腹の脂肪を減らすサプリ。>>詳しくはこちら

どのくらい続ければいいの?

3つのパワーでお腹の脂肪を減らすのを助けてくれるシボヘールですがもちろん飲むだけではダメで、適度な運動とバランスの良い食事も並行して行わなくては意味がありません。

シボヘールの葛の花由来イソフラボンのヒト実験は3ヶ月でその効果を検証していますので、最低3ヶ月の継続を推奨しています。

1袋は約1ヶ月分となっていて3,218円(税込)とのことですが、3ヶ月続けるなららくらく定期便初回限定価格980円(税込)+送料無料で購入できます。

2回目以降も2,808円(税込)ですので、少しお得ですね。

WEB限定とのことですので、興味のある方は下記ページを1度読んでみるのも良いかもしれませんね。

もっと詳しく書いてありますよ。

お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら

定番サイトでも「シボヘール」をチェック!

Amazon

楽天市場

Yahoo!ショッピング

購入はポイントサイト経由でさらにお得!

主要ポイントサイトのショッピングサイトにおける還元率一覧表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です