おいしい水を作る3種類のフィルターとは-ウォータースタンド



ウォータースタンドとは

ウォータースタンドとは、一体どういうものなんでしょうか?

家庭用浄水器との違いは、どこにあるんでしょうか?

一番の違いは、フィルターの浄水精度にあるそうです。

ウォータースタンドは、役割の違う3種類のフィルターを使ってゆっくり水をろ過していきます。

このろ過の方法は多くの地層を通って、大地が天然水をつくる自然の方法と似ています。

  1. ネオセンスフィルター
    非溶解性粒子、沈殿物、苔などを物理的に除去します。
  2. ナノトラップフィルター
    独自のナノファイバー素材を適用、静電気でウィルス・バクテリア吸着。
  3. イノセンスフィルター
    残留塩素、においを吸着、水の味を向上させます。

これらの3つのフィルターにより、水道水が湧水のようなおいしさに生まれ変わるということです。

また高性能な逆浸透膜(ROフィルター)を搭載している機種であれば、ヨウ素、セシウムなど、放射性物質までも除去することができます。

ですので、ミネラルを除去する純粋タイプを希望する方にもおすすめです。

水道直結式のウォーターサーバーはメリットが沢山【ウォータースタンド】

ウォータースタンドはお得なのか?

湧水のようなおいしい水を作ることができるウォータースタンドですが、他の水と比較して値段の方はどうなんでしょうか?

ウォータースタンドにかかる費用は、ほとんど毎月のレンタル料だけになります。

機種によって差がありますが、だいたい高くても5,000円程度となっています。

これ以外にかかる費用と言えば毎月の水道代と電気代になりますが、一般的な4人家族が飲用と料理用に使う月間300リットルにすると水道代約60円、電気代700円ほどです。

ペットボトルの水を購入している方も多いと思いますが、これと比較してみますと2リットルのペットボトルを100円としますと15,000円になりますのでウォータースタンドの方が安価ということになります。

ウォーターサーバーのお水を料理にも気兼ねなく【ウォータースタンド】

ウォータースタンドは手入れが面倒?

ウォータースタンドはフィルターを使用して水道水をろ過しますので、フィルターは使っているうちに当然汚れてきます。

フィルターの交換の頻度ですが、6ヶ月に1回程度で良いそうです。

しかも自分で交換する必要はなく、サービススタッフの方が訪問してフィルター交換をしてくれます。

経年劣化における本体交換、通常使用における故障修理についてのメンテナンス費用もレンタル料金に含まれていますので、追加料金はかかりません。

もちろん最初の取付も、サービススタッフの方が行ってくれます。

水栓に分岐の水栓を取り付けるだけで現状復帰が簡単なので、賃貸住宅でも安心して使用できます。

定額制で使いホーダイのお水、ウォータースタンド。

乗り換えでポイントプレゼントあり

今現在他のウォーターサーバーを使っていて、そろそろ古くなってきたとか値段が高いとかで乗り換えを検討している方もいると思います。

ウォータースタンドでは他社のウォーターサーバーから乗り換えると、他社解約にかかる費用を最大10,000円分のポイントがプレゼントされます。

もし興味のある方がいらっしゃれば製品情報が詳しく書いてありますので、下記ページを読んでみてください。

無料で資料請求もできますよ。

ウォータースタンドなら宅配不要、おいしいお水が使いホーダイ!

定番サイトでも「ウォータースタンド」をチェック!

Amazon

楽天市場

Yahoo!ショッピング

購入はポイントサイト経由でさらにお得!

主要ポイントサイトのショッピングサイトにおける還元率一覧表

コメントを残す