青いお茶でアイケア&リラックスしましょう-バタフライピーティー



青が好き

昔から青が好きだ。

見ているとなぜか気持ちが落ち着く。

でも青と言っても、ちょっと濁っているのは苦手だ。

海の深いところの色とかは、少し怖い。

ずっと見ていると、なぜか吸い込まれそうな気がする。

空の青は少し好きだ。

晴れた日の青空は気持ちがいい。

快晴よりも多少雲があった方がいい。

空の青が映える。

でも、最近の空は昔のように突き抜けるような青さがあまり見られない。

大気が汚染されているからだろうか?

少し残念だ。

そんな中でも、透き通るような青さが一番好きだ。

思い浮かぶのは、カクテルの「ブルーハワイ」の青だ。

あんな透き通った青色だと、いつも美味しく感じる。

さらに、それが美容に良いとなると、これはもう素晴らしい。

毎日でも体に入れたくなる…と言った飲み物が「バタフライピーティー」かも知れません。

癒しの青の新習慣!
☆バタフライピーティー☆

バタフライピーティーとは

まず「ラオス」です。

どこにあるか知ってますか?

タイの北、ベトナムの西、中国の南、いわゆる東南アジアにあります。

豊かで肥沃な大地をつくるメコン川が流れ、無農薬栽培に適した土地が広がっています。

そして、「世界で最後の楽園」ともいわれており、世界中から旅行者が訪ねてきます。

その地でバタフライピーティーは作られています。

「バタフライピー」は、東南アジア原産のマメ科の植物で、花は蝶々のような形をしています。

東南アジアでは、花、葉、茎が伝統的に使用され、特に、花はハーブティーやエディブルフラワーとしても利用されています。

花は朝方に咲き、暑い昼には萎んでしまうので、収穫は午前中に集中して行わなければいけません。

刈り取り機が使えないので、すべて手摘みで丁寧に収穫されています。

バタフライピーは、ラオスやお隣の美容大国タイでは、ハーブティーとしてホットでもアイスティーでも広く親しまれています。

また、お米にブレンドして炊くなど、日常の生活にもふんだんに取り入れられているとのことです。

成分としては、「アントシアニン」が豊富なことから、ラオスやタイでは髪を美しく保つシャンプーや石鹸などの化粧品としても使われています。

その含有量は、なんとブルーベリーの約7倍です。

目に優しそうでいいですね。

鮮やかで深い青色には、美容に嬉しい秘密がたくさん詰まっているのです。

癒しの天然ブルーハーブティー
★バタフライピー★

定期購入がお得

単品で買うと、20包で1,980円(税抜)で送料200円ですが、定期コースなら、「送料無料の1,782円」(税抜)で購入できます。

若干ですが、お得になりますね。

興味を持った方は、下記ページをご覧ください。

☆バタフライピーティー☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です