【セガサターン】壊れた本体を自分で修理するのは意外に簡単

玩具_タイトル

セガサターンは1994年に発売されたゲームハードです。

スーパーファミコン後のゲームハードのシェアをNINTENDO64、プレステと激しく争いました。

ただ、セガは次世代のDreamcastで完敗しましたが…。

それはいいとして、セガサターンには面白いゲームがたくさんあります。

「プロ野球チームもつくろう!」「バーチャファイター」「電脳戦機バーチャロン」など…。

しかしゲームをやり込んでいると、本体が先に壊れてしまうんですよね。

壊れるというか、CDが認識できなくなりゲームが起動しなくなってしまいます。

その場合はセガに修理に出せば良かったのですが、2007年の9月で修理サービスは終わってしまいました。

家庭用ゲーム・PCゲームについて|セガ

これはセガサターンファンにとって大ショックです。

今後は本体が壊れるたびにAmazonなどで買うしかなくなりましたが、それではキリがありません。

ということで、今回はセガサターン壊れた本体を自分で修理する方法がないのか調べてみたいと思います。

どうせサポート対象外なので、上手くいかなかったとしてもあきらめがつきますからね。

ゲームが起動しない症状

まず、CDを読み取れなくなる症状について調べていきます。

この症状をもう少し詳しく説明すると、次のような感じです。

  1. ゲームCDを入れると一応回り始める
  2. カラカラ音がして空回りする
  3. ゲームが起動せず、音楽のプレイリストになる

どのゲームCDを入れても結果は同じです。

電源を入れ直そうがリセットボタンを何回押そうが全く起動しません。

自分は3回ほどセガサターンを買い直しましたが、最後は全てこの症状になりました。

なので偶然ではなく、この部分がセガサターンの1番脆弱なところだと言えるでしょう。

自分で修理する方法を調べてみた

自分と同じ症状が出ている人は多数いると思いますが、その中の誰かが絶対に直しているはずです。

早速インターネットで探してみましょう。

それらしい記事はいくつか見つかりましたが、次の記事が写真付きで良さそうです。

もうだめかと思いましたが、ゲームが起動しなくなったSEGAサターンが復活しました。

この記事によると、本体を開けて黄色いネジを回すだけでゲームが起動したそうです。

ということで、早速自分も挑戦してみることにします。

黄色いネジを回すだけ

セガサターンの本体を開けるのは少し躊躇しますが、どうせサポート外ですからね。

誰も責任を取ってくれないので、全て自己責任です。

本体のカバーはプラスドライバーで開けられます。

けっこう深く差し込まなければいけないので、長めのドライバーを使った方がいいでしょう。

開けたあとは、記事に書いてある黄色いネジを探します。

CDを乗せる台の下に隠れていて少し見つけにくいですが、覗けば簡単に見つかります。

そのネジをほんの少しだけ右に回すとのことですね。

ネジ穴は十字になっていますので、本体を開けた時のプラスドライバーがピッタリ合います。

慎重にほんの少しだけ(1mm~2mm程度)右に回します。

修理はこれで終わりですが、カバーをネジで固定する前に動作確認しておきます。

起動しなくてまた開けるのは面倒くさいですからね…。

結果は…

とりあえず「電脳戦機バーチャロン」を入れて電源ボタンを押してみると…。

「ギュッ」「ギュッ」といい感じの音が鳴っています。

久しぶりに聞きましたよ、この音。

手応えありです。

そしてしばらく待ったあとに現れました、バーチャロンのタイトル画面が。

ちょっと感動しましたね、何回リセットしても起動しなかったゲームが1発で起動したのですから。

ついでに他のゲームも入れてみましたが、全て問題なく起動しました。

それにしても世の中には頭のいい人がいるんですね。

もう本当に感謝しかありません。

ゲームの起動が確認できたら本体カバーをネジ止めして終了です。

電池切れ

玩具_見出し2

次に電池切れです。

セガサターンでは、日付の記憶やセーブデータの保存に電池を使っています。

なので電池が切れると、電源を入れた時に日付設定画面が現れるようになります。

ちなみに日付は1994年1月1日がデフォです。

日付が消えることなどは別にどうでもいいのですが、それよりも問題なのがセーブデータの方です。

セガサターンでは、電池が切れると本体に保存したセーブデータが消えてしまうのです。

そもそもセガサターンの本体は容量が少なく、1つのセーブデータしか保存できません。

それが消えてしまうとかなりのショックです。

パワーメモリーは必須

そうならないためにも、常にパワーメモリー(セガサターン)にセーブデータを保存しておきましょう。

これはなかなかの優れものです。

本体の電池が切れても、これに保存しておけばセーブデータが消える心配はなくなります。

さらに容量も大きいので、いくつものセーブデータを保存できます。

ということで、パワーメモリーを持っていれば電池交換は必須ではありません。

しかし電源を入れるたびに日付設定するのは、やはりうっとうしいですからね。

電池が切れたら電池交換しましょう。

ただし電池交換は、必ず本体のセーブデータをパワーメモリーに移してからにしてくださいね。

理由は書かなくても分かると思いますが、本体のセーブデータがぶっ飛びます。

電池交換の方法を調べてみた

電池交換は修理するというほどのものではないかもしれませんが、とりあえず交換方法を調べます。

なんとセガサターンの取扱説明書に電池交換の方法が載っていました。

しかも「1年に1回電池交換してください」と書いてあります。

電池切れは別に故障でも何でもないということですね。

いつも電池切れより先にゲームが起動しなくなるので、電池交換を意識したことがありませんでした。

電池交換は次の記事を参考にしてみます。

セガサターン本体の電池交換は超カンタン!

実際に電池交換してみた

セガサターンで使っている電池は、CR2032というボタン電池です。

電池は本体後ろから見て左側の拡張スロットに入っています。

蓋を開けるのにドライバーなどは必要なく、簡単に開けられる仕様になっています。

取っ手をグイっと下に押しながら手前に倒すと蓋が外せます。

蓋を外すと手前にボタン電池が見えますので、あとは普通に電池交換するだけですね。

そして蓋を閉めて電池交換は終了です。

誰でもできます。

結果は…

電池交換の結果など確認する必要もありませんが、一応確認してみます。

本体の電源を入れると、いつも通り日付の設定画面が現れます。

今回はしっかり日付を設定して、電源を切ります。

次の日に再び本体の電源を入れてみたところ、日付の設定画面は出てきませんでした。

ということで、電池交換もばっちり上手くいったようです。

これで本体にもゲームデータを保存できますが、自分は念のためにパワーメモリーも使いますけどね。

まとめ

玩具_見出し3

今回は、セガサターン壊れた本体を自分で修理する方法を調べて実際に修理してみました。

修理したのは次の2つの症状です。

  • ゲームが起動しない症状
  • 電池切れ

ゲームが起動しない症状は、本体カバーを開けて黄色いネジを右に1mm~2mm回します。

電池切れは、本体背面左側の蓋を開ければ簡単に電池交換できます。

セガサターンで使っている電池は、CR2032というボタン電池です。

どちらも割と簡単に修理できるというのが正直な感想です。(電池切れは故障ではありませんが)

同じ症状が出ている人は、1回チャレンジしてみてはどうでしょうか?

小さめで長めのプラスドライバーがあればOKです。

もちろん自己責任になりますけどね。

ということで、今回は終わりにします。