【セガサターン】壊れた本体を自分で直すのは意外に簡単だった

玩具_タイトル

自分でセガサターンを直そうと頑張ってみました。

修理サービスは終了している

セガサターンは1994年に発売されたゲームハードです。

スーパーファミコン後のゲームハードのシェアをNINTENDO64、プレステと激しく争いました。

その後セガは、Dreamcastで完敗しましたが…。

それはいいとして、セガサターンには面白いゲームがたくさんありますよね。

個人的に1番思い入れがあるのは「プロ野球チームもつくろう!」ですが。

その他にも「バーチャファイター」や「電脳戦機バーチャロン」など、名作ゲームが目白押しです。

しかし遊んでいると、いつも本体の方が先に壊れてしまうんですよね。

壊れるというか、ゲームCDを読み取れなくなります。

ゲームCD自体は全く問題ないんですけどね。

そうなった場合は修理に出せば良かったのですが、2007年の9月で修理サービスは終わってしまいました。

これはセガサターンファンにとって大ショックです。

今後は本体が壊れるたびにゲオで買うしかなくなりましたが、それではキリがありません。

ということで、壊れた本体を自分で直す方法がないのか調べてみました。

どうせ修理サービスは終了していますので、上手くいかなかったとしてもあきらめがつきますからね。

セガサターンを自分で直す

自分のセガサターンが今どんな状態なのかというと、症状は次の2つです。

  1. ゲームCDを読み取れない
  2. 電池切れ

この2つの症状について、1つずつ直す方法を調べていきます。

ゲームCDを読み取れない

この症状をもう少し詳しく説明すると、次のような感じです。

  • ゲームCDを入れても空回りする
  • 結局認識できず、音楽のプレイリストになる

どのゲームCDを入れても結果は同じです。

電源を入れ直そうが、リセットボタンを押そうが全く直りません。

直す方法を調べてみた

自分はこれまでセガサターンを3回買いましたが、最後は全てこの症状でジ・エンドです。

ということは、同じ症状が出ている人がたくさんいるはずです。

そして、その中の誰かが絶対に直しているはずです。

早速インターネットで探してみましょう。

それらしい記事はいくつか見つかりましたが、次の記事が良さそうです。

この記事によると、本体を開けて黄色いネジを回すだけでCDが読み取れたそうです。

ということで、早速自分も挑戦してみることにします。

実際に直してみた

セガサターンの本体を開けるのは少し躊躇しますが、どうせもうサポート外ですからね。

失敗してもまた買えばいいだけですし。

本体はプラスドライバーで開けられます。

開けたあとは、記事に書いてある黄色いネジを探します。

CDを乗せる台の下に隠れていて少し見つけにくいですが、覗けば簡単に見つかります。

そのネジを少しだけ右に回すとのことですね。

ネジ穴は十字になっていますので、小さめのプラスドライバーがピッタリ合います。

慎重にほんの少しだけ右に回し、本体を閉めれば修理完了です。

割と簡単でしたね。

結果は…

とりあえず「電脳戦機バーチャロン」を入れて電源ボタンを押してみると…。

「ギュッ」「ギュッ」といい感じの音が鳴っています。

久しぶりに聞きましたよ、この音。

手応えありです。

そしてしばらく待ったあとに現れました、バーチャロンのタイトル画面が。

ちょっと感動しましたね、数年間起動しなかったゲームが1発で起動したのですから。

ついでに他のゲームも入れてみましたが、オールOKでした。

それにしても世の中には頭のいい人がいるんですね。

もう本当に感謝しかありません。

電池切れ

次に電池切れです。

セガサターンでは、日付の記憶やセーブデータ保存に電池を使っています。

なので電池が切れると、最初に日付設定画面が現れるようになります。

ちなみに日付は1994年1月1日がデフォです。

まあ日付くらいはどうでもいいのですが、問題なのがセーブデータの方です。

セガサターンでは、電池が切れるとセーブデータが消えてしまうのです。

そもそもセガサターンの本体は容量が少なく、1つのセーブデータしか保存できません。

それが消えてしまうとかなりショックですよね…。

そうならないためにも、パワーメモリーにセーブデータをバックアップしておきましょう。

これはなかなかの優れものです。

本体の電池が切れても、セーブデータが消える心配はなくなります。

しかも容量も大きいので、いくつものセーブデータを保存できます。

ということで、パワーメモリーを持っていれば電池交換は必須ではありません。

しかし電源を入れるたびに日付設定から始まるのは、やはりうっとうしいですからね。

電池が切れたら電池交換しましょう。

ただし電池交換は、必ず本体のセーブデータをパワーメモリーに移してからにしてくださいね。

理由は書かなくても分かると思いますが…。

直す方法を調べてみた

電池交換は直すというほどのものではないかもしれませんが、とりあえず交換方法を調べます。

次の記事を参考にしてみます。

記事にはセガサターンの説明書らしきものの写真が載っていますね。

そこには電池交換の方法も載っており、「1年に1回電池交換してください」と書いてあるようです。

ということは、電池交換は修理でも何でもないということですね。

自分は説明書などすぐに捨てますので、電池交換できることなど全く知りませんでした…。

実際に直してみた

セガサターンで使っている電池は、CR2032というボタン電池です。

電池は本体後ろから見て左側の拡張スロットに入っているとのことです。

蓋を開けるのにドライバーなどは必要なく、簡単に開けられる仕様になっています。

蓋を開けると手前にボタン電池が見えますので、普通に電池交換するだけですね。

そして蓋を閉めて作業は終了です。

超簡単です。

結果は…

電池交換の結果など確認する必要もありませんが、一応確認してみます。

本体の電源を入れると、いつも通り日付の設定画面が現れます。

次からはもう現れないはずですので、いつもより真剣に日付を設定して一旦電源を切ります。

そして1日おいてから電源を入れてみたところ、日付の設定画面は現れませんでした。

ということで、電池交換もばっちり上手くいったようです。

というわけで、セガサターンを自力で直してみました。

割と簡単に直せるというのが正直な感想です。

同じ症状のセガサターンを押し入れに入れている人は、1度チャレンジしてみてはどうでしょうか?

小さめのプラスドライバーがあればできます。

もちろん自己責任になりますけどね。

ということで、今回は終わりにします。