【インデックス投資】年率6%の金利なら1万円の投資で50円昇給するのと同じ

こういう考え方をするようになってから少し投資が楽しくなってきました。

会社の昇給額はどのくらい?

会社に勤めている人は当然給料をもらっていると思いますが、どうでしょう、毎年少しずつでも給料が増えていますか?

毎年の昇給額は会社の業績や人事評価、役職によっても変わってくると思いますが、おそらく一番影響するのは会社の大きさだと思います。

どんなに儲かったとしても、子会社が親会社より昇給額を多くすることは考えにくいですからね。

そこで、会社の規模別にどのくらい昇給しているのかを調べてみたいと思います。

下記のサイトを参考にします。

昇給率の計算方法とは?中小企業と大企業の平均昇給額・昇給率を解説 | あしたの人事オンライン

これによると、2019年の平均の昇給額と昇給率は下記の表のようになっています。

従業員数昇給額昇給率
100人未満4,288円1.87%
100~300人未満4,949円1.97%
300~1000人未満5,389円1.98%
1000人以上6,430円2.12%

これを見ると、1000人以上の社員を抱える大企業でも6,430円です。

確かに小さい会社よりは多いですが、それでもたった6,430円です。

会社を辞めた自分が言うのもなんですけど「1年間頑張って働いてもこれくらいしか上がらないのはかわいそう」という感想ですね。

昇給率を見ても、1000人以上の大企業でようやく2%を超えるレベルです。

投資信託の金利に例えるのもどうかと思いますが、年率2%の金利ではどっかのクソファンドを掴んだのと同じであんまり大したことないレベルです。

インデックス投資のリターン

ここからが本題です。

会社の昇給率を見た上で、投資信託のリターンを見てみます。

投資信託のリターンはもちろん選ぶファンドによって変わりますが、今回はインデックス投資で考えてみます。

インデックス投資といってもたくさんあるので、大まかに主要な8資産の平均で見てみようと思います。

8資産というのは次の資産です。

  1. 国内株式
  2. 先進国株式
  3. 新興国株式
  4. 国内債券
  5. 先進国債券
  6. 新興国債券
  7. 国内リート
  8. 先進国リート

この8つの資産の過去20年間(2001年4月末-2021年4月末)の年率平均リターンは、下記のサイトによると次のようになっています。

『myINDEX 資産配分ツール』

何回も書いていますが、これはホントに便利なツールなのでインデックス投資している人にはおススメですね。

  1. 国内株式:3.5%
  2. 先進国株式:7.1%
  3. 新興国株式:9.6%
  4. 国内債券:1.5%
  5. 先進国債券:4.8%
  6. 新興国債券:7.2%
  7. 国内リート:8.4%
  8. 先進国リート:9.0%

これらの年率平均リターンを足して8で割ると6.3875%になります。

今は少し株価が上がり過ぎのような気もするので、ちょっと割り引いて年率6%の金利で考えてみることにします。

1万円投資したとすると?

1万円を年率6%の金利で運用するとどうなるかということを計算してみます。

もし1月に1万円投資したとしたら、次の年の1月には6%増えて1万600円になっています。

ということは1年で600円増えたということなので、1ヶ月で見れば600円を12で割って50円増えたということになります。

簡単に言えば、1万円を投資すれば毎月50円もらえるというイメージです。

これは解約しない限り、来年も再来年以降もずっと毎月50円もらえるということになります。

要は何が言いたいかというと、年率6%の金利なら1万円の投資で50円昇給するのと同じというふうに考えられるということです。

1万円で50円は少ないと思うかもしれませんが、投資する金額を増やせばその分だけ増えていきます。

例えば10万円投資すれば500円、100万円投資すれば5000円、というふうに投資した額に比例して増えていきます。

大企業でも昇給額は年間6000円程度なので、年間120万円投資するとほぼ同額になります。(月10万円になるのでしんどいかもしれませんが)

ちなみにこれは単利で考えた場合なので、複利で考えれば年数が経つごとにもっと増えていきます。

好きには使えませんが…

ただ、会社の給料と投資では大きく違うところがあります。

会社の給料は使いたい時に好き勝手に使えますが、投資したお金は基本塩漬けになるので銀行預金のように好きな時に下ろして使うことはできません。

もちろん解約すれば使えますけど、もうそこで終わってしまいます。

なので、投資するお金はウン十年使えないものと覚悟して投資しなければいけません。

そこが少し考えてしまうところなんですけどね。

しかし1万円投資するごとに50円昇給すると考えれば、なんだか投資が少し楽しくなってきませんか?

自分で自分の給料を上げている、みたいな。

なので自分は1万円投資するごとに「よし、これで給料50円増えた!」と思いながらやることにしてます。

実際にその通り増えているかどうかは別問題ですけど。

しかしそう考えることで、少しでもムダな出費は削って投資に回してやろうという気になってきます。

実際の運用成績

今までの話は全て理論上の話ですが実際の投資成績はどうなっているかというと、4月末の時点では6%ラインを大きく上回っているので今のところ順調です。

と偉そうに書いていますが、2020年10月末の時点では2%ほどでしたのでほとんど泣いていました。(それでも大企業の昇給率と同じくらい)

投資開始からトータルの期間で見ても6%に届いていない期間の方が多いですし、株価が暴落した時はマイナスの時期すらありました。

それがたまたま2020年11月から株価が爆上げしたおかげで一気に盛り返しました。

投資はこんな感じでリスクもあるので、安定を求めている人にはおススメしませんけどね。

しかしリスクを取らなければ、リターンもない。

「最後には勝つ」と信じて続けるだけです。

タイトルとURLをコピーしました