楽天証券の積立投資はどのファンドを選べばいいのかとことん迷う

楽天証券の積立投資

楽天証券では投資信託の毎月積立で5万円まではクレジットカード決済ができて、さらに1%分の楽天スーパーポイントがもらえるので、使えるなら使った方がいいですね。

5万円の積み立てをするだけで、通常ポイントで500ポイントもらえますからね。

さらに言うなら、一般NISAかつみたてNISAで積立設定をするともっと効率的ですね。

つみたてNISAなら毎月33,333円積み立てできるので、クレジットカード決済で積み立てして、余った16,667円分は特定口座で積み立てして、みたいな感じでしょうか。

一般NISAでも、毎月5万円をクレジットカード決済で積み立てて60万円分の枠を利用して、残りの60万円の枠は好きに投資するとかですね。

リバランスをする時でもNISAは触らずに、特定口座の方で1年に1回くらい調整すれば特に問題なさそうですね。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

使いづらいところもある

ただ、楽天証券のクレジットカード決済の積み立ては自分にはちょっと使いづらい部分があって、それは申し込みの締め切りが早いことなんですね。

自分の場合は毎月購入する額とポートフォリオは一定ですけど、価格変動に応じて調整(リバランス)をしながら購入しているので、購入する当日に個々の購入額を決めているんですよね。

まあ自動積立よりはちょっと面倒くさいですけど、ソフトを使えばすぐに割り振りを計算できますからね、それで毎回スポット買いしています。

楽天証券のクレジットカード決済の積み立ては、申し込み期限が前月の12日で買い付け日が1日なのですが、前月の12日に購入額を決めることは自分のやり方では無理ですね。

でもやっぱり500ポイントは欲しいし、何とかしてクレジットカード決済で積み立てしたいと考えた末に思いついたのは、1本のファンドをポートフォリオとは独立させて積み立てるということです。

月に50,000円も余分に投資するのは正直財布が痛いですが、まあいつでも解約できるから大丈夫かと思って積み立てることにしました。

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

1本のファンドで積み立てるなら

で、どのファンドにしようか悩みましたけど、その時は1本ならバランスファンドがいいんじゃないかと思いつきましたね。

それなら自分でリバランスをする必要もないし、自分のアセットアロケーションに近いファンドを買っておけば値動きもそれなりかな、みたいな。

それで積立設定をして数ヶ月たちましたけど、よくよく考えると積立投資は完全にドルコスト平均法の投資ですからね、ドルコスト平均法が最大限に生きる理想的な曲線は上下動を繰り返しながら徐々に右肩上がり、なんですよね。

安定した右肩上がりよりは、少しくらい不安定な方がいいんですよね。

バランスファンドは複数の指数に連動しているので、1つの指数に連動するよりも曲線がなだらかになりがちなんですよね。

となると、もう少しリスクの高いファンドにしておけば良かったかな、とかポイント目当ての投資であんまり長期で保有しないかもしれないから今のままでもいいかな、とかいろいろ考えてしまいますね。

楽天証券の積立投資だけでこんなに悩むとは、投資信託は本当に奥が深いです。

まあそういうことを考えているのが楽しいんですけどね。

SBIネオモバイル証券 口座開設プロモーション

タイトルとURLをコピーしました