楽天証券のロボアドバイザー、楽ラップの投資内容や運用方法など

今回は楽天証券でできるお任せ資産運用、ロボアドバイザーの楽ラップの内容や運用方法、運用している感想などについて書いていきたいと思います。

銀行に預金していてもほとんど金利が付かない今、投資をしないという選択肢は自分にとって信じられないことなのですが、一般的に投資は難しいというイメージがありますよね。

そういう方でも楽ラップなら、楽天証券に口座を作ってお金を入れるだけでロボットが勝手に資産運用してくれるので便利です。

楽ラップ:ロボ・アドバイザー | 楽天証券

楽ラップとは?

楽ラップはいわゆるロボアドですね。

ポートフォリオの提案をする「アドバイス型」ではなく、自動で買い付けや売却などを全部やってくれる「投資一任型」のロボアドです。

楽天証券の総合口座さえ作れば、申し込みが可能です。

いくらから始められる?

楽ラップは2020年3月22日から、最低1万円から始められるようになりました。

自分が始めた頃は最低10万円からのスタートだったので、今はずいぶん敷居が下がりましたね。

積み立ても可能

楽ラップでは、積立投資も可能です。

毎月1万円からの積み立てが可能で、積立日は毎月10日と25日の好きな方を選べます。

無料診断あり

投資初心者で、何をすればいいのか全く分からないという方でも、最初に16個ほどの質問に答えれば、楽ラップが最適と思われる運用コースを提案してくれます。

少し投資経験のある方で、最初から自分で選びたい運用コースがあるという方は、そのコースになるように質問に答えていけばいいかと思います。

運用コースは?

楽ラップの運用コースは次の5つから選ぶことができます。

  1. 保守型
    とにかく「慎重派」だという方のための運用コース。
  2. やや保守型
    基本は慎重だけど、攻めの姿勢も忘れない方のための運用コース。
  3. やや積極型
    資産の保全を図りつつ、攻めたい方のための運用コース。
  4. 積極型
    リスクをある程度見込んで収益性を追求したい方のための運用コース。
  5. かなり積極型
    とことん収益性を追求していきたい方のための運用コース。

下に行くほど株式・リートの比率が上がり、リスクは大きくなる代わりにその分リターンも期待できるというポートフォリオになっています。

詳しくは下記で見ることができます。

運用コースのご紹介 | 楽ラップ | 楽天証券

下落ショック軽減機能

楽ラップでは下落ショック軽減機能(DRC機能)というものが用意されており、その機能を付けるかどうかを2~5のコースでは選択できます。

これは暴落などで株価が大幅に下がった時に、一時的に株式を売って債券の比率を増やすという機能ですね。

下落ショック軽減機能を付けることで、暴落時の損失を軽減することができます。

詳しくは下記に書いてあります。

下落ショック軽減機能(DRC機能)とは | 楽ラップ | 楽天証券

個人的にはその後のことを考えると、むしろ逆にしてほしいくらいなので、ハッキリ言って必要ないと思っていますが、リスクをあまり取れない方にとっては良いのかもしれませんね。

手数料は?

楽ラップの手数料は次の2つのコースから選ぶことができます。

それ以外にファンドの運用管理費用もかかりますが、これは自分で投資信託を保有していてもかかります。

楽ラップでは、インデックスファンドでポートフォリオを組んでいるので、運用管理費用は最大年率0.248%となっています。

固定報酬型

固定報酬型は、楽ラップの投資成績に関係なく、一定の報酬を楽ラップ運用にかかる費用として払うというものです。

投資金額によって変わりますが、一番高い1,000万円以下なら0.715%になります。

1,000万円を超える部分については多少安くなりますが、詳しくは下記に書いてあります。

固定報酬型について | 楽ラップ | 楽天証券

成功報酬併用型

成功報酬併用型は、固定報酬+成功報酬の形になっています。

固定報酬は、一番高い1,000万円以下なら0.605%で、固定報酬型より0.11%安くなっていますが、その他に成功報酬として、運用益×5.5%を支払うことになります。

こちらも1,000万円を超える部分については多少安くなりますが、詳しくは下記に書いてあります。

成功報酬併用型について | 楽ラップ | 楽天証券

どちらが得か?

下記のページでは、楽ラップの運用成績が年利約2%を超えると、固定報酬型の方が手数料が安くなると記載されています。

手数料 | 楽ラップ | 楽天証券

そういうわけで、楽ラップの運用成績を調べてみると、運用開始来のリターンが一番低い「運用コース:1000100」(保守型)でも、運用を開始した2016年7月から2020年12月の4年半で騰落率が19.17%となっており、年利4%を超えています。

1000100.pdf

よって今のところ、固定報酬型を選んだ方が手数料が安くなる可能性が高いと言えそうです。

楽ラップの運用

自分は一部の資産を楽ラップで保有しており、毎月けっこうレポートを細かくチェックしていますが、運用については次のような感じで行っていることが分かります。

ポートフォリオの見直し

楽ラップのポートフォリオの見直しは、3ヶ月に1回行っているようです。

最近では1月・4月・7月・10月に見直しを行っています。

実施しているのは、下記の2つです。

  • 組入銘柄の見直し
    購入するファンドの見直しの実施。
  • 構成比率の見直し
    各ファンドの保有割合の見直しの実施。

楽天証券から毎月出る、マンスリーレポートをよく見ていないと分からないですが、毎回若干変更されています。

リバランス

ファンドの構成比率を整えるリバランスについては、月に1回実施しています。

どのくらいバランスが崩れた時に実施しているのかはよく分かりませんが、楽ラップ側で崩れたと判断した時に実施するようです。

構成比率の崩れが許容範囲内であると判断した月については、リバランスは実施されません。

売買のタイミング

保有ファンドの売買については、必要に応じて毎月20日~25日くらいの間で順次行っています。

ポートフォリオ変更に伴う売買と、リバランスを同時に行っています。

投機的なことはしない

楽ラップの運用では、たまに暴落が起こって株価が明らかに下がっている時でも、ポートフォリオを崩してまで、売買するようなことはしません

例えば2020年の3月に株価が一時的に急落しましたが、底を打ったと判断して、債券を売って株式を買う、というようなことはしませんでした。

相場を見て、儲けを狙うということはしないということですね。

楽ラップを使ってみて

自分は一部楽ラップでの運用をしていますが、楽ラップの好きなところをいくつか書いていきたいと思います。

とにかく楽

楽ラップはお金さえ入れておけば、勝手に運用してくれるので、非常に楽です。

自分で投資信託を買うとなると、ファンドの選定、購入、売却、リバランスなどを自分でやる必要がありますが、楽ラップではその手間が省けます。

一番楽なのは、自分でポートフォリオを考えなくていいことです。

そもそもポートフォリオの正解などは分からないのですが、自分でやっているとどうしても欲が出て間違えてしまいがちです。

ですが、ロボアドには一切感情がないですからね、機械的にバサバサ行きます(笑)

投資の勉強になる

ここが自分の一番好きなところですが、楽ラップの運用を毎月見ているだけで、自分で投資信託を買う時の勉強にもなります。

いろいろな運用コースのポートフォリオを見ることで、株式と債券、リートの割合について大体感覚がつかめてきますし、それでどのくらいのリターンが得られているかも分かります。

楽ラップがポートフォリオを変更した時も、「ここで海外リートを増やしてきたか」とか「新興国株式の割合を減らしてきたな」など分かるので、自分のポートフォリオの参考にすることもあります。

ただ、今は月半ばに前月のマンスリーレポートがリリースされていますが、できればもう少し早くリリースしてほしいんですけどね、まあいろいろ事情があるのだと思いますけど(笑)

楽ラップのポートフォリオや運用を見ていて一番勉強になったのは、一度運用方針を決めたらコロコロ変えない、ということですね。

投資初心者なら自分で投資信託を始める前に、まず楽ラップで運用を始めて、どのように運用しているかを見てみるのもいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました