最近の競馬を見てると1990年頃の競馬が懐かしくてたまらない

アーモンドアイが日本競馬史上初のG18勝したそうですね。

でも最近の競馬は、と言ってももう10年以上前から全然面白くない。

昔は、と言っても1990年くらいからの競馬しか知らないけど、その頃の競馬は今よりだいぶ面白かったような気がする。

競馬はいつまでも面白くあってほしいと切に願ってるので、どうして最近の競馬が面白くなくなったと感じるかを思いつくままにザっと書いてみようと思います。

かつては駐車場が一杯

昔は車で競馬場に行くことが多かったけど、その頃はもう駐車場は朝早く行かなければいつも満車だったような気がする。

帰りは最終レースの前のメインレースが終わったらすぐ車にダッシュして帰ることにしていましたが、それでも混雑が凄かった。

京都競馬場は京都南インターまでずっと渋滞、新潟競馬場は7号線のバイパスに乗ってもまだしばらく渋滞、中京もずっと渋滞、阪神はあんまり車で行ってないので覚えてないけどね。

でもいつからかな、2000年を過ぎたくらいからは、どの競馬場でもスッと帰れるようになりましたからね。

分かりやすく言うと、いつもホテルまで1時間半かかっていたのが30分で着く感じですね。

競馬場の入場者などの推移は下記のページに詳しく載っていました。

JRA売上高・参加者(馬券購入者)・入場者数推移 ~2019年 | Umas!

こうして見ると、やっぱり入場者数はだいぶ減ってますね。

まあイチイチ競馬場に行かなくても、ネットで馬券が簡単に買えるようになったことも原因として大きいでしょうけど。

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~

主戦騎手を大切に

主戦騎手について

昔はこの馬と言えばこの騎手、みたいなのが今よりもっとあったような気がします。

例えばアイネスフウジンと言えば中野栄治、ミホノブルボンと言えば小島貞博、ナリタブライアンと言えば南井克巳(最後は武豊に乗り変わりやがりましたが)といった感じです。

ずっと3着続きのナイスネイチャと松永昌博騎手のコンビもありました。

南井騎手は別として中野騎手とか小島騎手なんかはリーディングを争う騎手でもなかったのに、それでも有力馬の主戦騎手だったからね。

それがいつくらいからかな?1990年代半ばに武豊が無双し始めた頃からちょっとずつおかしくなっていった感じですね。

強い馬は何でもかんでも武豊、みたいになっていきましたね。

おそらく何とかファームとか有力オーナーが力を持ちすぎて、乗せる騎手にまでいちゃもん付け始めたんでしょうけどね。

まあ調教師は次の年から有力馬が入ってこなくなると困るから有力オーナーには逆らえないのも分かりますけどね、もっと現場に任せろや!と思います。

やっぱ馬と騎手はセットですよ運命共同体、この馬にこの騎手が乗るから応援する、みたいなね。

外国人ジョッキーについて

あとは言いたくないけど外国人ジョッキーですね。

ルメール、テレビの勝利ジョッキーインタビューなんかを見ていても確かに真面目そうでめちゃめちゃ上手いと思うし好感持てるよ。

まあ別にいてもいいんだけど、ちょっといい馬乗せ過ぎでしょ。

なんで日本の競馬なのに、強い馬に外国人ジョッキーばかり乗せるんですかねー。

まあ何とかファームとか有力オーナーの意向が強いんでしょうけど、それならどっか他の国でやってくれたらいいのにね。

見てる側からすると、例え日本の馬が凱旋門賞勝ったとしても外国人ジョッキーが乗ってたらあんまり興奮しない気がするな、それなら外国の馬に日本人騎手が乗って勝った方がよっぽど興奮するような気がする。

自分の希望としてはどの馬でもいいから引退するまでに武豊に凱旋門賞勝ってほしいんだけどね、今のままではちょっと厳しいかな?

まあこれは別に外国人ジョッキーを追い出せ、とか言っているのではなく日本人騎手もっと頑張れ!ということです。

昔は関東に岡部、柴田政人、的場、関西に河内、南井、田原みたいなベテランがいて、若手の台頭を阻止していたものです。(武豊を除く)

でも全盛期のアンカツ(安藤勝己)は凄かったな、全盛期の武豊の上を行ってたかもしれないな。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

ローテーションについて

昔は強い馬が歩むべき王道ローテーションがあって、クラシックレースまでは距離適性が多少合わなくても果敢に挑んでいたものですけどね。

牡馬のイメージとしては、2歳の9月くらいに新馬戦を勝って、10月の終わりくらいに500万下の1600mを買って2歳の締めは朝日杯。

3歳は弥生賞くらいで叩いて皐月賞、日本ダービー、一息入れてトライアルを1回叩いて菊花賞、強い馬なら最低ここまでは行ってほしいですけどね。

どうもよく勝つ敏腕調教師などは距離適性を考慮したりして変なレースに使いたがるような気がするけど、普通でいいんですよ、普通で。

本当に強い馬なら多少距離が合わなくても勝てるでしょ?

G1が多すぎる

あと思うのは、最近なんか知らないうちにG1が増えてないですか?

G1なんて少ないから勝った馬強いと思うのに、こんなに増えたらちょっと強い馬でもG1馬になっちゃうよ。

超個人的な意見を言うと、大阪杯とかホープフルSなんて別にG1でなくてもいいわ。

大阪杯は天皇賞(春)の叩き台に使うG2くらいでちょうど良かったのに。

【競馬最強の法則WEB】

やっぱり競馬はロマン

やっぱ競馬はロマンですよ。

昔は別に馬券なんか買わなくても、単にレースが面白いから見てたからね。

リアルタイムでは見てないけど、古馬戦線最強のタマモクロスと3歳でクラシックに出れなかったオグリキャップの天皇賞(秋)とか古馬最強決定戦になったトウカイテイオーとメジロマックイーンの天皇賞(春)とかああいうのは後で見ても興奮するね。

そう言えばビワの故障で実現しなかったけど、岡部のビワハヤヒデと南井のナリタブライアンが有馬記念で兄弟対決するのを見たかったなー。

あれはどっちが勝ってもおかしくなかった。(個人的にはブライアン)

【Deep】

タイトルとURLをコピーしました