【エアーマネジメント2】ゲーム内容と簡単な攻略方法

玩具_タイトル

前作も良かったですが、エアーマネジメント2はゲーム内容がさらにパワーアップしています。

ゲーム概要

スーパーファミコン版は1993年4月2日に光栄から発売。

航空会社を経営する経営シミュレーションゲームで、プロデューサーはマニアの間では有名なシブサワ・コウです。

全世界7つのエリアに本社・支社を作り、いくつかのエリアで乗客数No.1を達成すればゲームクリアとなります。

ゲームクリアに必要な乗客数No.1のエリアは、選んだレベル(1~5)によって異なります。

シナリオは次の4つがあり、好きなシナリオを選べます。

  1. ジェット時代の幕開け:1955年4月~1975年1月
  2. 大量輸送時代:1970年4月~1990年1月
  3. 世界を覆う航路網:1985年4月~2005年1月
  4. 新世代のネットワーク:2000年4月~2020年1月

当然ながら、年代が新しくなるほど販売される航空機の性能は良くなっていきます。

ライバルは3社あり、どのエアラインが先に空の覇権を握るか競います。

ゲーム開始時は2000年で会っても全世界に路線が1本もなく、まっさらな状態からになります。

対人でも4人まで同時にプレイできますが、下位の人は資金難に陥り超絶につまらなくなるためコンピュータとの対戦をおススメします。

前作も面白かったですが、1番の違いは世界が7つにエリア分けされたことですかね。

それにより、エリア内の路線構築・エリア間の路線構築という2つの戦略が生まれました。

本社は東京がおススメ

ゲーム開始時に、まずどの都市を本社にするか決めなければいけません。

どの都市を本社にするかで序盤のゲーム展開が大きく左右されますので、ここは慎重に選びましょう。

変な都市を選んでしまうと、コンピューターにスタートダッシュを決められてしまいます。

いったんそうなるとなかなか利益が出せませんので、資金繰りに苦しみます。

資金がないと路線構築も航空機購入もできませんからね。

ジリ貧に陥り、挽回するのは相当難しくなります。

個人的に1番良いと思う本社は、やはり東京ですね

その理由は次のようになります。

  • 都市レベルが高く人口が多い
  • 世界の主要都市との距離がちょうど良い

都市レベル(商業・観光)が高くて人口も多い都市は、それだけ客もたくさん乗ってくれます。

あと何気に重要なのは、世界の主要都市との距離がちょうど良い感じになっていることです。

このちょうど良いというのは、MD12(航続距離1万2800kmの航空機)で全6エリアの大都市と路線構築できるという意味です。

他の大都市を本社に選ぶと、これがなかなか難しいのです。

例えばニューヨークやロンドンではシドニーと離れすぎていて、MD12で届かないのがイマイチですね。

まあニューヨーク⇔東京⇔シドニーと接続すれば良いのですけど、本社⇔支社⇔支社になってしまいます。

やはり支社は本社と直結させたいですからね。(特に意味はありませんが…)

支社にする都市の条件

ゲーム_見出し3

本社を東京(東南アジア)にした場合、あとで他の6つのエリアに支社を作らなければいけません。

他の6つのエリアとは、北アメリカ・南アメリカ・ヨーロッパ・アフリカ・中東・オセアニアです。

支社を作るには、まず本社と支社を作る都市の間で路線構築する必要があります。

支社は各エリアに1つしか作れませんので、本社と同様に都市選びが非常に重要です。

考え方は本社の時と同じで、都市レベルが高くて人口が多い都市を選べば良いでしょう。

各エリアで支社を置くのに最も適した都市は次のようになります。

  • 北米:ニューヨーク
  • 南米:メキシコシティ
  • ヨーロッパ:ロンドン
  • アフリカ:カイロ
  • 中東:ニューデリー
  • オセアニア:シドニー

南米にはサンパウロもありますが、東京から遠すぎてMD12では届きません。

なので却下です。

中東のテヘランはニューデリーよりも人口が多いですが、イランは日本との友好度が低いのでこれも却下です。

続きの記事で説明しますが、友好度が低いとスロット交渉に時間がかかってしまいますからね。

路線構築の考え方

ゲーム_見出し4

このゲームでは全世界に路線構築する必要がありますが、無限に路線が引けるわけではありません。

ゲームの仕様上、最大でも40路線しか引けなくなっています。

なので、どこに何路線を構築するか計画的に決めていかなければいけません。

路線には大きく分けて、エリア内とエリア間の2種類があります。

エリア内は東南アジア・北アメリカなどそのエリア内での路線構築、エリア間は本社⇔支社・支社⇔支社間の路線構築です。

つまり40しか引けない路線を、7つのエリアとエリア間で上手く配分してやる必要があります。

例えば、東京を本社にしてエリア間をMD12で路線構築した場合の路線数は16になります。

なので残り24路線を7つのエリアで分けることになりますが、次のような配分がベストだと思います。

  • 乗客の多い東南アジア・北アメリカ・ヨーロッパ ⇒ 4路線
  • 乗客の少ないオセアニア・南アメリカ・アフリカ・中東 ⇒ 3路線

思ったよりエリア間の路線が多いと思うかもしれませんが、その理由は続きの記事で書きたいと思います。

次回以降はこのゲームについて、さらに深掘りしていきます。

ということで、今回は終わりにします。

タイトルとURLをコピーしました