【エアーマネジメント2】ゲーム内容と本社・支社の選び方について詳しく解説

玩具_タイトル

前作も面白かったですが、今作はさらにパワーアップしています。

ゲーム内容

エアーマネジメント2は、1993年4月2日に光栄から発売されました。

航空会社を経営する経営シミュレーションゲームです。

日本で言えば、JALとかANAを経営するようなイメージですね。

ゲームプロデューサーは、光栄マニアの間では有名なシブサワ・コウです。

全世界に本社・支社を作り、いくつかのエリアで乗客数No.1を達成すればゲームクリアとなります。

必要な乗客数No.1のエリアは、ゲームレベル(1~5)によって異なります。

シナリオは次の4つです。

  1. ジェット時代の幕開け
    1955年4月~1975年1月
  2. 大量輸送時代
    1970年4月~1990年1月
  3. 世界を覆う航路網
    1985年4月~2005年1月
  4. 新世代のネットワーク
    2000年4月~2020年1月

シナリオで大きく変わるのは、航空機の性能です。

年代が新しくなるほど航空機の性能が上がり、遠くまで大量の乗客が運べるようになります。

ライバルとなる航空会社は3社です。

人数が足りない時は、コンピュータが相手になってくれます。

本社の選び方

ゲームを開始して最初にやることは、シナリオとレベルを決めることです。

そしてその次に、本社都市を決めます。

エアーマネジメント2には89の都市が登場しますが、そのうち本社・支社にできるのは32都市です。

詳しくは、下記のページを見てください。

32都市のどれを選んでもいいですが、当然ながら選ぶ都市によって難易度は変わります。

おススメは東京

問題はどの都市を選ぶかですが、おススメはやはり東京ですね。

まあプレイするのはほぼ日本人でしょうから、何も言わなくても東京を選ぶ人が多いと思いますが。

東京の素晴らしいところは、何と言ってもデカいということですね。

人口は1760万人で、なんと世界No.1。(2000年のシナリオでは)

これだけの人口があれば、放っておいてもお客さんは乗ってくれます。

しかもそれだけではなく、世界の主要都市との距離がなかなかいい感じです。

2000年シナリオでは、エリア間を接続する航空機はMD12という機種が最も適しています。

その航続距離は1万2800kmと、なかなかのものです。

東京からこのMD12で路線構築すれば、世界の主要都市と接続できてしまいます。

ニューヨーク、ロンドン、シドニー、メキシコシティ、カイロ、ニューデリーなど…。

そういう都市は、西側諸国の大都市では東京くらいしかありません。

ニューヨーク、ロンドン、メキシコシティ、カイロからはシドニーが遠すぎます。

ニューデリーもメキシコシティから遠すぎます。

では東京の近くのペキンはどうなんだと思うかもしれませんが、西側諸国との友好度が低すぎます。

西側諸国との友好度が低いと、スロット(飛行場を使う権利)交渉が遅々として進みませんからね。

1番難しそうな都市は

逆に1番難しそうな都市はどこなのか考えてみます。

まず西側諸国と敵対関係にある都市は厳しそうですね。

となると、候補はペキン、ホンコン、モスクワ、ハバナ、テヘラン、バグダッドの6都市です。

この中でも1番人口の少ないハバナ(280万人)を選ぶと相当苦しそうですね。

2000年シナリオのレベル5で勝てる人は果たしているのでしょうか?

ちなみに自分はモスクワでも勝てません。

支社の選び方

ゲーム_見出し3

エアーマネジメント2には7つのエリアがあります。

なので、本社エリア以外のエリアには支社を作らなければいけません。

先ほども書いたように、支社を作れる都市は32(本社を除くと31)あります。

しかし1エリアに1支社しか作れませんので、実際には6支社しか作れません。

支社の役割

支社の役割としては、他エリアからの接続・エリア内の接続の2つがあります。

分かりやすく言うと、エアーマネジメント2では東京⇔ホノルルという路線は作れません。

その理由は、エリアが違うからです。

東京は東南アジアエリア、ホノルルは北アメリカエリアです。

ではどうするかというと、北アメリカエリアに支社を作ります。

まあニューヨーク辺りが妥当なところでしょう。

そして東京⇔ニューヨーク⇔ホノルルと路線を繋げば、めでたく完成です。

少し回りくどいですが、東京⇔ホノルルができました。

というのが支社の役割で、要は本社(支社)と都市の間に入るということです。

これはとても重要なポジションです。

いくら両端が大きくても、真ん中がショボければ流れは止まりますからね。

なので、できるだけ大きい都市を選びましょう。

おススメの都市

おススメの都市は、やはり人口の多い都市ですね。

候補地は次の都市です。

  • 東南アジア:東京
  • 北アメリカ:ニューヨーク
  • ヨーロッパ:ロンドン
  • オセアニア:シドニー
  • 南アメリカ:メキシコシティ
  • アフリカ:カイロ
  • 中東:ニューデリー

ほぼこれ以外に選択肢はありません。

ヨーロッパは、ライバル会社の本社がロンドンにあるならパリでもいいかもしれません。

南アメリカにはサンパウロもありますが、東京から遠すぎるので却下です。

中東ではテヘラン、バグダッドも人口だけは多いですが、西側諸国との友好度が低いので却下です。

ということで、今回は終わりにします。