【マリオブラザーズ 】ファミコン版のゲーム内容と攻略方法

マリオブラザーズ

このゲームは最初に買ったカセットが不良品で、おもちゃ屋に交換に行ったことをよく覚えています…。

ゲーム内容

ファミコン版は1983年9月9日に任天堂から発売。

マリオを操作して、土管から出てくるいろいろな敵をひっくり返して倒していくというゲームです。

2人用では同時プレイができ、2コンプレイヤーはルイージを操作します。

マリオとルイージは服の色が違うだけで、ジャンプ力などの性能差は特にありません。

このゲームでは、ステージのことをPHASE(フェイズ)と呼びます。

フェイズによって登場する敵の順番と数は決まっており、それらを全部蹴り落とせばクリアになります。

下一桁が3と8のフェイズはボーナスステージになっています。

ボーナスステージでは敵が出現せず、あちこちに散らばっている10枚のコインを集めます。

10枚全て集めるとパーフェクトとしてボーナス点がもらえます。

1段目中央にはパワー床があり、突き上げると全ての床が振動して敵を一気にひっくり返せます。

しかし、逆にひっくり返っている敵は復活してしまいますので使い勝手は微妙です。

パワー床は3回使うと消えてしまいますが、ボーナスステージごとに復活します。

2人同時プレイが楽しい

このゲームでは、2人同時プレイができます。

当時2人同時プレイができるというのはけっこう新鮮でした。

2人プレイでも交互にプレイするゲームばかりでしたからね。

最初は「協力型で100面まで行こう」と約束していても、最後は必ず殺し合いになっていたような記憶があります。

殺し合いになる理由は「助けなかった」「ボーナスステージでコインを6枚取った」「パワー床を勝手に使った」など、実にくだらないことばかりでした。

それでも1人用でやるよりは数倍楽しいことは間違いありません。

敵キャラの紹介

敵キャラは全部で5種類います。

シェルクリーパー

カメです。

マリオシリーズのカメと言えばスーパーマリオのノコノコが有名ですが、このゲームでは名前が違います。

1面から出てくるいわゆる雑魚キャラです。

下から1回突き上げるとひっくり返りますので、さっさと蹴り落してしまいましょう。

登場時は甲羅が緑色ですが、1回目の復活では赤っぽくなり、2回目以降の復活では全身が青くなります。

それでも歩くスピードがマリオより速くなることはありません。

ただし最後の1匹になるとマリオと同じスピードになりますので、そうなった場合はやや注意が必要です。

サイドステッパー

カニです。

4面から登場します。

最初ゆっくり移動しているのですが、1回突き上げると怒ってややスピードアップします。

怒っている時にもう1回突き上げると降参してひっくり返りますので、そこでようやく蹴り落とせます。

登場時は真っ赤ですが、1回復活すると暗い緑色になり、2回目以降の復活では全身がピンク色になります。

緑色で怒った時とピンク色の通常時でマリオと同じスピード、ピンク色で怒った時はマリオより速くなります。

一番厄介なのが最後の1匹になった時で、通常時でもマリオより速くなりますので要注意です。

ファイターフライ

ハエです。

6面からの登場です。

移動スピードは遅いのですが、床をバウンドしながら進みます。

なので、床に触れている時しかひっくり返せません。

色についてはカメやカニとは違い、復活時も変わりません。

しかし1回目の復活でスピードと歩幅がやや上がります。

2回目以降の復活ではスピードと歩幅が大幅にアップしますので、かなり厄介な敵になります。

ただ最後の1匹になっても、カメやカニのように急にスピードアップすることはありません。

ないので、コイツを最後の1匹に残しておくとクリアしやすくなるかもしれません。

フリーズ

です。

9面から登場します。

氷なのでスーッと床をスライドして動き、床の中央にたどり着くと止まって床を凍らせます。

床が凍ってしまうと、マリオとルイージはスリップして思うように動けなくなります。

突き上げると1回で砕け散るので、床が凍らされる前に破壊してしまいましょう。

ファイアボール

火の玉です。

フェイズ開始から一定時間が過ぎると現れます。

画面の端から現れてマリオと同じスピードで横に移動する緑色のファイアボールと、画面上に現れて徘徊する赤色の2種類あります。

床付近にいる時に、タイミング良く突き上げると消し去ることはできます。

しかし時間が経つとまた復活しますので、いちいち相手しない方が無難です。

特に赤色のファイアボールは2回目以降の出現時はかなりスピードアップしますので、これまた厄介な敵になります。

ゲーム攻略

ゲーム_見出し2

自分は1人用でフェイズ100まで行けますが、プレイ中に心掛けていることを書いていきます。

地上と2段目中央でしか戦わない

このゲームでは地上と2段目にいるのが圧倒的に安全で、最上段と1段目にいるのは危険です。

最上段では敵もひっくり返せませんし、赤のファイアボールも徘徊していますから危険です。

なので最上段に上るのは、ひっくり返した敵を蹴り落とす時くらいです。

1段目も敵が左右からループしてきて見にくいので、できるだけ近づかない方が無難です。

そういうわけで各フェイズの開始直後は、すぐに2段目に上がって可能な限り敵を倒します。

しばらくして状況が悪くなってきたら地上に移動し、1段目の敵を倒すことに専念します。

余裕が出てくればもう1回2段目に移動しても良いですし、最後まで地上で戦ってもどちらでもかまいません。

敵は復活させない

このゲームでは、敵をひっくり返してそのままにしておくと復活してしまいます。

復活した敵はスピードアップしますので、復活させるたびに倒しづらくなっていきます。

なので敵をひっくり返したらできるだけ早く蹴り落とす、これに尽きますね。

あとフリーズを放置しておくと、床が次々凍らされてしまいます。

床が凍ってしまうとスリップしてしまいますので、ミスする確率がグッと上がります。

なので、フリーズは最優先で砕いておいた方が無難です。

やばくなったら隠れる

このゲームは地上の土管付近(画面端)が1番の安全地帯になっています。

敵は土管に入っていきますので来ませんし、緑のファイアボールも当たることはありません。

なので、身の危険を感じたらひとまずここに避難するのが無難です。

ただ赤いファイアボールだけは画面の端まで来てしまうかもしれませんが…。

ということで、今回は終わりにします。

タイトルとURLをコピーしました