【魔界村・闘いの挽歌】ファミコン版のゲーム内容と難易度の違いを解説

自分の中では「魔界村」と「闘いの挽歌」は足して2で割るとちょうどいい難易度です…。

魔界村

主人公アーサーを操作して、さらわれたプリンセスを助けに行く横スクロールのアクションゲームです。

オープニングの、鎧を脱いでパンツ一丁のアーサーとプリンセスが墓場でくつろいでいるところにサタンがいきなり現れる演出がカッコいいですね。

アーサーは鎧を着けていますが、一度敵に攻撃を受けると鎧を剝がされます。

鎧を剥がされた状態で、再び攻撃を受けるとミスになります。

武器の初期装備は槍ですが他に短剣・たいまつ・斧・十字架があり、それぞれ特長が違います。

武器は敵が落とす壺に入っていたり特定の場所を通るなどすれば出現して、それを取れば武器が入れ替わります。

ステージは全部で7つあり、最後にボスキャラがいます。

7ステージ目には大ボスの大魔王がいて、そいつを倒せばプリンセス救出…となるはずですが、1周目をクリアしても強制的に最初のスタート地点に戻され、2周目が始まります。

2周目をクリアすれば真のエンディングとなるようですけど、自分の腕ではそこまでたどり着くのは到底不可能なので当然未確認です。

とにかく激ムズ

このゲームは面白いとかいう以前に、とにかく激ムズだったという記憶しかありません。

同じ横スクロールのアクションゲームであるスーパーマリオブラザーズが発売されたのが1985年の9月で、このゲームが発売されたのが1986年の6月です。

当時スーパーマリオブラザースは1-1からぶっ通しで8-4までクリアできたのですが、このゲームには全く歯が立ちませんでした。

1面は何とかクリアできますが、最初の難関は2面のあの大男の館です。

あそこを通過するのがもう大変で、大男が固すぎる上にカラスが邪魔過ぎます。

ボスキャラでもないのに武器を10発当てないと倒せないって「一体どういうことやねん」って感じです。

あとはもうそこら中にいる、レッドアリーマーがうんざりしますね。

あの普通の敵キャラとは思えない上空からの急降下で、あっという間に鎧を剝がされてしまいます。

そんなわけで自分はガチで行くと、最高でも4面止まりでしたね。

しかしこのゲーム、ステージセレクトがあるんですよね、タイトル画面で右を押しながらBを3回、その後「上BBB左BBB右BBB」を押してスタートすると、ステージが選べます。

それを使って5面と6面をよく遊びましたけど、やはり激ムズでした。

しかしその反面、7面の大魔王を倒すのは簡単です。

敵キャラ

このゲームはとにかく雑魚キャラも手強い敵が多いので、ゲーム中は全く安心できません。

油断しているとすぐにやられてしまいます。

ゾンビ

地中から出てきてアーサーの方へ歩いてきます。

いきなり足元から湧いて出てくることもあるので、1面の最初からよく鎧を剥がされます。

グリーンモンスター

コイツは動かずに弾を吐いてくるだけの雑魚ですが、2周目になるとアホほど弾を吐いてくるようですね。

レッドアリーマー

このゲームを激ムズにしている最大の敵です。

最初はジッとしていますが武器を当てるといきなり上空に飛び上がり、そこから弾を吐きながら急降下してきます。

裏技として武器を当てた瞬間に画面1個分くらい逃げてから戻るといなくなっているという技がありますので、使える時は全て使いましょう。

ただし、追いかけてきている時は失敗することもあります。

まともに戦う時は、少なくとも1発は攻撃を喰らうことを覚悟しなければいけません。

フライングナイト

1面で上下に波打ちながら飛んでくる敵です。

1回やり過ごすと引き返してきたりはしません。

3体セットで飛んできますが、たまに地面にめり込むほど下を飛んでくるやつもいるので油断していると当たってしまいます。

ウッディピッグ

空飛ぶ豚です。

いきなり空中に現れ水平移動しながらネギ槍を撃ってきます。

横方向だけならいいんですが、真下にも落として来るのでたくさん出てくると捌くのが大変です。

ブルーキラー

直線的な動きですが、たまに角度を変えて飛んでくるのでその時によく当たってしまいます。

プチデビル

いきなり窓からものすごいスピードで急降下してくるので、出る場所を予測しておかないと当たってしまいます。

青カラス

雑魚キャラですが上下に微妙に波打ちながら飛んでくるので、たまに武器が当たらないこともあります。

赤カラス

コイツはただ直線的に飛んでくるだけなので雑魚です。

コウモリ

しゃがんでいれば当たらないので雑魚。

タワーモンスター

普段は白くて攻撃が通用しませんが、近づくとデカい弾を吐きながら赤くなります。

その時だけこちらの攻撃が効くようになります。

足止めは食らいますが、動かないので雑魚の部類に入ります。

スケルトン

普段は地中に身を隠していますが、近づくとピョンピョン跳ねて追いかけてきます。

隠れていると言っても頭だけ出ているので、跳ねる前に倒してしまいましょう。

大男

動きは遅いですが、アーサーを見つけると上の階にいる時はデカい弾を落とし、同じ階にいる時は近づいてきます。

とにかく固く、武器を10回当てないと倒せません。

2面の青カラスとセットの時が一番苦労します。

一角獣

1、2面のボスキャラです。

2面では2体出てきて挟み撃ちに合います。

巨体に似合わずものすごい跳躍力でピョンピョン跳ねながら、いきなり突進してきたりします。

飛び道具はないので、1対1ならそんなに倒すのは難しくないかも。

十字架の攻撃は一切効きません。

ドラゴン

3、4面のボスキャラです。

なかなか格好いい姿をしています。

近づくと長い胴体で上空を舞い始め、弾を吐きながらアーサー目掛けて降下してきたりします。

たまに避けづらい時もあるため、鎧を着けた状態で戦いに臨みたい敵です。

頭を攻撃しないと倒せませんが、先に胴体を攻撃するとドンドン短くなっていくため、最後には頭だけになってしまうのが笑えます。

槍の攻撃は一切効きません。

サタン

ゲームのオープニングでプリンセスをかっさらっていくやつです。

5、6面のボスキャラとして登場します。

赤い体に白いマントを羽織っており、マントに隠れている時は攻撃が効きません。

ゆっくりと動くデカい手裏剣のような弾を吐きます。

左右に移動しながら攻撃してきますが動きはスローなので、1対1なら倒すのはそんなに難しくないかも。

槍と斧の攻撃は一切効きません。

それ以外の武器では倒せますが、7面の大魔王には十字架しか効かないので6面は十字架で倒してクリアしないといけません。

大魔王

ラスボスです。

頭と腹に顔があり火の玉を吐いてきますが、それを避けながら頭に十字架を10発ぶち込めば倒せます。

ここまでたどり着ける腕があるなら、コイツはもう楽勝でしょう。

闘いの挽歌

リュウという主人公を操作して、剣王を倒す横スクロールのアクションゲームです。

盾と剣を装備していますが、敵が投げてくる爆弾みたいなものを防ぐと丸腰になってしまいます。

魔界村のように丸腰で敵に当たってもすぐに死ぬというわけではなく、体力ゲージが空になると死ぬシステムです。

ステージは全部で6つあります。

世界観的には廃墟のような街並みから敵キャラの髪型まで何となく「北斗の拳」を彷彿とさせ、そこら中から「ヒャッハー」という声が聞こえてきそうな感じです。

ステージの中盤と最後にいわゆるボスキャラがいて、そいつを倒すと次のステージに進めます。

当時のファミコンのゲームとしては、キャラが大きく描かれていて画面が見やすいのが特徴です。

音楽もなかなか渋くて全体的にいい感じです。

エンディングではボスキャラ一人ひとりの紹介もあり、とにかくカッコいいですね。

こちらの方は簡単

闘いの挽歌が発売されたのは1986年の12月で、魔界村より半年遅いですね。

魔界村と同じカプコンの横スクロールのアクションゲームということで、どうせまた激ムズのゲームだろうと思って最初は敬遠していました。

攻略本を見ながらでしたがあれよあれよという感じでドンドン進み、結局1日でクリアしてしまいました。

魔界村との難易度の違いに唖然としましたね。

と同時に、小遣いをはたいてこのゲームを買ってきた弟が少し不憫になりました…。

ゲーム全体の攻略方法

このゲームは盾で攻撃を防げますが、実はこの盾が最強で剣以上に攻撃に役立ちます。

盾は前、斜め、上に構えられ、敵に当たれば剣と同じダメージを与えます。

なのでジャンプしている敵などは、盾を上に構えているだけであっという間に倒せます。

剣は必要ありません。

あとはマンホールの中にある、パワーアップアイテムをしっかり取っていくことですね。

特に重要なのは攻撃力が上がる「P」マークのアイテムです。

これを取るとボスキャラでも2、3回の攻撃で倒せるようになるので、後の戦いが非常に楽になります。

雑魚キャラはこん棒を持っている灰色のやつとナイフと爆弾を投げてくるオレンジ色のやつですが、無視してガンガン進めばそんなにダメージは受けません。

ボスキャラは攻撃パターンがある程度決まっているので、攻撃に注意しながら近づいていき、剣で何回か斬りつければ簡単に倒せます。

相手がトロ―ジャンでも剣王でも同じですので、ゲームクリアもそんなに難しくないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました