【ザ・タワー】ゲーム内容や各施設、移動設備の配置方法などを詳しく解説

エレベーターと階段を駆使して、いかに住人を効率的に移動させるかということが勝負になります。

ゲーム内容

ビルを経営するゲームです。

更地から始まりますが、あとは好きなようにビルを作れます。

最高で地上80階、地下6階の超高層ビルを作れます。

ビルは人口が増えると1つ星から5つ星まで成長していき、さらに条件を満たすと「Tower」の称号がもらえます。

都市の選択

プレイを始める都市は次の4つから選べます。

  • 商業都市
    オフィス、ホテル、住宅のどの需要も高い都市です。
    初級コースです。
  • ビジネス都市
    ビジネス街の真ん中にあり、オフィスの需要が高くなっています。
    中級コースです。
  • 国際空港都市
    国際空港の近くにあり、ホテル利用客が多くなっています。
    中級コースです。
  • リゾート都市
    海辺に面していて、リゾート客が多く訪れます。
    上級コースです。

施設一覧

ビルに設置できるものには、下記のようなものがあります。

設備

設備はビルを作る上でロビー、エレベーター、階段など骨格となる部分です。

ロビー

このゲームでは1階がロビー、15階、30階、45階、60階、75階はスカイロビーと決まっています。

ロビー階にはロビー以外の施設は設置できません。

  • ロビー階は1階・15階・30階・45階・60階・75階の6フロア

ルーフ

屋根です。

スタンダードエレベーター

定員21人の標準的なエレベーターです。

主にロビー階から他のフロアに接続するのに使用されます。

特大エレベーター

定員42人の大型エレベーターです。

主にロビー間の接続に使用されます。

止まれるフロアは地下とロビー階のみです。

サービスエレベーター

定員30人で、従業員専用のエレベーターです。

ホテルのルームキーパー、レストランの店員が使用します。

階段

移動設備です。

エレベーターのように待ち時間はありませんが、疲れによるストレスは発生します。

住人は2回まで連続で乗り継げます。(1階から設置した場合3階まで)

エスカレーター

階段と同じですが、疲れによるストレスは少なくなります。

ただしショップ・レストランの前にしか設置できません。

住人は5回まで連続で乗り継ぎます。(1階から設置した場合6階まで)

一般施設

一般施設はビルのメインとなる施設(部屋)です。

オフィス

オフィスのテナントです。

住人は平日の朝に出社して、夕方から夜にかけて退社します。

日中に外出したり昼食へ出かけることもあります。

  • グレード★で設置可能
  • 毎月テナント料が入る

住宅

分譲マンションです。

父親は会社へ、子供は学校へ、母親はショッピングへ出かけます。

休日はレストランへ行くこともあります。

  • グレード★で設置可能
  • 分譲なので売れた時しかお金は入らない

ツイン客室・スイート客室

ホテルルームです。

宿泊客は夕方チェックインして、翌朝チェックアウトします。

チェックインしてから夕食を取りにレストランへ行く客もいます。

スイートの客は自家用車でやってくる客が多いので、パーキングが必須になります。

  • ツインはグレード★★、スイートはグレード★★★で設置可能
  • チェックアウト時に宿泊料がもらえる

レストラン

ビルオーナー(自分)が経営する飲食店です。

寿司屋やラーメン屋、ステーキハウスなど全部で13種類あります。

ビルの住人や一般客が昼食や夕食に利用します。

地下にまとめて設置するのがおススメ。

  • グレード★で7種類、グレード★★で6種類追加
  • 閉店後にその日の売り上げがもらえる

ショップ

ショップのテナントです。

ビルの住人も利用しますが、メインの客は一般客です。

いろんなショップがありますが自分で選ぶことはできません。

レストランと一緒に地下にまとめて設置するのがおススメ。

  • グレード★★★で設置可能
  • 毎月テナント料が入る

公共施設

ビルの住人が快適に過ごせるように設置する設備です。

パーキング

オフィスの住人とスイート客の一部が使用します。

ゲートを地下1階に設置してパーキングを繋げていきます。

地下深くに設置したい場合はゲートを垂直に設置していきます。

  • グレード★★★で設置可能
  • 地下にのみ設置可能
  • 設置しないとスイート客室に客が入らない

ゴミ回収場

レストランのゴミを捨てるための施設です。

レストラン50店舗につき1つ必要です。

3日連続でゴミを捨てなかったレストランは営業停止になってしまいます。

  • グレード★★★で設置可能
  • 地下にのみ設置可能
  • レストランがある場合は必ず設置してサービスエレベーターで繋げる

セコムルーム

ビルの火災や爆弾テロなどの緊急時に出動します。

  • グレード★★で設置可能
  • オフィスの近くに配置

メンテナンスルーム

ホテルルームをメンテナンスします。

客がチェックアウトしてから次のチェックインまでに部屋を清掃します。

3日連続で清掃しなかった部屋はゴキブリの巣となり、取り壊すしかありません。

フロア間の移動にはサービスエレベーターを使用します。

  • グレード★★で設置可能
  • ツイン客室、スイート客室の近くに配置

医療室

体調を崩した住人が訪れます。

  • グレード★★★で設置可能
  • どこからでも来られる場所に設置しておく

都市機能

ビルの都市機能を充実させるための施設です。

映画館

ビルに2つまで設置できます。

映画を見た後にショッピングやレストランに行く客もいるので、ビルの集客に役立ちます。

  • グレード★★★で設置可能

イベントホール

パーティや催し物の会場に使われます。

ホテルの稼働率が良ければ休日に特別イベントが開催されます。

  • グレード★★★で設置可能

地下鉄駅

ビジネス都市と商業都市で設置できます。

ビルへの集客に大きく貢献します。

  • グレード★★★★で設置可能
  • 地下5階にのみ設置可能

モノレール駅

国際空港都市でのみ設置できます。

ビルへの集客に大きく貢献します。

  • グレード★★★で設置可能
  • 地上にのみ設置可能

船着き場

リゾート都市にのみ設置できます。

ビルへの集客に大きく貢献します。

  • グレード★★★で設置可能
  • 地下1階にのみ設置可能

大聖堂

結婚式場です。

ここで初めて結婚式が行われると、ビルに「Tower」の称号が与えられます。

  • グレード★★★★★で設置可能
  • 80階にのみ設置可能

住人の特性

ビルの評価を上げるためには、まず住人のことを理解しないといけません。

なので、住人が何にストレスを感じるのか、どういう行動をするのかということについて説明していきます。

住人のストレス

住人は次のような時にストレスを受けます。

  • 移動によるストレス
    自分のテナントからエレベーターが遠い、エレベーターの待ち時間が長い、階段の利用で疲れる、など。
  • 環境によるストレス
    医療室や駐車場がない、騒音でうるさい、テナント料が高い、など。

ただし、特大エレベーターの横移動ではストレスを受けません。

住人の行動パターン

ビルの住人には、いくつかの決まった行動パターンがあります。

  • 最寄りの移動設備を使う
    たとえ遠くにエレベーターがあったとしても、近くの階段の方を使います。
  • エレベーターの乗り継ぎは1回だけ
    ロビー階以外では乗り継ぎません。
  • エスカレーターは5回、階段は2回乗り継ぐ
    1階からはエスカレーターなら6階まで、階段なら3階まで行けます。
  • 目的の施設は最寄りのロビー付近と1階付近で探す
    他のスカイロビーには探しに行きません。

これらを考慮した上で、ビルのレイアウトを作っていく必要があります。

レイアウトの作成

どういうレイアウトにするかは個人の考え方しだいですが、ここではいくつかのレイアウト例を紹介します。

どのレイアウトにも共通する注意点としては、同じフロアにいろんな設備を混在させないということです。

住人は音に敏感なので、いろんな設備を混在させると音がうるさいとの苦情が出ます。

  • 同じフロアに異なる設備を設置するのはNG

施設集中型

ロビーとロビーの間を1つの設備で固めてしまう方法です。

例えば次のような感じです。

  • B1~B6:レストラン・ショップ・パーキング・ゴミ回収場など
  • 1~15階:オフィス
  • 16~30階:ツイン客室
  • 31~45階:スイート客室
  • 46~75階:住宅
  • 76階以上:イベントホール、大聖堂、自分の住宅(笑)

下の(と言っても45階までですが)フロアにオフィス、ホテルを置き、それ以上はセレブの方たちが住む高級マンションという感じでしょうか。

外観はキレイですが、大きな問題があります。

それはある特定の時間帯に、特定のエレベーターが大渋滞するということです。

例えばオフィスがあるロビーでは出勤時、退社時にエレベーター待ちの行列で溢れかえります。

そうなると住人のストレスが溜まりやすいので、どんなに値段を下げても空き家や空きテナントが出たりするのが痛いところですね。

施設分散型

1つのスタンダードエレベーターが担当する範囲で、いろんな施設を設置する方法です。

例えば15~22階でスタンダードエレベーターを1つ配置するとすると、次のような感じです。

  • 15階:ロビー
  • 16・17階:オフィス
  • 18・19階:ツイン客室
  • 20・21階:スイート客室
  • 22階:住宅

こちらの方は見た目は多少悪いですが、それぞれの階でエレベーターを使用する時間帯が違うので渋滞にはなりにくいですね。

これなら上階の住宅の住人も出ていったりはしません。

自分は最近こちらの方が気に入っています。

移動設備の配置

移動設備は際限なく設置できるというわけではなく、設置できる上限の数は決められています。

エレベーターの割り振り

エレベーターは全部で24基までしか設置できません。(カゴは1基につき6個まで)

割り振り例としては下記のような感じです。

  • スタンダードエレベーター:各ロビー×2基=12基
  • 特大エレベーター:1階以外のロビー×2基=10基
  • サービスエレベーター:1基

全部で23基になりますが、1基は予備で取っています。

階段・エスカレーターの割り振り

エレベーターとは別に、階段・エスカレーターは合わせて64個まで設置できます。

割り振り例としては下記のような感じです。

  • 各ロビー×10個=60個

ロビー階以外の設置例

ロビー以外の階はスタンダードエレベーターと階段で賄います。

ロビーとロビーの間のフロアは14フロアありますが、2個のエレベーターを使うなら1個で担当するのは7フロアになります。

さらに7フロアのうち階段を2フロアで使わせるなら、1個のエレベーターの担当フロアは5フロアで済みます。

例えば30階のロビーを起点として考えると、下記のようになります。

  • 23~27階:エレベーターでカバー
  • 28、29階:階段でカバー
  • 30階:ロビー
  • 31,32階:階段でカバー
  • 33~37階:エレベーターでカバー

階段でカバーする階はエレベーターが止まらないように設定しておけば、住人は階段しか使いません。(というか使えません)

23階の住人が1階に行く時は、30階に上がってから降りなければいけないのでちょっと変な感じですが、15階のエレベーターを待つよりは早いと思います。

エレベーターのはビルの端っこに住んでいる人のことを考えて、できれば中央付近に設置したいところです。

ロビー間、地下の設置例

次にロビー間と地下ですが、ここでは特大エレベーターを使用します。

特大エレベーターはロビー跨ぎもできますが、地上、地下に対して1つのロビーしか担当させません。

配置方法は次のようになります。

  • 担当するロビーと1階を直結
  • 担当するロビーとB1~6を直結

地上⇔ロビーの移動と、地下1~6階⇔ロビーの移動を完全に分けるというやり方です。

住人は特大エレベーターの移動ではストレスを感じないので、ビルの真ん中に設置する必要はありません。

サービスエレベーター

レストランとゴミ回収場、ホテルの部屋とメンテナンスルームを接続するために必要です。

しかしホテルの清掃にエレベーターを使わせると、移動に時間がかかって効率が悪くなるのでおススメしません。

ではどうするかというと、ホテルの部屋を置いた階にはメンテナンスルームも置いてしまいます。

そうすれば、フロアの移動なしで清掃できゴキブリが湧くこともなくなります。

なので、必要なのはレストランだけになります。

  • レストランのある階とゴミ回収場を直結

エレベーターの設定

エレベーターではカゴが6個まで設置できますが、その1個1個の動きについて細かく設定ができます。

どういう設定にしても一長一短という感じなので、正直好みです。

下記の項目を設定できます。

  • 曜日・時間帯ごとのカゴの動き
    平日・休日の各時間帯で各階停止・下り急行・上り急行が設定できます。
  • 標準待機階
    動いていない時にどの階でエレベーターを待機させるか。カゴごとに決められます。
  • 停止・非停止階
    エレベーターを止めたくない階がある場合に設定できます。
  • 待機機対応の条件
    住人が呼び出した時に、何フロア以上自分より近い位置にエレベーターがある場合に任せるかを設定できます。
  • ロビー階出発の間隔
    客が乗ってから出発まで何秒待つかを設定できます。

この設定を自由に作るのがこのゲームの楽しみの1つですので、いろいろなパターンを試してみるといいと思います。

タイトルとURLをコピーしました