【ダービースタリオン3】最強馬を作る配合と牧場長のコメントについて詳しく解説

ダビスタ3で最強馬を作るための配合と、牧場長のコメントについて解説します。

ゲーム内容

ダービースタリオン3は1995年1月20日にアスキーから発売。

オーナーブリーダー兼調教師になる競馬ゲームです。

繁殖牝馬を買って種付けして、産まれた馬を調教してレースに出走させていきます。

このゲームの良いところは、テンポがいいところです。

やることがない時は、1ヶ月単位でカレンダーをめくれます。

ゲームは、資金1500万円と小さな牧場と安い繁殖牝馬1頭からのスタートです。

賞金を稼いで資金が増えていくと、牧場の拡張などができるようになります。

配合について

高い繁殖牝馬に高い種牡馬を種付けすれば、それなりに強い馬は産まれます。

例えば、ノーザンテースト×パリティビットなどです。

そういう馬ばかり生産していれば、どの馬もそこそこ活躍してくれるでしょう。

しかし、それでは面白くありません。

また、そういう配合をしていては最強馬を作ることは絶対にできません。

インブリードとニックス

このゲームでは、ニックスとインブリードで仔馬の能力アップが狙えるようにしてあります。

  • ニックス
    相性の良い系統を配合すること。
    能力の全体的な底上げが期待できる。
    ノーザンダンサー系×ヘイルトゥリーズン系、ノーザンダンサー系×ゼダーン系など。
  • インブリード
    3×4、4×4などで、特定の馬の血を濃くすること。
    血を濃くした馬が持っている特性を強く引き出します。
    グレイソヴリン、プリンスリーギフト、ナスルーラなど。

ニックスが発生している時は、種付けの時に牧場長が教えてくれます。

なので、全ての組み合わせを覚えておく必要はありません。

もちろん覚えておいてもいいですが…。

インブリードでは、インブリードする馬によって強調される特性が決まっています。

特性にはスピードアップのようなメリットもありますが、気性が悪くなるようなデメリットもあります。

また、血が偏ることで脚元が弱くなるデメリットもあります。

良い面も悪い面も強調されますので、諸刃の剣と言った感じでしょうか。

代表的な馬の特性は、次のようになります。

  • グレイソヴリン:スピード◎、勝負根性〇
  • ナスルーラ:スピード◎、気性×
  • プリンスリーギフト:スピード◎、早熟
  • ボールドルーラー:スピード◎、ダート〇
  • ネイティブダンサー:スピード◎、スタミナ〇

ちなみにグレイソヴリン・プリンスリーギフト・ボールドルーラーは、ナスルーラの仔です。

なので、上手く配合すれば2代に渡ってスピード◎の血を取り入れられます。

ニックスとインブリードを上手く使えば、お手頃価格の馬でも強い馬が作れます。

最強レベルの馬を作るには

ダビスタ3で面白いのは、何と言っても最強馬作りです。

最強レベルの馬を作るには、とにかく次の配合を繰り返すしかありません。

  1. ニックスを使う
  2. スピード◎のインブリードを多用する
  3. 安定Cの種牡馬を種付けする

配合する時は、必ずニックスを使います。

もっと重要なのは、インブリードです。

スピード◎の特性を持つ馬を、これでもかというくらい血筋に入れます。

そして、1番大切なのが安定Cの種牡馬を使うことです。

安定とは、種牡馬の能力をどのくらい仔馬に引き継ぐかという意味です。

安定Cの種牡馬の方が、産まれてくる仔馬の能力にバラツキが生じます。

なので、ごく稀に相当な能力を秘めた馬が産まれるということです。

要は、突然変異のようなものですね。

安定Aの種牡馬では、それは望めません。

最強レベルの馬を作りたいのであれば、安定Cの種牡馬で突然変異を狙うしかありません。

最強レベルの馬の具体的な配合

では、実際に最強レベルの馬を作る配合を紹介します。

1番簡単なのは、ノーアテンション×スキップフロアです。

スキップフロアは、1番安いクラスの繁殖牝馬です。

運が良ければ、ゲーム開始時の繁殖牝馬になっている時もあります。

ゼダーン系で、スピード◎のグレイソヴリンが4×3、ナスルーラも4代目に入っています。

まさに最強馬を作るために存在する繁殖牝馬と言っても良いでしょう。

一方で種牡馬に選ぶノーアテンションは、種付け料270万円です。

ノーザンダンサー系で、ゼダーン系とのニックスがあります。

さらにグレイソヴリンが3代目、ナスルーラも4代目に入っています。

距離適性も2400~3200mとなっており、スタミナも十分です。

なおかつ安定Cという、スキップフロアに種付けするには最高の条件を持つ種牡馬です。

  • ノーザンダンサー系×ゼダーン系のニックス
  • グレイソヴリン:3×3×4のインブリード
  • ナスルーラ:4×4のインブリード
  • 種牡馬はスタミナ抜群で安定C

この配合だけで、先ほど書いた条件を全て満たしています。

ちなみに、最強馬として名高いサイキョウクラウドの父馬もノーアテンションです。

母馬は、リアルシャダイ×スーパーシェビニオンですが。

この配合もニックスありで、スピード◎のインブリード多数です。

牧場長のコメント

玩具_見出し3

次に、産まれた馬の能力を牧場長のコメントでチェックする方法について解説します。

当歳時のコメント

まず当歳時の牧場長のコメントは、次の3種類です。

  • ヤンチャ
  • たいへん元気
  • 大人しい

ここで「大人しい」または「たいへん元気」と言われた馬は、勝負根性が足りません。

すぐに売却しましょう。

勝負根性が足りない馬は、ダビスタ3では勝てません。

残すのは「ヤンチャ」のみです。

「ヤンチャ」と言われた馬は、当歳の段階では次の可能性があります。

  1. 勝負根性◎、気性◎
  2. 勝負根性◎
  3. 勝負根性◎、気性×
  4. 気性×

この中で4の馬は必要ありませんが、3歳になるまで分かりません。

2歳時のコメント

仔馬が2歳になると、牧場長のコメントが変わります。

普段はどうでもいいコメントばかりですが、チェックすべきコメントは2つあります。

  • 素質がある
  • ちょっとうるさい

これらのコメントはいつ言われるか分かりませんので、毎週チェックします。

まず、12月4週まで1回も「素質がある」と言われなかった馬は売りましょう。

駄馬間違いなしです。

「ちょっとうるさい」は気性×確定です。

  1. 勝負根性◎、気性◎
  2. 勝負根性◎
  3. 勝負根性◎、気性×
  4. 気性×

この時点で1、2の可能性はなくなりました。

3、4のどちらかで確定です。

しかし3でも活躍できますので、とりあえず残しておくことをおススメします。

3歳時のコメント

3歳になると、牧場長はようやくその馬の全ての情報を教えてくれます。

教えてくれるのは、スピード・スタミナ・気性・勝負根性・脚元の強さ・成長型です。

2月4週までに全て教えてくれますので、しっかりメモっておきましょう。

まず勝負根性についてです。

「抜群の勝負根性」と言われなかった馬は単に気性が悪いだけです。

すぐに引退させましょう。

「ちょっとうるさい」が出ても「抜群の勝負根性」の馬は、そこそこ活躍できます。

なので、残しておいても良いと思います。

次にスタミナです。

「スタミナがある」と言われなかった馬は、1800m以上での活躍は期待できません。

マイル以下で使いましょう。

「オクテ」または「馬体が大きく仕上がるのに時間がかかる」と言われた馬は晩成タイプです。

晩成タイプで2月4週までに「スピードがある」と言われた馬は、かなり期待できます。

大事に取っておきましょう。

ダビスタ3でレースに勝つために必要な能力の優先順位は下記です。

  • 勝負根性>スピード>スタミナ>気性

しっかり覚えておきましょう。

デビューOKの時期

デビューの準備ができた馬は、牧場長より「デビューOK」と言われます。

デビューOKのタイミングは、だいたい次のようになります。

  • 超早熟・早熟・持続型・普通早:4月1週
  • 普通遅:5月頃
  • 晩成:6月~8月
  • 超晩成:9月~12月(まれに年明け)

ここで大事なのは、同じ成長型ならデビューOKが出るのが遅ければ遅いほど強い馬だということです。

普通型で5月4週~、晩成の馬で8月4週~、超晩成で12月4週~のデビューなら相当期待できます。

もちろん1番強いのは、超晩成型の年明け(1月1週)デビューの馬ですが。

もし年明けデビューの馬が出たなら、その馬は最強馬になれるかもしれません。

ということで、今回は終わりにします。