【インデックス投資】自動積立よりノーセルリバランスの方が良いと思う

投資情報_タイトル

自分は投資する時に必ずノーセルリバランスをしています。

自動積立しない理由

投資情報_見出し1

自分は毎月30万円投資していますが、自動積立設定はしていません。

なぜなら自動積立する意味が分からないからです。

自動積立のメリットとしては、よく次のようなことが挙げられます。

  • 最初に設定するだけなので楽
  • 買い忘れがない

確かにそうですが、自分の大事なお金を投資する時に楽することを優先させる必要はありません。

買い忘れるくらいなら「別に買わなくてもいいのでは?」と思います。

自分の大事なお金を投資するわけですからね。

少しくらい手間をかけてもいいと思っています。

どこに手間をかけるかというと、リバランスです。

投資する時は値動きして多少ポートフォリオが乱れていますからね。

それをノーセルリバランスでリバランスしながら投資します。

自動積立ではリバランスできませんからね。(多少はできますが)

ノーセルリバランスとは?

投資情報_見出し2

ノーセルリバランスを簡単に説明しておくと、要は売らずにリバランスすることです。

通常リバランスをする時は、増えた資産を売って減った資産を買います。

資産A50%・資産B50%の配分で、資産A4000円・資産B6000円になった時は、次のようにします。

資産リバランス前リバランスリバランス後割合
資産A4000円+1000円5000円40%→50%
資産B6000円-1000円5000円60%→50%

増えた資産Bを売って、資産Aを買い足すことでリバランス後の金額を同じにしています。

ノーセルリバランスの場合はどうするかというと、売らずに買い足すことでリバランスします。

資産保有金額リバランスリバランス後割合
資産A4000円+2000円6000円40%→50%
資産B6000円6000円60%→50%

減った資産Aを買い足してリバランス後の金額を同じにしています。

資産Bは売りません。

このように、売らずに買うだけでリバランスすることをノーセルリバランスといいます。

ノーセルリバランスのメリット

投資情報_見出し3

自分が考えるノーセルリバランスのメリットは、次の2つです。

  1. 安い資産を多く買える
  2. 資産配分が崩れにくい

安い資産を多く買える

ノーセルリバランスでは安い資産を多く買えます。

例えば、資産A、B、C、Dを25%ずつのポートフォリオに設定したとします。

そして、1ヶ月前に2500円ずつ購入した資産が1ヶ月後に表のように価格変動したとします。

1ヶ月前増減現在
資産A2500円+1500円4000円
資産B2500円0円2500円
資産C2500円-500円2000円
資産D2500円-1000円1500円

資産Aは1500円増えましたが、資産CとDは少し減ってしまいました。

増えたということは価格が上がったということであり、減ったということは価格が下がったということです。

その状態で、1万円をノーセルリバランスしながら増資してみます。

すると、各資産の増資額は次のようになります。

増資前増資額増資後
資産A4000円+1000円5000円
資産B2500円+2500円5000円
資産C2000円+3000円5000円
資産D1500円+3500円5000円

価格が上がった資産Aは少ししか買わず、価格が下がった資産CとDを多めに買っているのが分かります。

上記から分かるように、ノーセルリバランスをすると価格が上がった資産を少なめに買います。

その逆に、価格が下がった資産を多めに買います。

自分がノーセルリバランスしている理由はそこにあります。

自動積立では価格が上がった資産Aも価格が下がった資産C、Dも2500円ずつ買うことになりますからね。

資産配分が崩れにくい

もう1つのメリットは、ノーセルリバランスすることでポートフォリオが乱れにくいということです。

ただ、100%乱れないわけではありませんけどね。

保有資産が増えてくると、ノーセルリバランスではリバランスしきれない場合があります。

3000万円の資産を保有している時に、10万円のノーセルリバランスではとても追いつきません。

1%値動きしただけでも30万円増減してしまいますからね。

それでも自動積立しているよりは乱れにくいのは間違いありませんが。

ノーセルリバランスのデメリット

投資情報_見出し4

次に、自分が考えるノーセルリバランスのデメリットは次の2つです。

  1. 計算が面倒くさい
  2. 1つの資産が上がり続けると困る

計算が面倒くさい

ノーセルリバランスのデメリットとして第1に言えることは、計算が面倒くさいことですね。

自動積立なら放っておけば良いのですが、ノーセルリバランスでは毎回計算しなくてはいけません。

その計算を毎回手動でやっていては大変です。

そこでおススメなのは、表計算ソフトで関数を入れて自動計算させてしまうことです。

自分も作りましたが、もう5年ほど前の話ですのでどんな関数を入れたのか忘れてしまいました。

とにかく1度作ってしまえばあとは楽ちんですので、関数の勉強がてら作ってしまいましょう。

表計算ソフトがなければWEB版のエクセルで十分です。

1つの資産が上がり続けると困る

もう1つデメリットを挙げるとすると、1つの資産が上がり続けるとあまり儲かりません。

これはノーセルリバランスに限らずリバランス全般に言えることですけどね。

そうは言っても、そもそもどの資産が上がり続けるか分かっているならリバランスなど必要ありません。

その資産だけ買っていれば1番儲かります。

それが分からないからこそリバランスするわけで、そういうことを言っていても仕方ないのですけどね。

何にせよ、結果的にそうなってしまった場合は愚直に自動積立している方が儲かります。

自動積立は資産の増減に関係なく、一定の金額を買い続けますからね。

まとめ

投資情報_見出し5

自分が考えるノーセルリバランスのメリットは、次の2つです。

  1. 安い資産を多く買える
  2. 資産配分が崩れにくい

自分が考えるノーセルリバランスのデメリットは、次の2つです。

  1. 計算が面倒くさい
  2. 1つの資産が上がり続けると困る

2つずつ挙げましたが、個人的にはメリット1の「安い資産を多く買える」を重視しています。

投資はできるだけ安い時に多く買うのが基本ですからね。

少しでも平均購入単価を下げるためには多少の手間を惜しんではいけません。

ということで、今回は終わりにします。